大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 力士の服装は自由で良い?では髷も必要ないネ

<<   作成日時 : 2017/12/05 15:42   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 フジTVのグッデイでモンゴル出身力士「白鵬」の肩を持つ意見が多かったので一言。

 出演していた北村靖男弁護士が、白鵬のジャージ姿の話題になって周りがそれぞれ喋っている時、「服装で何でそんなに騒ぐ? 浴衣でなんでも好きなものを着ればいいのではないか?」と言うのだ。

 さらに、白鵬の親方問題について「国籍は関係ないでしょう。外国人でも親方にすれば良い。古いものを守ろうとしているだけで岩盤規制だ」とも言っているのだ。

 相撲協会が何故そこまで頑なに守ろうとしているかを考えないといけないと思う。
 相撲は、古来から「神事」として祭りごとの際参列して、清めの儀式をするのが始まりで取り組まれることになった。

 その為古来から仕来たりが数多く残っているのだ。

 それ等を大事に継承しようとするから決め事を作っているのだ。

 その為には日本の決め事を理解しやすい「日本人」に親方になって継承してもらいたいという思いもあるのだ。
 日本で「相撲」に人気があるのは、古式に則った儀式も含まれているから人気があるのだ。 

 それが外国人籍のまま親方になると、それらのしきたりが失われる心配があるのだ。
 だって日本の仕来たりなんぞ理解できないし、知ろうともしないからだ。
 白鵬のようにネ(笑)・・・・
 しかし、帰化して親方になった人々はその仕来たりを守ろうとしている。
 今では「武蔵丸」「琴欧州」「旭天鵬」「時天空」「朝赤龍」等々だ・・・

 それでも新しい風を吹き込む必要があるというのが北村弁護士だ。
 彼のような割り切り方もあるだろうが、それなら「呼び出し」も「行司」もいらないわナァ・・・
 場内マイクで名前を言って土俵に上げて勝負をさせればよい。
 行司は衣装を着ることも無く、軍配は持たなくて白手袋で良い。

 アマチュア相撲を連想すれば良い・・・味気ないと思うヨ。
 それでも良いというならそうすれば良いだけの話だ。

 それなら髷を必要としないし、着衣も着物ではなくジャージだろうがスーツだろうが民族衣装だろうが好きなものを着れば良いということだ。

 そして、格闘技「相撲」というスポーツをやれば良いだけの話だ。
 単なるスポーツになれば観客の減少は間違いなく、いずれは廃れるか?細々とやっていくことになるだろうヨ。

画像

 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
力士の服装は自由で良い?では髷も必要ないネ 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる