竹島問題での町村に腹立ちさ

 韓国の首相が竹島を訪問した際、『町村官房長官が「日韓新時代を築こうという基本的な考え方があるので、こういう形で違いを煽る行動はあまり適切ではない。」と不快感を示し、同時に「冷静に対応していくことが大切だ」と韓国側の自制を求めた。』と報じられた。
 しかし、これはあくまでも綺麗ごとの発言である。昨日韓国は竹島周辺で日本を意識した軍事訓練を行った。
 参加したのは、駆逐艦等7隻、F15K戦闘機2機も参加させたのである。
 町村が当たり障りのないことを言っている間に、韓国は完全に我が領土である「竹島」を強奪したのである。
 韓国民が話の分かる国民ならいざ知らず、まったく常識のない人種であることを思えば、町村の発言はおかしいのである。言った位で聞く相手ではないのである。
 そういう人種に対しては脅しでもいいから反発するべきなのである。
 韓国は、日本が何もしないことを良いことに、戦争を意識した訓練をやったのである。
 ハッタリでもいいから「韓国が軍事訓練をやるなら日本もやる。」と言えばいいのだ。
 訳知り顔の有識人どもはブツブツ言うだろうが構わないと思う。連中は平和ポケして危機感がまったくないのだから。それが日本領土を護るという姿勢ではないのか?
 無人島の小さな島だからと思っていると、「対馬」果ては「九州」まで韓国領と言い出すであろう。そういう人種なのである。(そういう兆候は出ている。対馬の役場前で、対馬は韓国領だと言って座り込んだ韓国人の馬鹿が出た。)
 我々日本人も、NHKに踊らされた「韓流ブーム」も卒業したほうが良いのではないだろうか?
 それで韓国との国交が断絶しても一向に構わないのである。
 



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック