大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線内で無差別殺人、国鉄時代には考えられない

<<   作成日時 : 2018/06/10 06:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

 新幹線内で鉈を持った男が乗客に切りつけ、一人が死亡し2人が怪我をするという凶悪事件が発生した。
 犯人の小島一朗(22)容疑者は、調べに対し、「殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、「むしゃくしゃしてやった。(襲う相手は)誰でもよかった」とも供述しているという。
 なんともやりきれない事件ではある。

 国鉄時代には考えられない事件だろうナァ・・・
 当時は「鉄道公安職員」が多くの新幹線に警乗したり、主要駅の構内を警戒するなど常時制服姿を見たものだ。
 これだけでも犯罪の抑止効果はあったと思う。
 しかし、現在では新幹線内どころか駅構内で「鉄道警察隊」の姿を見ることは殆んどないのが現状だ。

 世間には知らされることは殆んどないが、鉄道施設内での犯罪は相当増加しているものと思うナァ・・・
 例えば「痴漢」「スリ」「置き引き」「暴行傷害」等だ。

 特に列車内での「痴漢」は間違いなく増加していると思うし、駅員や車掌が殴られる事件も多いと聞く。

 国鉄が民間企業にされた弊害はこんなところに表れていると見るナァ・・・・

のぞみ車内で男切りつけ…「むしゃくしゃして」

6月10日(日)1時17分 読売新聞

 9日午後9時50分頃、神奈川県の新横浜駅—小田原駅間を走行していた東海道新幹線東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタを持った男が暴れ、乗り合わせた乗客の男女3人が首などを切りつけられて負傷した。

 このうち30歳代の男性が搬送先の病院で死亡、20歳代の女性2人も治療を受けているが、命に別条はないという。のぞみ265号は小田原駅で臨時停車し、駆けつけた県警捜査員が、男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 県警の発表では、男は自称愛知県岡崎市蓑川町、無職小島一朗容疑者(22)。調べに対し、「殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、「むしゃくしゃしてやった。(襲う相手は)誰でもよかった」とも供述しているという。死亡した男性は、大阪市内で働く会社員とみられ、神奈川県警が身元を確認している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
それはそうだよ。
都道府県の鉄道警察隊員は、「何処の誰か分からない人間を守る気持ちは薄い」と良く口にする。
それは何故か?
給料は都道府県から支給されているのに他の都道府県の人間を守る気持ちは薄いッてサ。
一乗客
2018/06/10 08:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
新幹線内で無差別殺人、国鉄時代には考えられない 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる