SUMOchampion「白鵬」優勝50回宣言 エルボーと張り手で可能(大笑)

 昨日、白鵬の汚い相撲のことを記した。

 そして昨日、横綱審議委員会が開催され、横綱審議委員会の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は、委員からの意見として「ちょっと(肘打ちや張り手)やり過ぎではないか。横綱の振る舞いとして見苦しいのではないかというのが、ほとんど全員からあった」と説明したている。
 その上で「協会としても指導してほしいと要望した」と話した。

 そんな中、白鵬が記者会見で優勝50回を目標にすると云う。
 そりゃーできるでしょうネェ・・・
 相手が強敵だと顔面に向けてエルボー(肘打ち)や張り手を駆使して戦うのだから・・・

 相撲協会は、肘打ちも張り手も相撲の決まり手にあるのだから構わないという立場のようだし、今回の横審からの助言も無視する方向らしい。
 とするとお互い肘打ちで応戦し合っても良いと言うことだ。

 でもネェ、下位力士は絶対に横綱に対して立ち合いでの顔面に肘打ちをしたり張り手はしない!(対戦中の喉輪、ツッパリは別にして)
 それは上位横綱に対する礼儀だと心得ているからだ。

 だから白鵬を横綱とは言いたくないのだが、一応横綱だ。
 白鵬は、自分に対して絶対にエルボーや張り手は無いのを承知で自分だけが駆使するわけだ(笑)
 だから50回優勝も可能だと言うことだ。

 下位力士に云いたいネ、貴方達も白鵬に遠慮することなくエルボー(肘打ち)や張り手で応戦しなさいよ!
 土俵上で白鵬がやるように、顔面に肘を打ち付け上方に跳ね上げねる技? を出しなさいナ・・・

 土俵上で肘打ち合戦をやれば良い!
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント