いよいよ始まりました!言った言わないの鳩山兄弟

 自民党の鳩山邦夫も周りから追及されるので、ついに「金の無心については兄貴が言ったか(母親に)どうか知らない」と弁解し始めた。
 与謝野肇に「ぼやいた」のは事実らしいが、金を無心したかどうかは知らないと言うのだ。

 推測どおりというより、世間一般の流れで「言った言わない」の水掛け論になると思っていたが、まさにそのとおりになりつつある。

 第三者が金が大変かかると言うようなことを母君に喋るであろうか?
 そのような人物が母君の周りに居ることになる。

 しかし冷静に考えてみると、喋った第三者の人物がいるとすると鳩山家も危機だろうなア

 何故って、そのような金がかかるという話をすること事態、臭い話しになるのでは?

 与謝野肇に「ぼやいた」ということは、当時兄貴が無心したとのニュアンスがあったから、与謝野肇が質問したものと思う。

 でも今になれば張本人が否定し出したので、与謝野肇の追及もこれまでであろう!

 ハイ!一巻の終わりということか。
 残念でした。
 
 もう少し続けば良いのに・・・
 
首相の「カネ無心」聞かぬ、知らぬと邦夫氏
読売新聞 02月13日21時08分

 自民党の鳩山邦夫・元総務相は13日午後、都内で記者会見し、鳩山首相の偽装献金事件を巡り、与謝野馨・元財務相が邦夫氏の話に基づき首相が母親に資金提供を求めたと指摘したことについて「兄が母にカネを無心したという話は、母から聞いていないし、私も事実を全く知らない」と述べた。

 邦夫氏は、与謝野氏に話したという、母親とのやり取りについて「母から別の話で電話を受け、『お兄さんは子分がいっぱいいて、大変お金がかかるという話だが、あなたは子分がいないの?』と(言われた)」と改めて説明。そのうえで「カネの無心(を首相がした)ということは聞いていない。それが独り歩きすると困る。(カネがかかるという話を誰が母にしたのか)全然分からない。第三者かもしれない」と語った。

 自民党が母親ら関係者の証人喚問を求めていることについて、邦夫氏は、「私はコメントする立場にない」と述べるにとどめた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック