支那人のマナーの悪さ

 支那のテニス選手李娜選手が準決勝で敗れた後、観客席に向って「Shut up(黙れ)と言ったことに波紋が広がっているそうである。
 報道によると、観客席から「中国加油」と一斉に応援し始め、審判が再三静かにするように注意していたらしい。
 支那人にマナーの話をしても、レベルの低い民族であるが故、何を言っても無駄であるが、一言選手の援護をしたい。
 おそらくこの選手は、審判が観客席に注意したのは、度が過ぎた応援であったからであろうと感じていた筈である。
 そういう中で敗退したのは、雑念が頭にあり、試合に集中できなかったものと思われる。
 同じ支那人として、マナーの悪さに「恥ずかしさ」と、再三の注意にも係わらず治まらない観客席に「怒り」を感じ、黙れと言わせたものと思われる。
 特にテニスは紳士のスポーツと言われるように、静かに見守り、勝負がついて間が空いたときに静かに応援するのがマナーであろう。
 支那人の応援は周りのことを一切考慮せず、一途に応援する民族(共産国で応援の仕方を教えていないからやむを得ないが)である。
 110Mハードルの「劉翔」がアキレス腱の悪化で棄権したことに、インターネット等を通じて猛烈な批判と抗議があるそうであるが、怪我をしてやむをえない理由があるわけで、それに怒っても仕方がないのではなかろうか?
 (支那には通用しないか~独り言)
 (日本国内でも、マラソンの野口みづき選手に対して批判している馬鹿がいるが)
 自分が見たかった選手が棄権したから批判するというのは、人間的にも失格である。自分が競技をしているわけでもなく、損得もないのに、あまり「カリカリ」しないことである。(これも支那人には通用しないか~独り言)
 マア何度も言うが、治安状況、報道規制、人権問題(チベット・ウィグル問題)、支那人のマナーの悪さ等で、オリンピックを開催する資格がないのにやると、こういう結果になるのである。

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック