テロ指定解除で米国ベッタリはやめろ!

 米国が近い内に、北朝鮮のテロ支援国家指定を解除するといっているらしい。
 これに対し我が日本の情けない政府(外務省)は容認するととの姿勢で、相も変わらず米国ベッタリである。
 あの北朝鮮は、再び核実験の準備をしている兆候があるともいわれており、これにビビッタ米国が指定解除を仄めかしたものと思われる。
 北朝鮮は、テロに対し武器の輸出や経済援助を行っているとして、米国が10年前に「テロ支援国家」として指定したものである。
 日本は「拉致問題」を抱えており、この拉致問題を解決する目途が立たない限りは絶対に妥協してはならないのである。
 米国は、現今の経済不況からイラク・アフガニスタンに手一杯で、北朝鮮に向ける力が最早無く、北朝鮮はその足元を読んで核実験をする素振りを見せ、揺さぶりを掛けているのは明らかであろう。
 これらは北朝鮮の手口で、過去に幾度も苦渋を飲まされ、分かっているのに同じ徹を踏もうとしているのである。
 日本の駄目政府(外務省)は、米国ベッタリの政策は止め、徹底してかつ強硬に指定解除中止を訴えるべきであろう。
 中止しなければ、今後米国への協力は消極的に為らざるを得ないというぐらいの強い姿勢で臨んでもらいたいものだ。
 そうしないと、高齢が進んでいる「拉致被害者家族」にとってはたまったものではないであろう!
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆきおっち
2008年10月24日 03:53
ソ連流脅しの交渉術の達人北朝鮮は手強いのだ
2ヵ月で終わる交渉を2年かける事など朝飯前
交渉がまとまる直前に白紙戻す事もしてのける
調印してから
やーめた
なんて平気でやる
さらに
このような事態になったのはアナタ方のせいです
我々には責任がない
なんて声明まで出して大サービス
一筋縄ではいかない相手だ焦りは禁物
北朝鮮は日本なんて屁とも思っていない
日本が米国と軍事同盟があり親密なのが困るのだ
北朝鮮の声が聞こえない?ほら 米国は日本の味方ではないよ
日本人よ米国に怒れ
日米安保破棄しちゃえ

この記事へのトラックバック