韓国は「崩壊」寸前と見た! 今更「協力」だって?(蔑笑)

 韓国の文在寅が都合の良いことをホザイテいる(蔑笑)
 ツイッターで好き勝手なことを言ってるのだ(蔑笑)

 10年前に亡くなった金大中元大統領の追悼に引っ掛けて、金大中を「韓国と日本が歩む友好と協力の道にも新たな道しるべを築いた」と指摘したというのだ。
 日韓パートナーシップ宣言では、歴史問題をめぐり「日本の『痛切な反省と心からの謝罪』を明文化した」と評価。「両国国民が歴史の教訓を共有し、平和と繁栄の未来を共に開こうという約束だった」とも抜かす(蔑笑)

 それだけの評価をしているなら何故今まで日本を目の敵にして「反日」政策を取ってきたのだ(蔑笑)

 何を今さら云っている!このバカは・・・
 と言うことは、「日本製品不買運動」という反日と「経済界からの文在寅非協力の圧力」の板挟みにあって困った挙句の渋々の妥協点と見た(笑)
 経済界の意見を聞いたと言うことは、如何に韓国経済が疲弊しつつあるかの証でもあるのだろうネェ(笑)・・・

 韓国内の「反日」が酷くなって、ニッチもサッチも行かなくなって「鉾」を収めざるを得なくなったのだろうナァ(笑)・・・

 しかし、日本は徴用工訴訟、日本大使館前慰安婦像、癒し財団解散、火器管制レーダー照射、国会議長の上皇(当時天皇)への不遜発言等々の問題にについて全て謝罪をしてこない限り妥協してはいけない!と思う。

 変に譲歩して、話をまとめると後に禍根を残すことだろうネェ(笑)

 もう少しで韓国は崩壊する! それまで手を緩めてはならない!
 少しでも手を緩めると、「日本は最後に、我々の主張が正義だと言うことを認めた」とでも言い出すに決まっている(蔑笑)

日韓「協力の道進める」=金大中氏死去10年-文大統領

8/18(日) 11:14配信
時事通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は18日、金大中元大統領の死去から10年を迎えたことを受け、追悼する談話をツイッターなどで発表した。

正念場迎える文外交=日韓悪化、孤立深まる-批判抑制で打開模索

 談話では、1998年に小渕恵三首相(当時)と金大中氏が合意した「日韓パートナーシップ宣言」に触れ、「韓日間の協力の道を進めなければならない」と強調した。

 文氏は、金大中氏の功績について「韓国と日本が歩む友好と協力の道にも新たな道しるべを築いた」と指摘した。日韓パートナーシップ宣言では、歴史問題をめぐり「日本の『痛切な反省と心からの謝罪』を明文化した」と評価。「両国国民が歴史の教訓を共有し、平和と繁栄の未来を共に開こうという約束だった」と振り返った。 

この記事へのコメント