大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 習近平を国賓?政府はバカではないの?

<<   作成日時 : 2017/06/11 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 政府が中国の習近平国家主席を国賓待遇で向かい入れようと検討中だという。
 バッカではないの?
 東シナ海を自分の領海(土)にすべく着々と手を打ってきている中国の主席を国賓で迎えるというのだから・・・・
 連日、中国公船が尖閣諸島周辺の領海を侵犯し、空の方では領空侵犯をこれまた繰り返している。
 政府は危機感を国民に訴え、海上保安庁の警備強化をしたり、宮古島に自衛隊を駐屯させようとしているのにだ・・・・

 それをただの訪日ではなく国賓として向か入れるよう検討中とはどういうことだ!と言いたいネェ。
 国賓で迎えるということは歓迎しているということだ。
 つまり、端的に言えば「あなたたち中国がやっている東シナ海での軍事基地化に向けた活動は認めますよ」という意味だろう?
 そうではないと抗弁しても、中国側は「中国の行動を日本は認めた」と勝手に思い、益々行動がエスカレートしてくることは間違いないし、そう断言しても良い。

 理屈では友好関係を結ばないといけないことは理解できないでもないが、習近平にゴマを摺ったとしても素直に喜ぶ相手ではないことは明らかだろうに・・・・
 中国も韓国と同様、国家間の約束事は簡単に反故にする国であることを肝に命じておいてももらいたいネェ・・・
 
 マァ、韓国を訪問する二階幹事長に、反日の権化文大統領に親書を依頼するようなバカげたことをするトップなんだから・・・・
 モウ、愛想をつかすだけだネェ(笑) 
 
習近平・中国主席の訪日調整

来年後半、国賓待遇で
2017/6/10 22:38

 政府は10日、中国の習近平国家主席の来年の訪日に向けた調整に着手した。来年後半に国賓として招待する案が軸。実現すれば、2008年の胡錦濤国家主席(当時)以来10年ぶりになる。安倍晋三首相は環境整備のため、来年前半に訪中する方向で中国側と協議を進める。複数の政府筋が明らかにした。

 東シナ海で日本は、沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国とにらみ合う。一方、北朝鮮問題では中国と連携せざるを得ない立場にある。首相は首脳交流を活発化させ、信頼関係を醸成することで事態打開を目指す考え。習氏側から協力を得られるかが焦点になる。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
習近平を国賓?政府はバカではないの? 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる