大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分たちの犯罪行為を正当化しようとしている・山城

<<   作成日時 : 2017/05/17 06:41   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 沖縄で反基地反対のリーダー山城博治が国連人権理事会で日本政府の不当弾圧を訴えるという。
 自分たちがやっている悪逆非道や犯罪行為を棚に上げてよく言うもんだと思う。
 ついこの間まで逮捕拘留されていた犯罪者がいっぱしのことを言っている(笑)
 政府は徹底して反論すべきだろう。
 いい加減にしておくと、また国連人権理事会が碌でもない決定を下すことだろう。

【産経ニュース】
反基地活動家・山城博治被告が国連人権理事会で「不当弾圧」“証言”へ 6月、ジュネーブで 世界にプロパガンダ発信?!
画像


記者会見で国連人権理事会出席への意気込みを語る山城博治被告(中央)=16日午後、沖縄県庁(高木桂一撮影)
・PC画面を撮影したもの

 沖縄県内の人権研究者でつくる沖縄国際人権法研究会(共同代表・島袋純、星野英一両琉球大教授)は16日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設の反対派リーダーで、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=傷害、威力業務妨害などで起訴、保釈=が、6月中旬にスイスのジュネーブで開かれる国連人権理事会でスピーチし、「沖縄での表現の自由をめぐる政府の不当弾圧の実態」を“証言”する方向で調整していると発表した。

 山城被告は16日、同研究会の代表者らとともに県庁で記者会見し「このままでは民主主義が政府に圧殺されてしまう。平和の流れを懸念する県民、全国の人々の思いを伝えるとともに、沖縄で基地建設に抵抗するという表現の自由が、政府の無慈悲で暴力的な行為で抑圧されている実態を訴えたい」と述べた。

 山城被告は、昨年4月に来日し、表現の自由をめぐる調査を行ったデービッド・ケイ国連特別報告者が、人権理事会に日本に関する調査報告を出すのに合わせて登壇する予定。スピーチは約2分間。

 山城被告は公判中のため、日程が固まり次第、裁判所に理事会出席の許可を申請する。山城被告に同行予定の金高望弁護士は「当然、許可されるものと考えている」と話した。
 沖縄国際人権法研究会関係者らは昨年のケイ氏の来日時に面談し、辺野古での基地建設反対運動への政府の「抑圧」について報告書を提出するとともに情報を提供した。その後も2度にわたってケイ氏に追加報告書を出した。

 ケイ氏は昨年の約1週間の日本滞在で「日本の報道の自由は政府の抑圧により脅威にさらされている」と総括した。6月の国連人権理事会での報告では、沖縄問題について辺野古移設反対派の主張のみを反映させた内容になる見通し。

 同研究会は、山城被告のスピーチと併せてジュネーブでシンポジウムも開催する計画で、「山城氏は日本政府による平和運動弾圧の象徴。沖縄で市民の表現の自由が抑圧されている現状を国際世論に訴え、辺野古基地建設反対運動に対する政府の弾圧に国際社会の目を向けさせるのが狙い」としている。

 このため国連人権理事会の舞台が政治的プロパガンダに利用され、「反米」「反基地」「反日本政府」に染まる一方的な主張が世界に発信、拡散される懸念がある。

 平成27年9月のジュネーブでの国連人権理事会では沖縄県の翁長雄志知事が登壇し、沖縄に米軍基地が集中する現状を紹介。「人々は自己決定権や人権をないがしろにされている。あらゆる手段で新基地建設を止める覚悟だ」と発言し、辺野古移設賛成派から強く反論された。


 この山城博治なる男、ついこの間まで「器物損壊」や「不法侵入」などで逮捕拘留されていた男だ。
 そんな犯罪者が自分のやったことを棚に上げて「不法弾圧」だと騒いでいるのだ。
 これが罷り通るのであれば屁理屈を捏ねて犯罪を犯しても良いということになる。
 政府は徹底して反論すべきだ!!!
反対派リーダーを逮捕 沖縄の米軍北部訓練場

 沖縄県警は17日、米軍北部訓練場(東、国頭両村)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事に対する反対運動を統率する沖縄平和運動センター議長、山城博治容疑者を器物損壊の現行犯で逮捕した。

 逮捕容疑は、米軍に提供されている北部訓練場内に侵入し、ヘリパッド移設工事の現場近くに設置された有刺鉄線を切断したとしている。

 防衛省沖縄防衛局が有刺鉄線を張る度に反対派は切断していたが、切断現場が確認できないため逮捕できない状態が続いていた。



 この山城博治なる男の実態は・・・

平和活動家に似つかわしくない、非常に過激な言動や抗議行動を行うことで有名である。

警察官に対し「ゴキブリ 恥を知れ!」「お前たちの家もわかるんだぞ!妻子だってわかるんだぞ、馬鹿者」など。防衛局職員に対し「ぐるぐる巻きにして谷底へ沈めてやるぞ!」などの発言が動画で確認できる。

また、抗議活動中に違法行為で逮捕されることもしばしば。
2015年2月22日に米軍キャンプ・シュワブの敷地に侵入し刑事特別法違反容疑で逮捕。同年12月5日に再びキャンプ・シュワブの敷地に侵入し逮捕された。

2016年10月17日には高江ヘリパッド建設現場の米軍北部訓練場内に侵入、有刺鉄線を切断して器物損壊の現行犯で逮捕。 10月20日には高江で防衛局職員に暴行したとして公務執行妨害・傷害容疑で再逮捕、起訴された。11月29日に米軍キャンプ・シュワブ入口にブロックを積み上げ、威力業務妨害容疑でも再逮捕された。
2017年3月18日に保釈された。



 日米の国家間の約束事(基地移設等)を履行しようとしている政府に対して、暴力行為や不法行為で妨害しようとしているのを認めるのであれば、それは政府は必要ないと云うことになるだろう。
 そんな国が何処にあろうか?・・・あゝ、ゴメンナサイ韓国がありました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分たちの犯罪行為を正当化しようとしている・山城 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる