やはり解散すべきだろう!

 10月22日のブログ「解散せず任期満了まで行け!」では、皮肉を込めて述べたがどうも周囲の情勢が変化し、また大敗するのがハッキリしているため、完全に腰が引けて本当に任期満了まで行きそうな雰囲気となってきた。
 自民党役員の中では「金融危機」に対応するため、政治空白をつくらないように解散は先送りする」ということらしいが、これは口実であろう。
 自民党の腹は、今、解散総選挙をやれば必ず大敗する。そうすると甘い汁を吸うことが出来ず、政権を手放すことになる。だから一日でも一分でも長くしがみ付いておきたいとの思惑が見え見えでなのである。
 安倍、福田、麻生と3人続けて民意を問うことも無く総理大臣となり、途中で2人は「サヨナラ」してしまった。
 この3人は民意でなく自民党の都合の良い政治を行なってきたのである。官僚の掌で踊らされて天下り先を保護し、金持ち・大企業(政治献金にメリットがあるように)優先の政策であったのである。
 政治空白と言っているが、仮に総選挙があったとしても内閣はあるわけであるから緊急の場合対応は出来る筈である。
 総選挙を行い結果として自公民が過半数を取れば民意があったとして「金融危機、景気対策等」積極的に取り組んでいくべきであろう。
 また惨敗したのであればこれまた「民意」であるわけで、粛々と受け入れるべきであろう?民意を反映していない総理大臣が何を言おうが何をしようが国民は白けるだけである。
 中にはそのような自民党でも支援する者もいるのだから……
 とは言っても、腹黒い小沢一郎の率いる民主党では、政権をとっても日本は沈没するであろうが?日本国内には本当に国を思い憂いて、命をかけるという傑物は出てこないのであろうか?明治維新の志士のように……
 自分達の利権のためにだけ本気になり、「国民の目線」というのは刺身のツマなのであろう?困ったものである。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック