12/16の日韓局長対話では結論は出ない

 隣国のメデイァでは、16日の「日韓局長対話」で結論が出る如く報じられているという(笑)
 それも日本が譲歩しての「輸出規制」緩和と「ホワイト国」復帰だというからお笑いだ。
 日本側は日本からの3条件が満たされない限り「無い」と言っているのにネェ・・・まさに希望的観測と言うことだろう(笑)
 いつものことで独りよがり・・・ということ(笑)

 
局長級対話で結論出さず=日韓の輸出管理めぐり―梶山経産相

2019/12/06 11:18時事通信

 梶山弘志経済産業相は6日、閣議後の記者会見で、日韓が16日に開く輸出管理制度に関する局長級の政策対話について、韓国の管理体制を確認するため「その場で結論が出ることはない」と語った。政策対話は3年半ぶりの開催となる。

 韓国は16日の対話で管理担当機関の陣容を拡充する方針を説明し、日本の対韓輸出管理の厳格化措置を撤回するよう求めるとみられる。梶山氏は「韓国からの要望はあると思うが、日本が決めることだ」と強調。一定の時間をかけて韓国の体制を検証するため、1回の対話で結論は出ないとの見方を示した。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント