大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 民進党から希望の党へ130人

<<   作成日時 : 2017/10/02 07:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 民進党から「希望の党」への合流組が130人だってサ(笑)
 なんのことはない。当に「駆け込み寺」のようだ。
 弱体化した民進党議員のための「救済党」だネェ(笑)・・・これでは「第二民進党」と言った方が良いですナァ(笑)
 マァ救いは、何でもかんでも反対していた連中が振るいに掛けられていることかナァ・・・
 
 擁立候補が210人ということは小池都知事が衆院選に出馬するのは微妙なところだが、ぎりぎりになって「出馬」と言うだろうナァ・・・・
 
 「希望の党」が公認しない方向となった主な民進党の候補予定者
 代表経験者(民主党時代を含む)

 菅   直人 (70)  東京18区 当選12回
 岡田  克也 (64)  三重 3区 当選 9回 🔷
 野田  佳彦 (60)  千葉 4区 当選 7回
 海江田万里 (68)  東京 1区 当選 6回

 (前衆院議員)
 赤松 広隆  (69) 愛知  5区 当選 9回
 枝野 幸男  (53) 埼玉  5区 当選 8回
 安住   淳  (55) 宮城  5区 当選 7回
 長妻   昭  (57) 東京  7区 当選 6回 🔷
 辻元 清美  (57) 大阪 10区 当選 6回
 江田 憲司  (61) 神奈川 8区 当選 5回 🔷

 ※ 🔷印は、対立候補を出さない。
  
 希望、菅・野田氏ら公認せず…合流組は130人
10月2日(月)6時5分 読売新聞

 希望の党(代表=小池東京都知事)は10日公示・22日投開票の衆院選に、小選挙区選の公認候補として220人以上を擁立する方向で最終調整に入った。

 このうち約210人については、第1次公認として2日にも発表する。1次公認の内訳は、若狭勝・前衆院議員ら希望の独自候補が約80人、民進党の大島幹事長ら同党からの合流組が約130人。一方、首相経験者の菅直人、野田佳彦両氏や、枝野幸男代表代行ら同党のリベラル系前議員の多くは公認されない方向となった。

 複数の関係者が明らかにした。民進党公認で立候補を予定していた212人(読売新聞調べ)のうち、約3分の2は希望からの立候補が認められる格好だ。小池氏と民進党の前原代表の了承を経て、1次公認を最終決定する。衆院の過半数となる233人以上の擁立に向け、希望、民進両党で調整が残っている約10選挙区に加えてさらなる上積みを目指す方針だ。


画像

           安保関連法に反対した連中ばっかりだが・・・
           考えが多少違っても良いわけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民進党から希望の党へ130人 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる