大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日馬富士引退会見の言い訳には嘘がある?

<<   作成日時 : 2017/11/30 06:57   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日横綱日馬富士が引退した。
 理由は幕内貴ノ岩に対する暴行事件の責任を取るということだ。
 そして何故暴行したのか?という問いに「先輩横綱として(貴ノ岩の)礼儀と礼節がなっていないと思い、直すのが義務だと思っていた」と言っている。

 そして、記者の質問「過去にこのようなことで殴ったり注意したことはあるのか?」と問われ、「今まではない」と答えている。
 ではなぜ鳥取城北高校・相撲部のOB会でこの度のような暴行を働いたのか?という疑問が湧いてくる。

 さらに、OB会に何故出席したかの疑問もあるのだ。
 OB会出席云々については、記者の質問はなかったが、日馬富士の幼馴染だという女性がいうには「城北高校相撲部の監督石浦氏と懇意にしている白鵬から、食事会に出席しないかと声をかけられたからだ」と答えている。

 そして、二次会で事件は起きるのだが、この事件が大騒ぎになる前に、モンゴル国内で「暴行」の事実を知った元小結の旭鷲山が白鵬と連絡を取っている。(旭鷲山の証言)
 その時、まだ大袈裟になるとは思っていない白鵬が「ちょっとかわいがっただけですよ!兄貴」と言っているのだ。
 (このことについてはhttp://68534664.at.webry.info/201711/article_32.htmlで述べている)

 ということは、この時点で白鵬は日馬富士の貴ノ岩に対する暴行は「可愛がり」とみていたことになる。

 だから、日馬富士が暴行をしているのを目の当たりらしても白鵬は止めなかったという理由もわかるのだ。

 その後の白鵬の証言は微妙に変わっている。
 「ビール瓶では殴っていないない」から「素手やカラオケのリモコンでは殴った」とかだ。

 ということは、白鵬の貴ノ岩に対する私恨(本場所で負けたことや、錦糸町の飲み屋の件等)をそれとなく日馬富士に伝えていたとみるのだ。

 推測だが、事件が大きくなってきたのでモンゴル出身力士たちは口裏を合わせていると見た。
 日馬富士は真実を話していないことは容易に推測できる。
 そんな白鵬が土俵下のインタビューで「膿をを出し切って・・・・」とはチャンチャラおかしいというものだ。
 モンゴル出身力士会の膿なら分かる(笑)・・・・
 

 白鵬の貴ノ岩に対する「ヤキを入れる」ということが日馬富士を介して実現したのだ。
画像

             日馬富士と伊勢ケ浜親方の引退会見
 
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日馬富士引退会見の言い訳には嘘がある? 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる