大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 迫る北朝鮮有事・衆院選の大義はこれだ!!

<<   作成日時 : 2017/10/12 06:38   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 衆院選も佳境に入りつつあるが、未だに「大義無き選挙だ」というバカがいる。
 大体が衆院解散選挙なんて大義なんかなくても良いのだ。
 強いて言えば政権政党が都合が良くて勝てると思った時点で衆院を解散し総選挙となるわけで、これが立派な大義だ。

 共産党の志位なんか、8月頃までは「解散しろ」と大声で言っていたよナァ(笑)
 実際に解散となると屁理屈ばかり言って駄々を捏ねている。

 安倍総理ははっきりと言わないが「北朝鮮問題」が一義的にあると言っている。
 しかし、この問題を一番に持ってくると、現在の平和ボケの日本人には抵抗があるだろうからと控えめで言っているだけなのだ。
 それでも安倍総理は8日のインターネットテレビ局「AbemaTV」に出演して「今年暮れから、来年にかけて、なかなか選挙をやっているという状況ではなくなっていく…」と・・・遠回しに、衆院解散に踏み切った最大の理由が北朝鮮情勢だったことを明かしている。

 米国は12月末ごろから来年にかけて、一挙に北朝鮮を叩く準備を着々と進めていると取り沙汰されているから、衆院総選挙は今しかないと読んでいるのだ。
 だって、トランプ大統領と一番緊密な連携を取り合っているのは世界各国首脳の中で安倍晋三総理だけだろう。
 一番米国側の情報を把握しているその安倍総理が判断しているのだから、日本国民としては判断を委ねるしかないと思いますがネェ・・・皆さんはどのように思われますか?

 トランプ大統領は11月初旬に日中韓を訪問するし、国際会議も予定されているから、その間の攻撃は無い。
 その後は、いつ北朝鮮を攻撃してもおかしくない状況になると読んでいるのだ。
 だって米国は朝鮮半島に在留している米国人を帰国させているとの情報もあるのだから・・・・
 安倍総理の判断は間違っていないことになるだろうネェ・・・

 詳細は↓
産経新聞・【国難を問う(1)】
迫る北朝鮮有事 後方支援、難民、戦費…日本に課せられる重い課題とは? 
  
http://www.sankei.com/politics/news/171012/plt1710120027-n1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
迫る北朝鮮有事・衆院選の大義はこれだ!! 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる