大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 当落線上議員にとって「希望の党」(笑)

<<   作成日時 : 2017/09/27 06:35   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 当初、小池百合子都知事は「国政には深く関与しない」との考えを示していたよネェ・・・
 そして、若狭勝衆院議員が新党を視野に入れ政治塾を立ち上げても「国政は若狭さんに一任している」と話していたのだが・・・
 
 それが一転、自分が前面に出てきて独断で「希望の党」なるものを立ち上げた。
 それまで、新党結成に地道に取り組んできた若狭議員や細野議員の労苦は「リセット」と言う形で完全無視してしまった。

 人気がある自分(小池)が出ることによって票を集めようとの魂胆だ(笑)
 これには、「都民ファースト」の都議会議員からも不満が出ていると言うから衝撃は大きいのだと思う。

 しかし、当落線上にある衆議院議員にとっては当に「希望の党」だヨネェ(笑)・・・・
 だって小池人気によって当選するかもしれないんだから・・・・
 だから、民進党を離脱する者が後を絶たないのがその証拠なのだが、離党して「希望の党」に流れ込んだ顔ぶれを見るとその通りだものネェ(笑)・・・

 彼ら離党議員にとっては新党「希望の党」は「救いの神」みたいなものだろうネェ・・・・

 堪らないのは民進党だろうナァ・・・
 このドミノ的離党劇を憂いて、一層の事民進党を解凍して新党と合流しようとの動きもあるというから・・・前原代表も頭が痛いよナァ(笑)

 結党届には、民進党などを離れた現職国会議員9人が名を連ねているが、小池百合子もバカではないから「この選挙さえしのげればいい」という候補者を選別して排除する必要性は語っているという・・・・・

 マァ投票するのは全国の有権者。
 俄かづくりの新党に、それも寄せ集めの議員たちに、今の難題山積みの国情を任せて良いのかどうか・・・・判断するのは有権者だ。

 ということで、そこのところは産経新聞「主張」↓ に目を通してくださいナ
http://www.sankei.com/column/news/170927/clm1709270002-n1.html

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
当落線上議員にとって「希望の党」(笑) 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる