大和男子の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国首相の徴用工判決でのバカ発言(蔑笑)

<<   作成日時 : 2018/11/08 06:19   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本政府が強い口調で抗議している徴用工賠償判決。
 これに対して超低級国韓国の首相が「日本政府の指導者らの過激な発言を深く憂慮する。妥当でなく賢明ではない」というのだ。

 1965年に日韓が話し合ったうえで請求権は消滅しているのだが、自分たちが勝手に反故にしておいてその言い分は無いだろう。
 そこまで言うなら国際司法裁判所の提訴に同意してみろ!と言いたいネ。

 先般の韓国国会での秘書室長の発言と言い、この首相も大馬鹿だ(蔑笑)

 そして我々日本国民は「こんな低級国との国交は断絶しても良い」という思いだ。
 いつでも国交断絶は大歓迎だ!

 日本政府は断固とした姿勢で臨むべし!!! 
 絶対に手を緩めてはならない!

 【産経ニュース】
韓国首相「日本政府の過激発言を深く憂慮」 徴用工訴訟判決後初めて批判

 【ソウル=名村隆寛】韓国政府は7日、元徴用工による訴訟で新日鉄住金に損害賠償を命じた韓国最高裁の判決についての「日本政府の態度」に対する李洛淵(イナギョン)首相のコメントを発表した。李首相は「日本政府の指導者らの過激な発言を深く憂慮する。妥当でなく賢明ではない」と批判した。

 李首相は「司法の判断は政府間外交の事案ではない。政府が介入しないことが民主主義の根幹だ」とした上で、「判決は1965年の韓日基本条約を否定するものではない。条約を認めた上で、条約の適用範囲がどこまでかを判断したものだ」と強調した。

 また、「私は問題への言及を最大限、自制し、対応に努力している。日本政府が問題を外交的な紛争に追い込もうとすることにより、私もそれに対し意見せざるを得ないことを、遺憾に思う」と訴えた。

 さらに李首相は「日本政府の指導者らの賢明な態度を要望する。韓国政府は徴用工被害者らの傷を癒やすのに最善を尽くす」とし、韓国政府が「未来志向的」な日韓関係を望んでいることを重ねて明言した。

 韓国の首相が最高裁判決をめぐる日本の対応を批判したのは初めて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国首相の徴用工判決でのバカ発言(蔑笑) 大和男子の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる