橋本聖子、そんなに「メダル」が欲しいか!

 スノーボードの日本代表国母和弘が服装の乱れ、態度等でパッシングを受けた問題で、全日本スキー連盟が五輪への出場を辞退させると橋本団長に申し入れた。
 これに対して、橋本聖子団長は国母を予定通り出場させるという。

 この橋本もKYだな!
 日本国内ではどれだけ国母の服装・態度に不快感を示しているを知っている筈であるのに、団長として「メダル」が欲しいばかりに出場させるという。

 まさに相撲協会の理事と変らない処理の仕方である。

 このような男を出場させたのでは「日本」の恥さらしである。
 不出場にして「メダル」が一つ少なくなろうが、そんなことは関係ないのである。

 将来、五輪を目指すため、健全なスポーツを目指している子どもたちが、あのような不様な国母を見て、あれでも通用するのかと思う気持ちが怖いのである。

 全日本スキー連盟は、この点十分配慮し、団長の意見を無視しても国母を出場させず、即帰国させるべきである。

 将来を担う子どもたちのために英断を期待したい。

 橋本聖子は参院議員であるが、全く将来を読めず「目先のメダル」だけを追っているとしか思えないのである。
 政治もその程度なのであろうし、政治家失格でもある。

 団長として手前も責任をとって国母と一緒に帰国するべきである。

 
 スノーボード・ハーフパイプ代表の国母和宏(右)。橋本聖子団長(左)は全日本スキー連盟から出場を辞退させる申し入れがあったことを明かした上で、国母を予定通り出場させることを決めた(12日、バンクーバー)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック