テレビ司会者、解説者は何とかならないか?

 司会者(キャスターというのかな)小倉智昭が、朝青龍の話題で「星が買えれば良いのにね」と口を滑らしたばかりに、日本相撲協会から不謹慎として厳重抗議を受けたことが報道された。
 これに対し小倉智昭は、過去十年もスポーツ擁護の姿勢で来たが、それが否定された。と反論し、それがいけないのであれば、いつでもこの番組を降板するとまで言い切ったのである。
 なんとこの人は「蛸の糞が頭に上がったようなことを言う人なんだろうと思うのである。
 なぜなら、公共の電波を使って「八百長」をすれば良いのにと聞こえる言い方をして、それを是としようとしているのである。
 素直に謝っておけば良いものを、自分の面子を守る為にこのような言い方をしたものと思うのである。
 近頃のキャスター、解説者は少し自分の気持ちを視聴者に押し付けるような表現をする者が多いように感じる。

 少し古いが、昨年、朝日テレビの番組(スーパーJチャンネル)で、田母神論文の話題で大谷昭宏解説者(コメンテーターというのかな)小宮悦子アナウンサーと、惚けた話をしていのもそうであろう。
 それは、大谷が「突き返されて、単位がとれないような論文なんですね」というと小宮が「稚拙ですよね」といったのである。
 さらに大谷は「まさに稚拙そのものだと思うんですね。むしろ論文が稚拙だという事よりも、こういう経緯のですね、稚拙な方が、航空自衛隊のトップにいるということですね。バカバカしいから中韓も反応しないんですね…」これに対し小宮が「文民統制という言葉を勉強していただきたいですね。ぜひ」と言ったのである。
 稚拙稚拙と言うなら、大谷も小宮もどれだけの論文が書けるのか、一度書いて公共の電波を使って発表したらどうかといいたいのである。
 特に小宮悦子は「文民統制」の勉強をしろ」とは、何という言い草なのか、自分達の方が数段下の稚拙なものの言い方をしているのではないのか?
 小宮悦子は、じゃあ、どれだけの知識を持って「文民統制」と言ったのか、ぜひ知りたいものだ。
 
 「みのもんた」「古館伊知郎」「久米宏」も同様である。
 アナウンサー、キャスターは、公共の電波を使っているとの認識を強くもって喋って貰いたいし、行き過ぎた表現は慎むべきであろう。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック