大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自殺した近畿財務局職員の自筆メモについて

<<   作成日時 : 2018/03/14 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 森友学園の土地売買に関する「決裁文書書き換え問題」での大騒動、国会審議はストップ状態だが真偽のほどは如何?
 そんな中、近畿財務局の職員が自宅に於いて首を吊って死んでしまうという事態が生じた。
 職員は複数の自筆メモを残していたらしいのだが、そのメモには財務省の上層部からの圧力があったというのだ。
 自殺する者が嘘のメモを残すとは思いたくはないが、真偽のほどはどうだろうか?
 せめて財務省上層部の氏名でもメモっていればと思うのだがネェ・・・自殺した職員には悪いが、中途半端なメモだよネェ
 自宅の秘密の場所に詳しい遺書でもあるのでは?・・・・・と思いたくなる。

2018.3.13 21:53更新

【産経WEST・森友問題】
  自殺の近財職員、財務省上層部の指示による改竄示唆 自宅マンションに自筆メモ複数

 学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地売却取引について財務省が決裁文書を改(かい)竄(ざん)した問題をめぐり、財務省近畿財務局で学園との取引に携わっていた管財部門に所属し、自殺したとみられる50代の男性職員が、財務省上層部の指示で文書を書き換えさせられたことを示す趣旨のメモを残していたことが13日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、男性職員は7日午後、神戸市灘区内の自宅マンションで、自宅で首をつって死亡しているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から自殺とみられ、自宅からは家族に向けた遺書のほか、男性職員の自筆とみられる複数のメモ書きが見つかった。

 遺書は数行程度で国有地取引や決裁文書に関する記述はなかったが、メモ書きの中には、財務省の上層部の指示で文書の書き換えに関与したことをほのめかす記述があったという。

 男性職員は、財務局が学園側と国有地取引の交渉や売却をした平成28年、学園側と直接交渉した担当職員の部下にあたる上席国有財産管理官を務めていた。

 男性職員の親族によると、昨年8月、「毎月100時間残業が続いていて、心療内科に通っている」「常識が壊された」などと打ち明けられたという。男性職員はその頃から仕事を休むようになった。

 決裁文書は昨年2月下旬から4月にかけて改竄された。昨年の通常国会で国有地売却問題が取り上げられた直後で、当時財務省理財局長だった佐川宣(のぶ)寿(ひさ)・前国税庁長官が学園側との取引で「価格交渉はない」などと答弁していた時期だった。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自殺した近畿財務局職員の自筆メモについて 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる