八戸市美人市議告発の後援会長

画像
 美人すぎる八戸市議として、全国区になった藤川優里(28)嬢。
 昨年11月ごろ、八戸市を観光PRするということで、DVDを発売した。
 その時問題となったのが、海水浴場の遊泳禁止場所での撮影(水着姿)で、当時マスコミがこれを盛んに取り上げて報道し、その場所で撮影したのが「許せない」論調であった。
 しかし、私は別に泳いでもいない場所で撮影したからといって、どこが悪いんだろうか?遊泳者が危険だと騒いでいるが、八戸市民はそんなに馬鹿ではないだろう。
 遊泳禁止場所と知って泳ぐのは、それこそ余程の馬鹿だ!
 と思っていたのである。
 また、胸があらわで八戸市の恥だとも言う人々のインタビューまで流したが、当の藤川議員は、八戸市をPRしたいばかりの気持ちであったことも理解できる。
 どこかの知事が、県のPRのために「広報も仕事の一つ」とばかりに、テレビに出まくっているのと何ら替わらないではないか?
 知事はお笑いタレントで名を売っているが、藤川議員は地方のお嬢さんで知名度はない、若さの特権で水着姿でのPR、結構ではないかと思っていたのである。
 それ以降、本人の考えてもいなかった程の大フィーバーで、今では全国区の顔になったきらいがある。
 (特に地元では大々人気であるらしい)

 ところが、佐々木聡後援会長(39)が何を血迷ったか、「彼女を昨年12月、八戸警察署に公職選挙違反で告発しました」と話し、藤川議員を糾弾したというのである。
 しかし、佐々木後援会長が指摘するのは、藤川議員がブログで集めた個人献金15,00円の記載洩れだというのである。
 さらに、後援会長は「彼女は、水着姿の破廉恥なDVDや写真集を平気で出版するような女ですよ。八戸市民は、藤川が全く仕事ができず、メディアにばっかり出ていることに呆れている。市議など辞めてさっさとタレントになった方がいい」とまで言ったのである。

 この告発で、市民の人気がかげったかといえば、影響はまったくないとのことである。

 そこで、ここからは単なる推測なのであしからず、ほんの一人ごとです。
 佐々木後援会長は、藤川議員が市議に立候補する以前から「恋心」を抱いていた関係で、自らすすんで後援会長になり選挙を戦かった。
 幸いにしてトップ当選(市議選過去最高得票)したが、美人市議でDVD騒動も加味して大人気となった。
 勝手な思い込みで、自分ひとりの市議と思っていたのが大フィーバーしたため、嫉妬しはじめた。 
 その後それとなく、藤川市議に胸の内を告白したが、簡単に袖にされたため、憎さ百倍で告発に至ったと思われる。
 藤川優里嬢は、インタビューでサラッと流していたが、おそらくこの推測は図星ではないだろうか?

 これ勘ぐり過ぎかな?
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック