巨人軍賭博、前監督・コーチは知っていたのでは?

 「巨人軍の選手は球界の紳士たれ!」と言った正力松太郎氏も草葉の陰で涙しているだろうナァ・・・・
 本日(14日)産経新聞が、解雇された笠原将生元投手から取材を得た内容が掲載されていた。
 すべて事実とは思わないが巨人軍のいい加減さが分かる気がする。
 ロッカールームや寮で麻雀やトランプによる賭け事は勿論、高校野球にまで賭け、莫大な金額が飛び交いしていたというのだ。
 おそらくあらゆるもので賭けていたのだと思われる。
 これだけ「賭け」が蔓延っていたチームだ。
 当時の監督やコーチの目や耳に入っていなかったとは到底思えないほどの乱れ様なのだ。
 前監督から事情聴取したのだろうか・・・ここまでくると分かって(野球賭博等)いたから早々と辞めたのでは・・・と考えたくなるナァ・・・・・
 
笠原将生元投手は産経新聞の取材に、選手寮やロッカールーム、グラウンドで、さまざまな形で現金が飛び交っていた実態を証言した。こうした金銭のやりとりが多発する環境がギャンブルへの抵抗感を弱め、野球賭博問題を引き起こした可能性がある。

 巨人は昨年11月の調査報告で、マージャンやトランプ、高校野球などで賭博が行われていたことを公表している。

 笠原元投手によると、自身が入団した平成21年、最初に覚えた賭博は選手寮のマージャンだった。数万円単位が飛び交う高レート。負け続けたが「授業料」として払ったという。

 賭けトランプはロッカールームなどでも行われており、「数百万円を負けた選手もいた」と証言した。高校野球では出場校に番号を付けた上で、くじを作成。参加者が現金を払ってくじを引き、その高校が優勝すれば、拠出金が10万円単位にふくれあがって返ってきたという。
練習中にも金銭のやりとりがあった、と明かした。ポジションごとにグループになってノックを受ける「ファンゴ」と呼ばれる練習で、エラーをすると同グループの選手に金銭を渡す習慣があったという。

 笠原元投手は「ロッカールームでギャンブルの習慣がついていたから、野球賭博もその延長でやっていた」と、感覚がまひした経緯を語った。

 読売巨人軍は産経新聞の取材に、賭けトランプの存在は認め、「数百万円負けた」という証言については「事実と著しく反する」と回答した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック