鳥肌の立つ金メダル

 日本ソフトポールチームが優勝する瞬間をテレビで見ていて、鳥肌が立つほど緊張し、興奮したのは久しぶりであった。
 何はともあれ選手全員におめでとうと言いたい。
 宿敵米国チームには勝てないだろうという思いで見ていたが、勝つということはこれだけ厳しいものであるかと、あらためて感じた試合でもあった。
 特に上野由岐子投手は、前日の2試合を含めて3連投で、27イニング、413球を投げ抜いての優勝である。
 帰国後はゆっくり休んで貰いたいものだ。 
 次回五輪から、野球共々ソフトボールは除外されることになっているが、残念で仕方がないのである。
 最近の日本女子は、精神的にも肉体的にも逞しく、強くなったと思うのである。
 反面日本男子は、ナヨナヨして悲しい限りである。
 女らしい男が増えているのが現状であるが、こういう男子は、ソフトに限らずオリンピックで活躍している女子選手を見習って貰いたいものだ。
 隣国が攻めてきたら逃げるという若者が増えている現実が重なって残念でならないのだ。 
画像

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック