臨場警察官良くやった「イノシシ射殺」

画像  
男性にかみつく・体当たり…大暴れイノシシを警官が射殺
読売新聞(02月09日12時57分)
 射殺されたイノシシを調べるさぬき署員(9日午前、香川県さぬき市津田町鶴羽)
 9日午前8時55分頃、香川県さぬき市津田町鶴羽の田んぼで、近くの女性から「イノシシが人を襲っている」と110番があった。
 さぬき署員2人が駆けつけたところ、田んぼ脇の側溝(深さ約1メートル)で、イノシシ(体長約1・15メートル)が、近くに住む無職阿部静士(しずお)さん(77)に体当たりしたり、かみついたりしているのを発見。署員はイノシシを警棒で殴るなどして阿部さんから引き離したが、再び襲いかかったため、巡査長(46)が約3メートルの距離から眉間(みけん)に拳銃1発を発砲、イノシシを射殺した。阿部さんは頭から大量の出血と全身打撲を負い、大けがをした。阿部さんは散歩していたという。

 同署の綾田浩三副署長は「男性に生命の危険が及んでおり、署員は適正な執行を行った」としている。


 現場臨場した警察官は、適正的確な判断だったと思う。
 拳銃使用ということになると「勇気」が必要であろう。
 側溝にいたことが良かったとは思うが、それでも77歳の男性がいるわけであるから躊躇したであろうことは予測できる。
 それでも約3m離れていたにも係わらす眉間へ打ち込むとは良い腕前をしている。
 ただ、副署長が「適正な執行」と言っているが弁解に聞こえるのは何故だろうか?
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック