大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 平昌五輪の見物は死ぬ覚悟で(笑)どうぞ・・・

<<   作成日時 : 2018/02/04 07:19   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国平昌冬季五輪開幕まで後4日となった。
 韓国のメディアによると、韓国人でも極寒の平昌まで足を運んで見物する者は非常に少ないと言っている。
 予想は7%位だというからネェ・・・大袈裟に言っていることを思慮しても酷いものだ。

 平昌の気温はマイナス10度位は当たり前だというから並みの装備では開会式は見られそうにないだろう。
 
 それでも日本の旅行会社はツァーを企画しているのだが売れ行き好調というから驚きだ。
 もの好きの日本人も結構いるんだネェ・・・
 韓国に詳しい人は「絶対に見に行かない方が良い」と言っている。
 
 開会式が行われる「平昌オリンピックプラザ」には、ご存知のとおり屋根がないのだ。
 計画案には、ドーム型にすることが検討されていたらしいのだが、予算の削減やオリンピック後の撤去を考えて、屋根を設置しなかったのだ。
 つまり観客の寒さよりは終わった後のことを心配しているのだ。

  観客は極寒の中、冷たい風に晒されることを覚悟しなければならない。

 実際に昨年11月4日、同会場で行われたK-POPアイドルのコンサートでは、極寒の元見ていた観客5人が低体温症になり、救急車で搬送されてしまったという。
 11月でこの状態だったのだ。
 それが、年間を通じて一番寒い2月の五輪だヨ・・・どれだけの寒さかは並みの人間には想像できないだろうネェ。

 韓国も極寒対策を打ち出しているのだが・・・写真を見てもらいたい。

 平昌冬季オリンピック組織委員会のイ・フィボム組織委員長が、1月23日の記者会見で「平昌の2月の平均気温はマイナス4度だと高く言っている。
 現在、寒冷前線が南に下がってきており、東京でもマイナス気温が何日も続いているのだから、マイナス4度どころではないだろう(笑)
 場合によっては開会式の気温はマイナス15度、20度ということは十分想定できる。
 
 韓国人の中にも「あまりに寒くて見にいけない」という人が大勢いるというからネェ・・・・
 しかし、組織委員会は強気だ。
 寒さ対策は十分しているというからネェ・・・それが写真だ。

 その防寒対策は、無料で配布される“防寒6点セット”だというが・・・
 その中身は「ポンチョ」、「ひざ掛け毛布」、「温熱座布団」、「ニット帽」、「手用カイロ」、「足もとカイロ」だけなのだ(大笑)

 あんなポンチョがなんの役に立つ?(笑)
 マァ、日本人は寒さ対策は万全にしていると思うが・・・・
 使い捨てカイロは必ず日本製を使用し、左右の足裏、腰、腹、背中には必ずつけておくことだ。

※ 小生は左右の「ふくらはぎ」も推奨する。

 そして必ず予備のカイロを準備しておくことだネ。
 それでも低体温症になる可能性はあるからネェ・・・何しろ開会式は長丁場だから・・・
 気持ちは「死ぬ」覚悟でどうぞ(笑)と云いたい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平昌五輪の見物は死ぬ覚悟で(笑)どうぞ・・・ 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる