大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉進次郎は評論家ではなく国会議員なのだから・・・

<<   作成日時 : 2018/06/28 07:11   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 衆院議員の小泉進次郎が主となってなって立ち上げている若手議員の勉強会「2020年以降の経済社会構想会議」が、行政スキャンダルの質疑強化に特別調査委員会の創設などを盛り込んだ国会改革の提言をまとめたものを二階幹事長に提出した。
 つまり、学校法人「森友学園」のようなスキャンダルの質疑は特別調査委員会で行って、他の委員会では一般の法案審議を優先しろというわけだ。

 これはこれで正論だろうナァ・・・

 でもネェ、小泉進次郎は現在自民党内では筆頭副幹事長だろう、そのような役職に就いていながら盛んに安倍政権を非難している。

 加計理事長と安倍総理が「面会した、否面会していない」の件だ。
 進次郎は無かったと説明しているが『愛媛県に嘘をついたというのはどう考えてもおかしい。特別委員会を立ち上げて調査しろ』と言うのだ。

 まだある。
 公職選挙法改正案には『国民をなめるな!』といって「モリ・カケ問題が結論も出ていないのにこういう改正案を出すのはおかしい!」と難癖をつけている。
 そして青森県での講演では「一つのことを(モリ・カケのこと)おかしいと言えなくなると、だんだん口を噤むことに慣れてしまう。そうなったら終わりだ」とも言っている。

 ということで、あらゆるところで安倍政権と言うより安倍批判をしてきている。

 先述したように小泉進次郎は自民党の「筆頭副幹事長」だろう。
 となると
 自党の親分である安倍晋三を批判するのはどうかと思うナァ・・・
 将来の内閣総理大臣を約束されているんだろう?

 それが総裁に直言するのではなく、外から安倍批判を繰り返す愚行をしている。
 それを良しとするならば、国会議員を辞めて評論家になれば良いと思いますがネェ

 国会議員というものはそれなりに責任と言うものがあるはずなんですがネェ・・・
 その辺りの無責任な評論家連中とは違うのだから・・・

 将来の日本を仕切る候補者であることを自覚しておいて貰いたいネェ・・・そして、政権批判するだけの石破茂とは違うというところを見せて下さいな。



 


 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉進次郎は評論家ではなく国会議員なのだから・・・ 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる