国(自衛隊)は国を守れるのか?

 高知県沖を潜水艦が潜望鏡を上げ、潜水した状態で航行しているのを、海上自衛隊のイージス艦が発見した。発表によると領海外に出たため何ら対応しておらず、潜水艦所有の国から舐められる状態となった。
 イージス艦は、対潜水艦攻撃装備をもっているにも係わらず、「領海外」に去ったという弁明で攻撃していないのである。
 国際社会の中で外国領海内では、事前に連絡し、さらに浮上して国旗を掲げ国籍を明らかにした上で航行しなければならないのが、潜水状態で航行していたのだ。
 諸外国では、このような状態で航行しておれば直ちに攻撃していたであろう。
 我が日本は、国籍を確認する作業をし、さらに拒否したら攻撃?というパターンである。
 しかし、そんな悠長な考えで国が救えるのであろうか?
 潜水艦が核ミサイル搭載の艦船であり、日本を攻撃するつもりで近海を航行していたのであれば、悠長な考えでは間に合わないのではないのか。
 (こんなことをいうと、すぐ○○陽子のように「話し合いを」という馬鹿女が反論するであろうが、攻撃された後でも「話し合いを」というのであろう。)
 日本はもう少し国を守るという方針を全面に出す必要があるのでは? 世界諸国は、国益というものを最優先するという方向に行っているのに、我が日本は相手国の事情を配慮してなかなか専守防衛ということを言わない困った国になっている。
 そのうち隣国から攻められ、国民に被害が出ても全く反撃(反論)しないのであろう。
 ここは国籍不明の艦船に対しては、専守攻撃をさせるぐらいの判断しないと、「日本国」が無くなってしまうのでは?
(○○陽子のように、そんなことは無いというバカがいるが)
 それをやらないのであれば、自衛隊は必要なくなってくる。
なぜならば日本国防衛のために、憲法を捻じ曲げて創った「自衛隊」の意味がなくなるのである。そんな自衛隊は必要ないのではないのか、日本の国が亡んでもかまわないのであろうから?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック