3条件を是正しないで規制撤回を求めるバカな国・韓国(蔑笑)

 昨日もUPしたのだが、16日の日韓局長級対話の件だ。
 韓国は「協議」だと言っているらしいが、日本側はあくまでも「対話」で押し通す構えのようだ(笑)

 この度の話し合いは、日本側の軍事兵器に転用される虞のある半導体三品目の輸出について「輸出見直し」を図ったのだが、実施する前3年半に渡って韓国側の三品目の末端経路が不明だった。だから、それを明らかにしてほしいと再三再四要望してきた・・・なのに、韓国が応じなかったのが因で、今回の話し合いは、その説明を求めるための局長級対話なのだ。

 だから日本側はその末端経路についての説明を求めることが主で、対話の目的なのだ(笑)

 しかし、キチガイ国家・韓国は、16日の日韓対話は日本側が譲歩して輸出見直しもホワイト国復帰もしてくれるものと勝手に希望的観測バルーンを打ち上げて喜んでいるのだからおめでたいものだ(笑)

 韓国側が日本側の「三条件」を呑めば事は済んでしまうのだが、低級な自尊心がそれを妨げている(笑)・・・マァそれが理解できないのがキチガイ国家の真骨頂なのだろう(蔑笑)
 別に難しい3条件とは思わないがネェ(笑)・・・バカな自尊心だけはどうしようもない!

「3条件」とは、
(1)日韓の2国間での「政策対話」で信頼関係を築く
(2)通常兵器に関する輸出管理態勢を整える
(3)輸出検査にあたる人員拡充などの態勢強化


輸出規制見直し議題にせず 経産相、日韓局長級会合で

2019.12.7・産経新聞

 梶山弘志経済産業相は6日、16日に開く貿易管理を巡る日韓の局長級会合で、韓国向け輸出規制強化の見直しは議題にならないとの認識を示した。閣議後の記者会見で「(議題として)考えていない」と述べた。今回の会合で規制の問題の結論が出る可能性も「ない」と否定した。

 梶山氏は「日韓両国の輸出管理制度、運用についての意見交換を予定している」と説明。韓国側が輸出規制の早期撤回を求めていることには「韓国からの主張や要望はあると思うが、(輸出管理は)わが国が決めることだ」と従来の立場を強調した。

 日韓の貿易管理当局による局長級会合は3年半開かれていないとして「(今ある)懸案をどうするかではない」との見方も示した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント