相手選手・代表選手・大学の名誉を潰した監督

 日本大学のアメリカンフットボール部の悪質タックルの事件。
 全国で大きな波紋を呼ぶ状況となった。
 被害者となった関西学院大学の選手は回復しているらしいが、それにしても大きな問題となったものだ。
 
 しかし、加害者となった日大の選手・宮川泰介(20)クンの会見は立派だと思うナァ・・・
 話を聞く限り完全な「イジメ」だよナァ・・・

 記者会見に臨むには相当な覚悟があったのであろうことが良くわかった。
 それにしても日大の対応は許せないと思うヨ。

 特に内田監督は卑怯だよネェ・・・口では偉そうに男気のある様ことをいっていたが今は逃げ回っている・・・・

 結局この監督、相手選手を自校の選手に潰させ、自校の選手をアメフトをやらないとまで言わせ(潰し)、日大の面子をも潰してしまったネェ・・・

 でも、日大がの対応も拙いよナァ・・・
 あれ(日大)、教育機関なの?
 当該選手一人を悪者にして、一生懸命内田監督を庇っている(蔑笑)
 逆だと思うがネェ…庇うのは加害選手の方ではないの?
 

 

 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック