民意無視の続投、口先だけの民主党らしい

画像 情けない顔だけはしている

 参院選後のぶら下がり取材で、売国奴総理は「続投」し、衆院の「解散」もしないという。

 普段から民意を真摯に受け止めて、国民の目線で政治を、と言うわりには肝心なときは「無視」する。
 鳩山もそうだったが、民主党そのものが「口先だけ」で「思いつき」の政治をやっていることが良く分る図式である。

 彼ら民主党は、自分達の都合が悪くなれば、色々理屈を考えては言い訳をする。そのことについては「天才的」なところがある。

 このたびも、民意(選挙)は無視するが、「役員会に出席して、皆さんから色々な意見を聞いて、政権運営等について続投することにしました」と、ほざくのである。

 都合の良いところは「民意」で、悪くなれば「無視」するのである。
 つまり「口先だけ」ということなのである。

 

 【政権運営】

 記者の質問~先ほどの民主党役員会で、執行部の続投と9月まで内閣改造を行わないことを確認したというが、与党が過半数割れした中、このまま誰も責任をとらず国民の理解を得られると考えているか

 馬鹿総理の答え~「あの選挙の結果を受けて、役員会に私も出席をして、皆さんからいろいろなご意見を拝聴いたしました。そういった中で、今後の政権運営について、私が昨日申し上げたことについても、ご理解をいただきました。野党の皆さんのいろんな主張はもちろん、これから国会の内外でしっかりと受け止めて政権運営をしないといけないと、このように思っています」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック