何が人物本位なのか?

 14日自民党神奈川県連が総務会を開いて、ペテン師小泉の引退表明で神奈川11区の後釜に、噂とおり小泉の次男で進次郎(27)を擁立する方針を固めたと報じられた。
 世襲批判を無視しての方針であるが、県連は「他に希望者がいなかった。人物本位で選んだ」と弁解しているが、その気になったら他の候補はいくらでもおり、打診するぐらいは出来るはずである。
 それをあえて次男を選んだことは、ペテン師小泉の強い支持者がいることが前提での擁立に他ならないのである。
 人物は二の次で、自民党議員の数合わせ優先が諸にでていることは否定できないであろう、
 これで四代渡っての世襲代議士が誕生する可能性が出てきたのである。
 ボンボン育ちの代議士がいくら口では良いことを言っても、決して国民の目線での政治はできるはずも無く、27歳の若さでは、所詮国会での議決の際、自民党の方針に従ってそれについていくだけの議員で当面いくのであろう。
 神奈川11区の有権者がどのような反応をするか見ものではある。(投票するだろうが?)
 そこで提案、民主党の小沢一郎代表(個人的には好きではないが)が神奈川11区から出馬すればかなり興味の湧く選挙区になると思うがいかがですか?
 この際世襲一家の小泉家を潰したらいかがでしょうか?神奈川11区の有権者の皆さん、今一度世襲議員で神奈川11区が良くなるかどうか考えて投票をするよう熟考してくださいネ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆきおっち
2008年10月23日 22:30
小泉純一郎が引退を決めたので進次郎が出馬するのではなく
進次郎がやる気と覚悟を決めたので純一郎が引退するのだろう
四世議員とはいうが純粋なものではない
祖父は小泉又次郎 親が横須賀で口入れ稼業小泉組を営む。板垣大助の演説を聞き政治家へ
妾(石川ハツ)の庶子
芳江(長女)と鮫島純也が結婚を反対され駈け落ち
代議士になれたら許すとの又次郎の言葉に地元鹿児島より立候補
32歳で初当選娘婿になる
戦後二人とも公職追放
解除後に小泉純也は横須賀から当選(日本民主党)保守合同を経て自民党職を歴任69年8月急死。つづく
ゆきおっち
2008年10月24日 01:04
69年8月父純也死去
当時慶応大学からロンドン遊学中であった小泉純一郎は急遽帰国
その年12月の衆議院選挙へ弔い合戦の立候補
見事に落選
(政治家の経験と準備不足)70年福田の書生で下積み
72年12月初当選
95年初めての総裁選に出馬橋本龍太郎に大差で敗れ
最下位も存在感を示す
98年橋本総理
消費税率上げの為景気失速参院選惨敗総裁辞任
2度目の総裁選
出馬渋るが経政会分裂で決断YKKの盟友自派の支持なく落選 本気の涙を見せる2001年総裁選3度目にして射止める2001年4月26日
内閣総理大臣就任
つづく
ゆきおっち
2008年10月24日 01:45
小泉旋風吹き荒れる
2001参院選大勝
暴論だの変人だの無理だの言われながらも
郵政民営化を成し遂げ
2006年9月任期満了を以て 小泉劇場終焉
どうですか?小泉三代記
なんと純一郎は祖父小泉又次郎の愛人の家系だったというオチ…
父はその娘婿で
それも自力で地元鹿児島から当選してきた叩き上げ
小泉純一郎も落選を経験し郵政大臣の時には総スカン厚生大臣時代は郵政民営化を議題にのせなきゃ辞任すると言う変な奴
27歳では何も出来ないでしょうが
小沢一郎が父の急死を受けて立候補初当選を果たした時の年令は27歳
おわり

この記事へのトラックバック

  • 「何が人物本位なのか?」について

    Excerpt: 「何が人物本位なのか?」について 世襲であり、世襲でなかろうが、能力のある人ならば世襲でも構わないと思う。ただ先代の地盤を引き継ぐというのは固定化して政治そのものを低下させてしまう恐れがあるので、先代.. Weblog: 小山内翔龍のつれづれ俳日記帳 racked: 2008-10-15 07:47