不合理で非常識なのは韓国だろうが!(蔑笑)

 連日、小生のブログは韓国一辺倒の感がある。

 マァ、それほど韓国に対する理不尽さに腹を立てていると思っていただきたいのだ。

 低民族国家の韓国にはホトホト呆れているのだが、そうかと言ってお座なりにしてしまえば、全て日本が悪いと評価されるだろうネ。

 何しろでっち上げの上手い低民族でロビー活動もかなわないからネェ・・・この点だけは他の国の追随の及ばない所だよネェ(笑)・・・・

 世間の有識者や常識ある人々の中にも、韓国の非常識な対応に腹を立てて正論で押しておられる方もおられるが、小生も微弱ながらも一翼を担っていきたいと思っているわけだ・・・

 小生の気持ちとしては日本政府に対して「言いたいこと、反論したいことは堂々とはっきりと言って貰いたい!」と言うことなのだがネェ・・・

 7/4、本日から、対韓国に対する輸出見直しが行われる。

 別に輸出を止めるわけではないのだが、メディアは一斉に「韓国に対する輸出規制」と大きく取り上げている。

 ただ単に、対韓国への輸出を認めるかどうかについて検討し、輸出の可否を決定するとしているだけなのに・・・

 それをさも輸出を止めるが如く騒いでいるのだ!

 もう少し冷静に物事を考えた方が良いと思いますがネェ(笑)

 だって、韓国は日本は「仮想敵国」扱いでしょう? となると友好国でも何でもないでしょうが!

 その証が「火器管制レーダー」照射問題だ。

 韓国は都合の悪い時には日本を「友好国」と呼び、都合の良い時は「敵国」だという(笑)

 米国を挟んで安保友好国の日本に対してレーダーを照射しますか?

 こんな間柄の国(日本)対して、並みの国なら絶対に照射なんぞしませんわナァ・・・しかし韓国は照射してきた。 そして謝らなかった。これがれっきとした証だよ。

 今回の「対韓国への輸出み直し」について」経済産業省HPでは「輸出規制」とは一言も書いていない!

 先述したように「輸出に関して見直す」となっているだけだ。

 日本を敵国扱している国は決して「友好国」ではありませんわナァ・・・だから友好国相手の「ホワイト国」から「普通の国」としての輸出対象国にするのを検討しますと言っているだけ!

 と言うことで、前置で分かりきったことをクドクド述べましたが、韓国の動きについての記事があったので見ていただきたい。

 韓国の康京和外相が韓国国会で、日本に対して「(いわゆる徴用工問題に対する)不合理で常識に反する報復措置だ」と主張したのだ。

 不合理で常識に反しているのは韓国だろうが!

 1965年の「日韓請求権協定」を反故にしたのは韓国自身だろうが!

 国家間の約束事を一方的に破棄しておいて、司法の判断だから韓国政府は関与しないとは・・・ネェ。

 友好国でも何でもないわナァ・・・韓国は敵対国であって、決して友好国ではないのだ!

 あそこまで反日活動をしておいて、友好国としての「ホワイト国」から外すな!とも聞こえる(笑)・・・都合が良いですナァ(蔑笑) 

 2019・7月4日・産経新聞
【ソウル=名村隆寛】日本政府が発表した、半導体などの製造過程で必要な材料の韓国への輸出規制強化が4日に発動されるのを前に、韓国の康(カン)京(ギョン)和(ファ)外相は3日の国会での説明で、日本の対応について、「(いわゆる徴用工問題に対する)不合理で常識に反する報復措置だ」と主張した。

 聯合ニュースによると、康氏は国会で、日本政府による輸出規制強化について「非常に遺憾」であるとした。また、日本側に外交ルートを通じて抗議したことを明らかにするとともに、今後、発動の撤回を求めていく考えも示した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント