朝鮮学校の児童・生徒が減少 良いことですナァ

朝鮮学校の児童・生徒が10年前から3千人以上減少しているという。背景には在日韓国・朝鮮人も少子化が進んでいるからだと言われているらしい。 理由としては帰化や国際結婚に伴う日本国籍取得があげられると言われているというのだ。 日本人と結婚すれば日本国籍を取得するのが容易だからだという……  
マァ、良いことですナァ……韓国籍や朝鮮籍で騒がれるよりましかもネ。

秋元司議員秘書給与に流用 悪いやっちゃ

秋元司議員が収賄容疑で逮捕されたのだが完全黙秘しているという。検察の捜査で、秋元の事務所が東京のコンサルタント会社の資金を私設秘書の給与に流用していたことが分かったという。 
この秋元司、これも否定するんだろうナァ 悪いヤッチャ……    

沖縄の海保は玉城知事に洗脳されたのか? 国連制裁企業船に目こぼし

 沖縄の海上保安庁が、2017年8月の国連安保理決議で全面的に禁じた北朝鮮産石炭の取引に関わった企業としてとして昨年制裁を受けた中国企業船に目こぼしをした?・・・
 この船が、沖縄県那覇港に寄港したにも関わらず、拘留などの必要な措置をし、取り調べも碌にせずにそのまま出港させていたことがバレた!

 沖縄・玉城知事は親中だから洗脳されたのではないの・・・中国には甘くとネ(笑)
 海保もやることをしっかりやれヨ! 国民の税金から給与を貰ってんだろうが!
 それとも沖縄海保は中国から給与を貰ってんのかネ・・・ 

海保、国連制裁企業船を拘留せず

北朝鮮決議に「明確な違反」

2019/12/28 21:25 (JST)
©一般社団法人共同通信社

沖縄・那覇港

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議により、各国が資産凍結しなければならない中国企業の運航する貨物船が今年1月に那覇港(沖縄県)に寄港、海上保安庁が検査し運航企業を確認しておきながら、調査のための拘留など必要な措置を取らずそのまま出港させていたことが28日分かった。専門家は日本の対応は「明らかな決議違反」としている。

 この中国企業は2017年8月の国連安保理決議で全面的に禁じた北朝鮮産石炭の取引に関わったとして昨年制裁を受けた。

国と国との約束を守らない韓国と話し合ってもムダ! 

 韓国という無法国家とはいくら話し合っても無駄というものだ。
 国際法すら守れない国のどこを信頼しろと言うのだろうかネェ(蔑笑)
 「ホワイト国」外しも当然だよナァ・・・
 韓国は「ホワイト国」に戻せと云うなら国際法をチャンと守れば良いだけの話だ。
 それすら守らない国が「信頼しろ」とだけは一人前以上に大口叩いている。

 こんな国と話し合って「合意」したとしても又反故にされるだけだ。
 こんな態度改めない限り、対話そのものが時間のムダというもの・・・

 
【主張】韓国憲法裁「却下」 文政権は国の約束を守れ

2019.12.29 ・産経新聞

 慰安婦問題の日韓合意を「違憲」だとする元慰安婦らの訴えを韓国の憲法裁判所が却下した。

 だが、その理由を聞くと呆(あき)れるばかりだ。憲法裁は日韓合意が法的な履行義務のない「政治的合意」にすぎず、効力も不明だとしたからだ。

 国際法を守るべき韓国政府をたしなめてしかるべき憲法裁が、正当な国家間の合意を否定するのは間違っている。国同士の約束を守るという信義など、どうでもいいのか。これでは諸外国も韓国政府と約束ごとは結べまい。

 文在寅政権は合意を完全に履行しなければならない。

 韓国では最高裁とは別に、憲法裁判所が置かれ、憲法に関わる案件を審理している。今回の訴訟は慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった平成27年の日韓合意に対し、元慰安婦らが起こした。合意により日本側に賠償を求める道が閉ざされ財産権などが侵害されたほか、合意内容が十分に説明されず、知る権利が侵害されたなどと主張していた。

 もともと、昭和40年の日韓国交正常化に伴う請求権協定で、日本は韓国に無償3億ドル、有償2億ドルを支払った。韓国側は個人補償は韓国政府の責任で行うと明言している。すべて解決済みで、いわれのない要求である。

 憲法裁が日韓合意は「政治的合意」にすぎないとしたことを盾に、請求権が残るかのように主張するのも誤りである。合意内容などが十分説明されたか、されないかにかかわらず、すべては韓国政府に責任がある。

 慰安婦問題で日本政府はできる限りのことをしてきた。

 日韓合意に基づき、日本政府が拠出した10億円を元に、元慰安婦のための「和解・癒やし財団」が韓国で設立された。元慰安婦の7割以上が財団による現金支給事業を受け入れた。その財団を一方的に解散したのは文政権だ。

 いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁は日本企業に賠償を命じた。憲法裁の判断はこれと同根だ。人事への介入など法を恣意(しい)的に運用してきた文政権の意向に沿い、韓国側の合意不履行や白紙化まで正当化するのは理不尽この上ない。

 日韓合意は東アジアの安全保障上の懸念が強まる中で関係改善を目指してかわされた。日韓関係の悪化で喜ぶのは誰か。合意を守らず国益を害すのは韓国なのだ。

石破茂、昔は右翼 今は左翼?  完全にサヨクじゃん(大笑)

 石破茂がサヨク新聞朝日の足立政治部長からベタ褒めされている。

 彼、足立曰く「正論で理想が大きく、時に自民党の政策からも外れるようなことをおっしゃることがある。それがまさに石破さんらしさで、党の議員や支持者がついていけないという時すらある。しかしANNの調査で25%という結果を占めていたように、ポスト安倍と言われている人たちの中で見ると“やはり石破さん、いいんじゃないということだろう」というのだ(笑)
 
 自民党の方針に背くことぱかりを言って、現職の総理の足を引っ張っている石破茂を、「いいじゃない」と批評する(笑)
 それはそうだよナァ(笑) ・・・自社朝日新聞の方針そのものをいってくれるんだもの(笑)

 だから常識ある人間はこれを「サヨク」という。
 そうだよネェ・・・石破茂も自分をサヨクだと認めていると言うことだよナァ(笑)
 立憲民主党に鞍替えした方が良いと思うがネェ

「“極右”と言われたのが、今は“左翼”と言われる」「支持層のフォロワーになるなら政治家をやる必要はない」“ポスト安倍”を見据える石破茂氏に聞く

2019年12月27日 17時0分
AbemaTIMES

 “安倍4選”も囁かれる中、ANNなどの世論調査で安倍総理や小泉進次郎氏を押しのけ、“ポスト安倍レース”のトップに躍り出たのは、石破茂元幹事長だった。石破氏に批判的な論調の産経新聞の調査でも、僅差ながらトップに立っており、AbemaTV『AbemaPrime』が街で聞いたところ、「悪いイメージはあまりない。考えはしっかりしているのかなというイメージがある」(20代男性)、「やはりベテランだ。なんとなく信念がありそうな感じ」(80代女性)と、やはり名前が上がったのが石破氏だった。

 テレビ朝日政治部長の足立直紀氏は「正論で理想が大きく、時に自民党の政策からも外れるようなことをおっしゃることがある。それがまさに石破さんらしさで、党の議員や支持者がついていけないという時すらある。しかしANNの調査で25%という結果を占めていたように、ポスト安倍と言われている人たちの中で見ると“やはり石破さん、いいんじゃない”ということだろう」と話す。

 番組では石破氏に生出演してもらい、視聴者から寄せられた質問も交え話を聞いた。
 
■「“左翼”と呼ばれる。世の中の座標軸がすごく動いている」

ーー閣僚や党役員ではない今、どのような時間の使い方をしているのか。

石破:今年の後半は、韓国の歴史や文化などを一生懸命勉強している。その国との外交をきちんとやろうと思えば、相手のことをちゃんと知らなければいけない。いかにして韓国と適切な関係を保っていくかというのは日本の外交にとって死活的に重要な問題だ。それは今までもそうだったし、これからもそうだ。それは好き嫌いの問題ではない。朝鮮半島外交を間違うときに、日本は必ず国家を誤る。シンガポールもインドネシアもフィリピンについてもそうだ。こんなことも知らなかった、あんなことも知らなかったということがたくさんある。あるいは、なぜ日本が戦争になったか、なぜやめられなかったか。一通りは知っていたつもりだったが、それも知らないことがいっぱいある。やはり閣僚や党の役員であったりすると24時間365日、そのことに全エネルギーを費やしてしまう。今は、こんなに自分はものを知らなかったんだということに気付かされる、本当にありがたい機会だ。

ーーそんな中、まさに追い風が吹いているのではないだろうか。

石破:期待は低いよりも高い方がいい。ただ、自民党総裁選の投票権があるのは自民党員と自民党の国会議員だけだ。だから国民の支持が厚くても、それは自民党内の支持とは違う。そこは勘違いしないようにしないといけないし、1年のうちでも追い風の時もあれば、向かい風の時もある。

しかし、その追い風が100mだろうが、逆風が100mだろうが、私は言うことを変えてこなかった。特にここ10年くらい、周りはすごく変わっているが、私はほとんど変わっていないと思う。私が防衛庁長官になったのは今から17年前だが、当時は“極右の防衛庁長官”と言われた。それが今は“左翼”だから(笑)。世の中の座標軸がすごく動いているということだと思う。

ーー親しみやすいというイメージについては。

石破:政治家が偉いと思ったことはないからかもしれない。あとは、学校を出てから、たった4年間だけだが、民間の経験をしたのはありがたかった。窓口に出た日に、お釣りを余計に渡して担当をクビになって、あと外回りなどをずっとやっていたが(笑)。

ーー支持している人々は、具体的に何を期待していると思うか。

石破:安倍総理は本当に全身全霊でやっていらっしゃるとは思うが、国民に正面から向き合ってくれよ、というところがあるのではないか。

確かに正面から向き合えばハレーションも起きるし、批判を真正面に受けることもある。だから安倍総理みたいに上手くかわすというのも、ある意味では政治家としての資質かもしれないし、あのスタイルで7年間、最長の政権を維持している。それはすごいことだ。しかし、私はそういうことができない。なりもしないでそんなことを言うのは僭越かもしれないが、私は総理になっても短いかもしれない。だが正面から国民に向き合わないことには、この国は変わらないと思っている。

ーー党内での支持については、

石破:私は選挙応援には、それこそ不眠不休で誰よりも行っていると思う。しかし今の議員さんたちは、選挙応援にはあまり価値を感じないらしく、自分が望む職につけてくれるということの方が大事らしい。その点では、私は内閣や党で権力を持っているわけではないし、“あなたを大臣にしてあげるよ”と言ったって何の説得力もない。そこは難しいのかもしれない。だが、“共に日本を語ろうよ。共に自民党を語ろうよ。共に次の時代を語ろうよ”という人はきっといるはずだ。そういう人たちを一生懸命見つけていかなければいけない。同志たちに言わせると、“もうあの人と話してもしょうがないよね、と言うのが石破さんの一番いけないところだ”とよく批判される。それはその通りだ。

■「安倍政権の”緩み”は我々の責任でもある

ーーそんな石破さんについて、安倍総理は決して嫌いではないが、言うことを聞かない存在のように感じているのではないか。

石破氏:政治家だから、それは譲れないものがある。何でも譲っていたら、もう政治家ではない。安倍さんも譲れないものを持っているし、私も譲れないものを持っている。そういうことではないか。政治家同士というのは、一生の大親友である必要はない。価値観が違ったならば、やはりそれは立場を異にしないとおかしい。そうでなければ自分を偽ることになる。安倍さんという人はすごく魅力的な人だと思うし、本自分のためにやってくれる人を、あれほど大事にする人はいない。だが、考え方が違うのであれば、別に大事にしてもらわなくても、政治家の生き方としていいのではないか。

憲法観、日本国憲法第9条についての考え方もかなり違う。安部総理がおっしゃるのは、“自衛隊は憲法違反だといっている学者がいますよ”ということ。学問の自由だから色んな意見があるだろう。でも、“それを紹介している教科書があるのは許せない。自衛官たちあんなに一生懸命にやっているのに、憲法違反と言っている学者がいたり、それを紹介する教科書があったりするのも許せない。だから憲法改正だ”という考え方だ。もちろん自衛官たちは一生懸命やっている。ただ、防衛庁長官や防衛大臣をやった私としては、自衛隊を単に憲法に書き込むだけではなく、最強の実力集団である以上、司法・立法・行政によるきちんとしたコントロールがないとおかしいよね、外の勢力に対して対抗する組織だから、国際法に従ってやらないとおかしいよねと、という立場だ。

ーー長期政権による副作用のようなものが出ているのではないか。

石破:小泉さんの政権も長かった。あるいは先日お亡くなりになった中曽根さんの政権も長かった。私は中曽根さんが総理だった昭和61年に初当選したが、あの政権は最後までピリピリしていた。小泉政権も最後までピリピリしていた。緊張感があった。少なくとも私が知っている中曽根政権や小泉政権では、“緩み”や“驕り”などと言われることはなかった。ただ、それは安倍政権を作った我々の責任でもある。だから“私は関係ないですよ”みたいなことを言うつもりはない。

ーーでは、自分が総理になったら、「桜を見る会」はやめるのか。

石破:やめない。「桜を見る会」の本来の目的は、勲章をもらって皇居に呼ばれることはないが、保護司さんや人権擁護委員さんや農業委員さんなど、本当に地域で一隅を照らしている人、一生懸命頑張っている人たちに、内閣総理大臣として“皆さん本当にありがとう”という機会だ。それをなぜやめなければいけないのか。

ーー情報公開や公文書の管理の問題については。

石破氏:私は福田康夫総理に防衛大臣としてお仕えしたが、福田総理の公文書に対する姿勢は徹底していて、公文書管理担当の大臣を置き、公文書管理の法律もお作りになった。国民の税金を使って行政がやることについては、可能な限り納税者に情報が公開されなければいけないのだという、福田総理の使命感や責任感があったと思う。私はそれを間近で見ていて、そういうものなのだ、と思った。「桜を見る会」も、安倍さんが個人的にやっているわけでも、自民党総裁としてやっているわけでもなく、内閣総理大臣として、国民の税金でやっている。だからそのことに対する情報は可能な限り納税者に公開されなければいけない。それは当たり前のことだ。

ーーしかし、そうした声が党内からは聞こえてこないように感じる。

石破:それは我々自民党員の責任だ。期数が上だろうが下だろうが、役職についていようがいまいが、徹底的に議論する。そして決まったらば従うという、それが自民党だ。だから私たちが若い頃は侃々諤々、みんな言いたいことを言っていた。それが言うことを言わせない、あるいは言ったことを完全に無視するようになった時に、自民党はおかしくなる。国会議員を34年やってきて、そうだと思う。政治改革の時もそうだった。小選挙区制には色々な評価があるが、若い議員たちは小選挙区制にすべきだと懸命に主張し、結果として握り潰した。そして宮澤内閣は選挙で負けてしまった。自民党の良さが失われた時、自民党そのものが危機に瀕すると思う。

ーー一方で、野党も支持を集められていない。

石破:小泉内閣や福田内閣、麻生内閣で閣僚をやっている頃の民主党には本当に迫力があった。前原さんや枝野さんのような論客がいて、予算委員会の中で2時間にわたって、1人で徹底して議論をしてきた。ごまかそうと思ってもごまかせない真剣勝負だった。閣僚席に座っていて、時計を見ながら“なんで時間ってこんなに遅く流れるんだろう”と思ったことをよく覚えている。だが今、野党の質問を見ていると、例えば5人で30分ずつ出てくる。そして“もっと追及したいんですけど、時間がありませんので次の質問に移ります”なと言われてしまう。ちっとも怖くない。なぜこんなことになってしまったのだろうと思う。

■「日本の価値観を根底から変える」

ーー小泉進次郎環境相についてはどう見ているのか。もし総裁選に立ったとしたら?

石破:彼は私が幹事長の時の青年局長、私が大臣の時の政務官だ。野党時代、そしてまた政権を奪還した後も、一緒に仕事をしてきた。本当に日本のために、大事に使っていかなければいけない人だと思う。彼が総裁選に出るという状況は非常に考えにくいし、私と小泉さんの国家観と自民党観が、そんなにズレているとも思わない。憲法や安全保障について徹底的に議論したことがあるわけではないので、そこが違うのであれば、どんなに親しくても対立せざるを得ない。当然、日本のために対決することはあるだろう。

ーーでは、総裁選に出馬するとしたら、何を旗印にするのか。

石破:日本の価値観を根底から変えることだ。江戸時代は「天下泰平」、とにかく安定が価値観だった。ところが黒船が来て、このままでは西洋列強の植民地になってしまうぞということで、安定から強さ、「富国強兵」になっていく。それが太平洋戦争の敗戦で徹底的に打ち砕かれ、今度は豊かさ、「高度経済成長」になる。今、それらに代わる価値観を見つけていかないと、この国はいかんのではないだろうか。

とうとう赤ちゃんの出生数が90万人を切った。予想よりも早かった。首都一極集中、つまり男女が最も結婚する東京で赤ちゃんが最も生まれない。ドイツではベルリン一極集中か、イタリアはローマ一極集中か、フランスはパリ一極集中か。違う。地方が豊かで活気がある。だからヨーロッパの国は人口が減らない。21世紀は世界の人口が2倍になるのに、これからの80年で日本の人口は半分になる。国の作り方、国家のあり方を根底から変えないとこの国は持たない。

それにはやはり多様性だ。東京に行って成功することが価値観で、同じものを安く、たくさん、大勢の人に作るというモデルだった。本当は農業も漁業も林業も、ものすごい力があるのに、それを最大限に生かし、伸ばしてこなかったのではないか。

ーー安倍政権も少子高齢化や一極集中を避けようと旗を振ってきてはいる。しかし、地方創生も含めて、うまくいっていない。

石破:このままいったら国がなくなるよ、という切迫感、危機感だと思う。自民党は一極集中を打破しようよというのは昔から言ってきた。田中角栄総理の時にも「列島改造」があった。しかし、現状を打破しないとこの国がなくなっちゃうよという危機感は、高校生だった私にはあまり感じられなかった。大平総理の時に田園都市構想、竹下総理の時にふるさと創生があったが、これらが失敗したら国がなくなるというほどの危機感はなかったと思う。しかし、今は局面が違いますよという、その危機感をもっと強く打ち出さないといかんと思っている。

ーー豊かな暮らしの割には、将来を不安視している子どもは多い気がする。結婚したり、子どもを産んだりということに対する不安が勝ってしまう。

石破:経済が伸びて人口が増えている時は、辛いこと、嫌なことを先送りしてもなんとかなった。人口の増加と経済成長がそれを予定調和的になんとかしてくれた。だが、人口がものすごく減る時代、そして経済がそんなに伸びない時代は、先送りすればするほど、次の時代にかかる負担はどんどん重くなってくる。それを政治家が言わないでどうするのか。

ーー一方で、自民党の支持層は、“また儲けさせてよ。またバブル呼び起こしてよ”という人が多い気がする。そういう支持層の気持ちも変えていくということか。

石破:次を見せないと、政治家なんかやっちゃいかん。単なる支持層のフォロワーになるなら、政治家をやる必要はない。それは世論調査機関がやればいい。有権者の方々は毎日忙しい。我々は政治をやっているのだから、色んな情報を知っている。それを国民にきちんと開示するのが、我々の責任ではないか。“有権者がこう思っているから、それに従いますよ。皆さん方が思うような社会を作りますよ”というのは、この時代の政治家としてやってはいけないと思う。

ーー若い世代の政治参加については。

石破:若い人が投票に行くだけで日本は変わる。入れたい人がいない、入れたい党がないとも言われる。だったら行って白票を入れればいい。だからそう簡単にはできないが、投票は義務化すべきだと思っている。この国をどうするかということに対して意思を表示できない人は、本当に主権者だろうか。この国の将来に責任を持ちませんというのは、私は国民として言うべきだとは思わない。その意味で投票は国民の権利だが、義務でもあると思う。そして投票する時に、自分が総理大臣だったらどうするかということを考えるのが主権者だ。民主主義というのはそれほど厳しいものだ。

ーー2020年はどのような1年にするのか。

石破:国は変えられるという意識を国民ひとりひとりに持ってもらう年にしたい。“どうせ変わらない”“私が行ったって変わらない”。それは民主主義の破壊だ。平成の30年というのは、ひょっとしたら民主主義がものすごく変質した時代かもしれない。金利がつかないということで、間違いなく消費者が変質した時代だ。だが、今ならば取り返せる。国は変えられるんだという、そういう思いを主権者に持ってもらう。そういう1年にしたい。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

ウイーン条約無視の韓国憲法裁判所判決(蔑笑) 国で無いことを認めた?

 韓国の憲法裁判所がまたやりましたナァ(笑)
 2015年12月の日韓合意について、元慰安婦らが憲法違反だと認めるよう求めた訴訟で、裁判官の全員一致で訴えを却下したというのだ。
 朴槿恵政権時代の合意は、条約締結の手続きを踏んでいない「政治的な合意」にすぎず、元慰安婦らの法的権利が消滅したともいえないため、憲法裁の審判対象ではないと判断したというから、国際法のウイーン条約なんぞ全く関係なしだ(蔑笑)

 この判断、元売春婦たち個人の訴追は妨げないと言うことだ。

 そして、この判決、間違いなく文在寅の意向を踏まえた上での採決と見た。

 ウイーン条約には
 第26条(「合意は守られなければならない」) 効力を有するすべての条約は、当事国を拘束し、当事国は、これらの条約を誠実に履行しなければならない。
 第27条(国内法と条約の遵守) 当事国は、条約の不履行を正当化する根拠として自国の国内法を援用することができない。この規則は、第46条の規定の適用を妨げるものではない。

 となっている。
 つまり国際社会で、国として認められている限りこのウイーン条約を順守しなければいけないのだが、このキチガイ国家・韓国はそれを守るという意思が全くないと言うことだ!
 ということは、韓国は国としての義務を自ら放棄したと一緒だよネェ(蔑笑)
 
韓国憲法裁、訴え却下も日韓合意の履行義務を骨抜きに

2019.12.27 19:59・産経ニュース

【ソウル=桜井紀雄】韓国の憲法裁判所は27日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意について、元慰安婦らが憲法違反だと認めるよう求めた訴訟で、裁判官の全員一致で訴えを却下した。合意は、条約締結の手続きを踏んでいない「政治的な合意」にすぎず、元慰安婦らの法的権利が消滅したともいえないため、憲法裁の審判対象ではないと判断した。

 日韓合意では、日本政府が10億円を拠出するなどし、問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった。だが、憲法裁は、合意で「具体的な権利・義務が生じたとは認められない」と判断。根本的に慰安婦問題とは何なのかについて、日韓間で「共通の認識が存在しない」とも指摘した。

 日本政府が韓国政府に求めてきた合意履行の義務を骨抜きにするような判断といえ、最高裁によるいわゆる徴用工判決で悪化した日韓関係にさらなるマイナス影響を与える可能性がある。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、日本からの10億円で設立した基金を解散させ、合意を事実上白紙化している。

 憲法裁は、合意が元慰安婦らの「賠償請求権など、基本権を侵害する可能性があるとはみづらい」との判断も示した。これを受け、元慰安婦支援団体などが日本に法的責任を求める動きを一層強める恐れもある。

 元慰安婦や遺族は16年3月、合意で日本側に賠償を求められなくなり、財産権や尊厳、国からの外交的保護を受ける権利を侵害されたとして訴えていた。

 憲法裁は、憲法違反などを審査する司法機関

「桜を見る会」 違法性があるの? 事件性があるの?

 立憲民主党、共産党などが総理大臣の「桜を見る会」について大騒ぎして、先の臨時国会の時間を殆んど「桜を見る会」に費やしてしまった。
 野党やサヨクメディアは、総理の招待客が多いからケシカランと言っているようだが、総理主催の催しだもの当然ではないのかナァ・・・

 確かに招待客は多くなっているが、それがどうしたの? と言いたいネェ・・・
 羨ましかったら政権の座に就いてしっかり招待すればいいんではないのかナァ。

 野党やサヨクメディア(特に朝日新聞、東京新聞等)は盛んに安倍総理が悪いとの印象操作をセッセ、セッセとやっているようだが全てブーメランで返っている。
 
 すると批判していた事項を他に振り替えて又攻撃し、それが再びブーメランで返るとまた他の事項を強調して攻撃している。

 名簿を裁断したと騒ぎ、招待者の中に反社会勢力が居ると批判している。
 それがどうしたの? その時点では分かるはずがないではないの?

 これも朝日新聞が広告を出していたことから追及を打ち切ってしまった。

 でもこれらの事実は一切報道しないし謝罪もないわナァ(笑)

 確かに名簿をシュレッダーにかけてしまったことは批判されても仕方は無いが、それがどうしたのかネェ・・・
 違法性がありますか? 事件性がありますか?

 最初、ホテルニューオータニでの安倍晋三後援会前夜祭で5000円の会費は安すぎる。差額を後援会事務所が支払ったなら公職選挙法違反だと大騒ぎしていたよナァ・・・
 でも立憲の安住淳国対委員長も1700円で「朝食会」をやっていたことを暴露され、引っ込めたわナァ(笑)

 この時、黒岩宇洋は「久兵衛寿司」の寿司が出されていた。九兵衛の寿司は高価なのに5000円会費では払いきれない。
 事務所が出したんだ。公職選挙法違反だと騒いでいたよナァ・・・
 でも、これまたホテルニューオータニ、九兵衛から事実は無いと否定されましたわナァ・・・
 しかし、謝罪していないわナァ・・・
 これは、石川大我も同様だ。

  ツイッターで世間に拡散したのに謝罪のひとつもしない。これって、良いのかナァ・・・

 2006年。当時民主党の「永田寿康」という議員がいましたわナァ・・・
 この永田寿康は「偽メール」で後に自殺してしまったことが有ったよネェ・・・
 国会で偽メールを元に政府を追及し大騒ぎとなり、結局偽メールであることが判明、謝罪会見をし議員辞職したあげく自殺した事件だ。

 石川大我もツイッターでさも真実らしく拡散したではないか! でも謝罪すらしていない。
 これ、皆さんどう思います? 
 与党はいけないが、野党の場合これでいいんですかネェ(笑)

 おかげで国会での重要法案はお座なりだ。
 日米貿易協定、ホルムズ海峡への自衛隊派遣、国民投票法改正、習近平主席の国賓来日、北朝鮮の弾道ミサイル発射問題等々そっちのけだ。
 
 つまらん議員達だこと・・・あれで歳費貰えるんだから楽なもんだネェ(蔑笑)



 

 

 

安倍総理 「徴用工問題」で韓国に対して怒り 対応策検討か?

 24日の日韓首脳会談では、安倍総理の「徴用工賠償問題」で、韓国に対し日韓請求権協定の順守を強く求めたが文在寅は真面な回答はしなかった。
 この点を夕刊フジが深く切り込んでおり、「1ミリも譲るな」と手厳しく報じている。

 元徴用工問題、韓国「ゼロ回答」で日本は“対韓制裁”準備! 識者「これまでの日本政府は腰砕け…今回は1ミリも譲るな!」 日韓首脳会談

2019年12月26日 17時16分
ZAKZAK(夕刊フジ)

 安倍晋三首相は24日午後、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。韓国最高裁による、いわゆる「元徴用工」の異常判決を受け、日韓関係は史上最悪となっている。文氏は、国際法違反状態を放置しておきながら、約1年3カ月ぶりの正式な首脳会談に、何の解決策も提示しなかった。安倍首相は「国と国の約束を守れ」と強く迫った。「対話継続」という言葉にダマされてはならない。来年にも、日本企業の資産が現金化される恐れがある。政府・与党は水面下で「対韓制裁」の準備を進める必要がありそうだ。



 「韓国は重要な隣国だ。しかし、国交正常化の基礎となった日韓基本条約、日韓請求権協定が守られなければ、国と国との関係は成立しない、成り立たない」

 安倍首相は24日夜、日韓首脳会談後の記者会見でこう語った。淡々としていたが、内心は怒りに満ちていたようだ。

 注目の会談は、成都市内のホテルで行われた。予定を15分超え、45分間に及んだ。

 安倍首相は会談で、日韓関係は「引き続き非常に厳しい状況にある」との認識を示したうえで、徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決が「根本原因」だと指摘し、韓国側の解決策を求めた。

 これに対し、文氏は「問題の解決の重要性については自分としても認識しており、早期に問題解決を図りたい」と述べたが、具体的な解決策や新たな提案は示さなかった。

 まったく、ふざけた対応というしかない。

 日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」している。そもそも、徴用工は「合法的な戦時労働者」であり、賃金も支払われていた。これは、ソウル大学名誉教授の李栄薫(イ・ヨンフン)氏らの著書『反日種族主義』(文芸春秋)にも記されている。

 韓国の歴代政権が、国内の批判をかわして求心力を高めるため、歴史を歪曲(わいきょく)して、国民に「反日」を植え付けてきたことが原因といえる。これに日本の一部政党やメディアも同調・協力してきた。

 文氏が今回、日本にすり寄ってきたのは、自国の苦境が背景にある。

 まず、米韓関係が悪化している。以前から、その「反日・離米・従北・親中」姿勢もあり、ドナルド・トランプ米政権に警戒されていたが、米朝協議をめぐる一連の対応や、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄をめぐる騒動で、信頼を失ったのだ。

 中国も、文政権に不信感を強めている。

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備(2017年)に続き、文政権が先月末、米国の圧力に負けて、GSOMIA破棄を土壇場で撤回したことが大きいようだ。GSOMIA破棄は北朝鮮が強く求め、中国も賛成していた。

 国内的にも、文氏は窮地に追い込まれつつある。

 韓国経済の悪化に加えて、GSOMIA破棄撤回で「従北左派」の支持団体が「文政権離れ」を起こしている。さらに、韓国検察が、職権乱用容疑で、文氏の最側近だったチョ国(チョ・グク)前法相の逮捕状を請求した。

 こうしたなか、韓国内の「反日」世論に押されて、異常判決で差し押さえられた日本企業の資産が、年明け以降、現金化される危険性がある。そうなれば、日韓関係は「崩壊状態」になりかねない。

 これを避けるため、日本側はどうすべきか。

 韓国では「小」が「大」に事える事大主義が、伝統的外交思考となっている。強い姿勢を見せなければ、ナメられる。憲法前文のようなポエムを信じて善意や優しさを見せていたら、どんどん付け込んでくる。

 政府・与党は以前、徴用工問題に加え、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件や、韓国国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」などの暴挙を受け、「100件余りの報復カード(制裁)を検討・準備した」とされる。

 制裁とはまったく別だが、日本側による半導体材料の対韓輸出管理厳格化は効いているようだ。

 冒頭の首脳会談で、文氏は「膝を交えて懸案の解決策を早急に見いだせることを期待している」と語ったが、安倍首相は、日本側の従来の立場と原則に基づいて対処する考えを示した。

 朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「徴用工問題は“自称・被害者”がどんどん拡大しかねない、極めて深刻な問題だ。日本企業の現金化は許されず、日本政府は1ミリも譲ってはならない。これまでの日本は世論を分断され、腰砕けになってきた。今回も韓国側はそれを狙っているように見える。安倍政権は期限を決めて、『対処しなければ制裁を打つ』と具体案まで示しておく必要があるのではないか」と語った。

 ■予想される日本政府による韓国への制裁案

 (1)韓国人の入国ビザの差し止めを含めた厳格化

 (2)国際司法裁判所(ICJ)への提訴

 (3)韓国製品の関税を上乗せ

 (4)送金停止 (5)貿易保険の適用から韓国を外すなどの輸出規制

 (6)環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への韓国の参加を拒絶

 (7)日本国内にある韓国企業の資産差し押さえ

 (8)日本からの部品・素材提供の停止

 (9)冨田浩司駐韓大使の帰国

真実を葬り去ろうとする韓国公営放送

 元徴用工が真実を述べたのを全否定している韓国公営放送MBC>

マァ、政府そのものが嘘を平気で言い、真実を隠蔽する国だから公営放送が真実を闇に葬ろうとするのも無理は無いわナァ(蔑笑)
 韓国の面目躍如たる事例だよネェ・・・
 
韓国公営放送MBC、「週刊ポスト」が徴用工証言を歪曲報道と批判。真相はいかに?

2019年12月26日 8時33分 ライブドアニュース

MBCで放映されたニュース via MBC YouTube CH
847d2_1434_7003c6bd_28dd9de7.jpg

◆韓国公営放送が日本の「週刊ポスト」記事を名指しで批判

 韓国の公営放送局であるMBCが、「週刊ポスト」に掲載された記事が完全なる捏造報道であると批判する番組を報道した。

 問題となっているのは、12月9日に発売された「週刊ポスト2019年12月20・27日号」の中で、「91歳の元徴用工『日本からの金は要らない』韓国・文在寅政権が隠す肉声を入手!」という記事。ジャーナリストの赤石晋一朗氏が現地取材を行い、元徴用工らの証言を得たという。
「週刊ポスト」は元徴用工の証言をどのように得、また韓国・MBC放送はそれをどのように報じたのか?

◆「週刊ポスト」は元徴用工の証言をどう書いたのか?

 週刊ポストの記事によれば、元徴用工であった崔漢永氏(91)は、「日本人のほうが韓国人より、いい人が多かったと私は考えています。私が炭鉱で働いていた時代、日本人にはとても親切にされた思い出があります」と答えたという。18歳と年を偽り、15歳で日本に渡ってきた崔氏は、福岡県飯塚市の三菱炭鉱で働いた。記事は崔氏の証言を次のように続けた。

「私は坑道を作る仕事を主にしていました。現場では日本人と朝鮮人が一緒に働いていた。休みは月に1日か2日でしたが、日本人も朝鮮人も同じ労働条件で、同じ賃金をもらっていました。朝鮮人だからと差別や暴行を受けるということもなかった」(同記事より)

 崔氏の証言は更に続く。

「(元徴用工が)裁判を起こしても何も得られるものはないよ。この高齢でお金を手にしてもしょうがないだろう。私はお金もいらないし、補償をして欲しいとも思わない」

 記事は崔氏のこのような証言を列記しながら、「慰謝料ありきで徴用工問題を語る文在寅政権に、静かに異を唱えているようにも思えた」とインタビューを結ぶ。

 記事では崔氏の他に3名の元徴用工のインタビューを行い、「虐待した日本人はいなかった」という証言を掲載している。

◆韓国・MBC放送の取材では全く反対の証言が

 韓国・MBC放送は「週刊ポスト」の記事を受け、「証言」の当事者である崔漢永氏にインタビューを行っている。

 以下は、韓国・MBC放送の取材によるもの。

 ”問題となった記事は、日本の大手出版社が出版する「週刊ポスト」に掲載された。
 文在寅政府が隠す、徴用被害者たちの肉声を入手したとの触れ込みで、4名の実名インタビューを掲載したが、「虐待した日本人はいなかった」、「日本人が、韓国人よりも良かった」と言ったという記事。「既に高齢で、金銭的な補償は望んでいない」という信じ難い証言も登場する。

(週刊ポストの)取材チームがインタビューをしたという、1928年生、今年92歳になる崔漢永氏に会ったところ、先月末に開かれた「強制徴用関連の懇談会」に日本の記者が突然訪れインタビューを求められたという。
(崔漢永氏のインタビュー映像)「私一人でご飯を食べていたら、(日本の記者が)福祉会館に自動車まで持ってきて、補償金はどれくらい貰ったのかを聞き、私を車に乗せ自宅まで…」”

 放送では崔氏のインタビューを続ける。
 以下は、崔氏の証言。崔氏の声は憤っている。

”「日当はその日の飯代にしかならなかった。取っつかまって3年間も炭鉱で働かされたのに、補償をされないなんて話にもならない。何故、補償をもらわない? 謝罪も必要だし、被害補償も必要だ」”

 崔氏の証言は、週刊ポストのそれとは全くもって正反対だ。
 放送には、そのインタビューに付き添った(とオンエアでは紹介されている)、元徴用工の息子でもあり、韓国で強制徴用被害者連合会の代表も務めているチャン氏の「(日本が)『補償も謝罪も必要ない』と歪曲して報道すれば、徴用被害者たちの声も弱化させることが出来ると思っている」というコメントも添えられている。

  韓国の強制徴用関連団体は、被害者たちの名誉を著しく棄損したとして法的な手続きを進めるとともに、駐韓日本大使館にも抗議訪問するという。

◆「ポスト」と「MBC」、どちらが真実か?

 かつて「週刊ポスト」は、「韓国なんて要らない」という特集記事を掲載し、「10人に1人は治療が必要-怒りを制御できない『韓国人という病理』」に代表されるバッシングを超えた韓国ヘイト記事は、内外の著名人からの批判を浴びている。(※同記事については謝罪文を公表)

 今回の元徴用工の証言も、韓国MBC放送のインタビューが真実であれば、歪曲どころの騒ぎではない。完全なる捏造記事であり、その根底には悪意が蠢いている。

 しかし一方で、証言者の代表でもある崔氏が週刊ポストとMBC双方に異なる証言をしたとの推測も出来る。つまり、「週刊ポスト」に対する証言も崔氏の言葉であるが、MBCの取材では違うことを言ったという可能性も否定できない。

 記事を執筆した赤石氏は、自身のTwitterで以下のようにツイートしている。

”韓国MBCのニュース番組で私の記事が糾弾されたようです。証言を真摯に伝えたつもりです。だが韓国メディアでは証言者の一人が違うと言い出したようで。現場には存在しなかった同席者まで現れたようです。”(赤石氏のツイートより)
”一部でご心配をおかけしています、韓国MBCの件ですが。取材は某テレビ局のカメラも入っており、ダブルチェックも出来ていたと思っています。なぜ、あんな形になったのか。詳しい経緯については、いつか書きたいと思っています。”(同)

 赤石氏がいう「現場には存在しなかった」人物はMBCの放送分では先述した通り「付き添った」とされており、この点でも双方の証言が食い違っている。

 「週刊ポスト」の記事と、MBC放送の取材と、どちらの証言が真実なのか。

 インタビュー時の音声も間違いなく録音もしているのだろう。赤石氏が言うように「某テレビ局のカメラ」が入っているのであれば、動画も押さえている可能性すらある。

◆「記録に基づいて、正確に記事にした」

 そこで、週刊ポスト編集部に本件について取材を申し込むと次のような回答を頂いた。

「インタビュー取材の記録に基づいて、正確に記事にしたものです」

 同誌編集部では記事化にあたり、取材の音声データも確認し、通訳もダブルチェックをしたという。

 筆者も、音声データ自体を確認したかったが、それはできなかった。しかし、赤石氏がいう「某テレビ局」は、テレビ西日本のことであり、12月16~21日にかけて放映された「ももち浜ストア特報ライブ」及び「福岡ニュースファイルCUBE」内のシリーズ企画「韓国人のホンネ」で流れたことが判明したため、現在、編集部ではテレビ西日本への取材と、放映された映像の入手を試みている。

 というのも、筆者がMBCの動画で見た限り、崔氏の韓国語は非常に訛りがきつく、韓国語ネイティブでも聞き取りが難しいものだと感じたからだ。とすれば、証言の食い違いや悪意による歪曲ではなく、「翻訳の誤り」という可能性も否めない。そのため、特に「日本人のほうが韓国人より、いい人が多かったと私は考えています。私が炭鉱で働いていた時代、日本人にはとても親切にされた思い出があります」という箇所に関して、筆者自身の耳で実際に確認したいと思っているのだ。

 ちなみに、テレビ西日本のオンエアされた動画は未見だが、同局では文字のニュースとして「初証言 元徴用工 福岡での炭鉱労働を語る」という記事を配信している。
 同記事では、崔氏の証言は週刊ポストのものとだいたい同じだが、他にも元徴用工の父親が日本人から受けた激しい暴力について語る徴用工遺族の声を紹介し、”同じ時代に、同じ徴用工として日本に渡っても仕事をする場所や、出会う人間によって、体験は大きく異なることは当然ある。/どちらが正しいとか、どちらが真実という問題ではない。/体験者や関係者が語る様々な証言に、偏見を持たずにしっかりと耳を傾けて、相手を理解しようと努力することが、長いバトンを受け継いで、今、戦後を生きている私たちの使命ではないだろうか。”と結んでいる。

<文/安達夕>

※当初配信時、「国営」との表記でしたが、正確には「公営」の誤りでした。お詫びして訂正します(2019/12/26 9:24)

【安達夕】
Twitter:@yuu_adachi

文在寅には徴用工問題、解決の意思が無いことが明らかに

 24日中国四川省で行われた日韓首脳会談、日本側にとっては首脳会談をやったということしかメリットが無かったわけだ。
 韓国では、安倍総理との会談が漸く実現したと喜んでいるようですが・・・

 安倍総理は一貫して「国と国との約束は守ってほしい」と訴えたのだが、文在寅は依然として韓国最高裁の判決を尊重するとの立場だと伝えられている。

 となると、ひょっとして来年2月には、日本企業の差し押さえた資産を売却する可能性が出てきましたナァ(笑)・・・
 と言うことは、麻生財務大臣が言っていた日本側の対応「金融面での対応策」が濃厚と言うことになりますわナァ・・・
 すると日本に抱っこにおんぶしている韓国経済は崩壊するでしょうネェ(笑)
 マァ、それも自業自得だから・・・恨むなら文在寅を恨んでくださいナ(笑)

 でも、彼の国では逆恨みで反日が益々激しくなりますナァ・・・そして国交断絶ですか(笑)
 良いことですナァ・・・是非そうなるよう頑張って貰いたいものです(喜)

 「徴用工判決 関与できず」
 文大統領、安倍首相に伝える
2019年12/26付・産経新聞

 【成都・桜井紀雄】韓国の文在寅大統領は24日に中国四川省成都で行われた安倍晋三首相との会談で、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工判決について「韓国政府は判決に関与できない」との立場を伝えていたことが、25日分かった。韓国大統領府関係者が明らかにした。
 安倍首相は会談で、判決が日韓関係悪化の「根本原因」だと指摘し、1965年の日韓請求権協定に違反する状態の是正を促した。文氏は「解決を急ぐべきだ」と強調し、「解決方法を見つけるために知恵を集めていきたい」と応じたという。一方で、政府は積極介入はしないとする従来の立場を繰り返したことで、問題解決とはほど遠い現状が改めて浮き彫りになった。
 韓国国会議長が国会に提出した日韓の企業や国民から寄付を募って基金をつくり、元徴用工らに支給する法案については会談では触れられなかったという。

 小生の推測では、来年2月頃になると、日本企業資産の差し押さえ売却は先延ばしにすると見るネェ・・・
 と言うことは、大統領権限で先延ばしできると言うことになるわけだヨ
 やろうと思えばできるのにそれをやらないとなると、おそらく文在寅の考えは、このようにして先延ばししておけば日本側の圧力が弱まると考えているというわけだ(笑)
 否、安倍総理が辞めるのを待っていると言った方が良いようだネェ・・・

 ポスト安倍総理の後釜に座った者は、誰が総理になろうと韓国に忖度するだろうナァ(笑)

 
 

自民党秋元司衆院議員逮捕 田中角栄は留置場から離党届を出したが・・・

 自民党の衆議院議員秋元司が収賄容疑で逮捕された。
 マァ、自民党から言えば小物だが影響は小さくはないだろうネェ。

 これで思い出すのだが、ロッキード事件で逮捕された元総理の田中角栄だ。
 この度の秋元司と同じような構図なのだが、秋元の金額は350万円くらいを中国企業から受け取ったとされる。

 田中角栄はロッキードから3億円なので比較するのもどうかと思うが、収賄には違いない。
 秋元司は自民党に離党届を出したというが、田中角栄は留置場に入って直ぐ看守に乞い、筆記用具と用紙を手に入れその場で「離党届」を書いて自民党に提出したという。

 秋元司は予め書いて準備していたのかナァ、それとも留置場内で書いたのかナァ・・・
変なことが気になるよネェ(笑)

 秋元議員、自民を離党

12月25日(水)13時38分 時事通信

 自民党の秋元司衆院議員が同党に離党届を提出し、受理された。党幹部が25日、明らかにした。秋元議員は、統合型リゾート(IR)の事業参入を目指した中国企業から賄賂を受け取ったとして、東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕された責任を取ったとみられる。 

[時事通信社]

白鵬ヨォ! エルボーがあれば50回優勝も可能だわナァ(笑)

 sumo champion白鵬が偉そうに言ってる。
 優勝50回を目指すという。そして、横審から注意された「勝ち上げ」や「張り手」は禁じ手ではないからこれからも使うってサ・・・
 確かにその通りだ。でもナァ、貴様より番付で下位の力士はお前の顔面には「かち上げ」は使わないのだよ。
 何故って? お前が一応゛横綱 ゛という上位の力士だから敬意を表して使用しないのだヨ。
 それが日本でいう「相撲」だヨ。

 そこのところが分からないのが、勝さえすれば良いというモンゴル人と違うところだ。
 いくら帰化してもモンゴル人であることは変わりはないサ。

 横綱だった「曙」や「武蔵丸」は理解していたから使わなかった。
 マァ、「 心技体」を兼ね備えた横綱でないことは間違いない!
 
 ただ勝てば良い、格闘技「sumo championw」だわナァ・・・50回優勝しようが100回優勝しようが「大横綱」とか「名横綱」とは呼ばれないだろうネェ。
 
 白鵬 かち上げ&張り手に横審から苦言も反論「禁じ手じゃない」

12月25日(水)5時48分 スポーツニッポン

クリスマスイブの番付発表でクラッカーを鳴らす白鵬

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月12日初日、両国国技館)の新番付を発表し、横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が4場所ぶりに東の正位に就いた。43度目の優勝を飾った九州場所では張り手やかち上げを多用し、場所後の横綱審議委員会から苦言を呈されたが、取り口を変えることは考えていない。東京五輪イヤーも自分の相撲を貫き、優勝50回を目指していく。

 史上最多43回の優勝を誇る第一人者は、来年もスタイルを変えずに突き進む。九州場所の覇者として迎えた番付発表会見。かち上げや張り手が目立った取り口について、横綱審議委員会が「横綱として見苦しい」と苦言を呈したことを聞かされても、白鵬は全く動じなかった。「全く知らなかった」とした上で「自分は自分の相撲を取るだけ。禁じ手というものでもないので」と全く意に介さなかった。その言葉通り、冬巡業でも15日の沖縄県うるま市の稽古では松鳳山に右かち上げを浴びせていた。

 周囲になんと言われようと貪欲に勝利をつかみにいく。その視線の先にあるのは優勝50回という目標だ。来年は長らく照準に定めてきた東京五輪イヤー。「五輪が終わったら目標を失うというのが見えている。達成できるかは別として、大台の50回。モチベーションを持ってやっていけたら」。大台までは7回の優勝が必要だけに「今年は2回だったので来年は3回。階段を上っていきたい」と決意を新たにした。

 優勝回数を伸ばすためにも若手の壁となっていく。「壁は高ければいいと思う。いずれ彼ら(若手)もこの立場になる。そのとき“当時の上位陣が強かったから今がある”と言われるように頑張りたい」。3月に35歳となる横綱は、力ずくで優勝をもぎ取りにいく。


20191224at21S_t.jpg

文在寅「徴用工問題」解決する意志はないようだ(蔑笑)

 昨日四川省で日韓首脳会談が実施された。
 結論から言えば平行線で決裂した。
 メディアは「徴用工問題は継続」という表現を使っているが、日韓がそれぞれ自国の思いを語っただけとみた。

 殆んどの国民がそのように予想していたから「そうだろうナァ」と受け止めていると思う。
 徴用工の問題、韓国政府が手当てをすれば済む問題を、日本側に押し付けようとするから問題が拗れるのだヨ。

 安倍総理にはもうひと押し言って欲しかったナァ
 「慰安婦合意も一方的に反故にしている。このようなことをされたら、いくら話し合ってもいづれ反故にされると思えば、約束なんかできませんね」と・・・

韓国文在寅大統領 徴用工解決示さず
2019.12.25・産経ニュース

 【成都=原川貴郎】安倍晋三首相は24日午後(日本時間同)、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。両首脳の正式な会談は1年3カ月ぶりで、いわゆる徴用工訴訟の韓国最高裁判決で日韓関係が決定的に悪化して以降初めて。首相は判決で生じた日韓請求権協定違反の状態を早期に是正するよう強く求めたが、文氏は解決策を示さなかった。両首脳は懸案解決のため、対話を続けていくことでは一致した。

 会談は成都市内のホテルで行われ、予定を15分間超え45分間に及んだ。 

 首相は会談で、日韓関係は「引き続き非常に厳しい状況にある」との認識を示した上で、徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決が「根本原因」だと指摘した。

 首相は、徴用工の問題は日韓関係の法的基盤の根本にかかわると言及し、「韓国が国家として日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作るよう求める。韓国側の責任において解決策を示してほしい」と迫った。韓国内で差し押さえられた日本企業の資産の現金化も避けるよう求めた。

 文氏は「問題の解決の重要性については自分としても認識しており、早期に問題解決を図りたい」と述べたが、具体的な解消策や新たな提案は示さなかった。

 首相は緊張が高まる北朝鮮情勢にも触れ、非核化に向け「引き続き米朝プロセスを最大限後押ししていくことが重要だ」と強調した。国連安保理決議の完全履行を含め「日韓、日米韓が緊密に連携することが重要だ」とも述べ、文氏も同意した。

 一方、文氏は会談の冒頭で日本側の対韓輸出管理厳格化を取り上げ、「膝を交えて懸案の解決策を早急に見い出せることを期待している」と語った。首相は、日本側の従来の立場と原則に基づいて対処する考えを示した。

 また首相は、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水を浄化後の処理水をめぐり、韓国が風評被害をあおるような言動をしていることを念頭に、「透明性をもって情報提供している」と説明。韓国側に抑制的な対応を求めた。

日韓首脳会談 安倍総理「国と国との約束を守れ」強調

 本日、中国四川省で安倍総理と文在寅大統領の会談が行われる。
 文在寅は日本の経済協力を強く求めてくるのだろうが、安倍総理は根幹の「国家間の約束を順守」することを強く突き付けるようだ(笑)
 (安倍総理は米国トランプ大統領とすり合わせた上で、日中韓の会談に臨んでいると云われている)

 マァ、当然だわナァ・・・
 日本に「輸出規制」や「ホワイト国除外」の撤廃を求てくるのだろうが、ならばその前に日本側に配慮すれば良いものを、相も変わらず「日本製品不買運動」「旭日旗問題」はそのままだ。
 国民がやっていることだから政府は関与しないという都合の良い立場をとる。

 国家権力を行使しろとまでは言わないが「自粛しろ」くらいの発言はあっても然るべきだと思いますがネェ・・・

 1年3カ月ぶり「日韓会談」で文大統領窮地! 安倍首相「国と国の約束を守れ」 事前にトランプ大統領と“すり合わせ”も

2019.12.23 夕刊フジ

 安倍晋三首相は24日、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約1年3カ月ぶりに首脳会談を行う。両国間には、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、半導体材料の輸出管理厳格化、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)など、数多くの懸案が山積している。安倍首相は徴用工問題で「国と国の約束を守れ」と強く迫る考えで、夕刊フジの独占インタビューでも、その根幹となる「外交信念」を明かした。ドナルド・トランプ米大統領とも、対韓認識はほぼ一致している。ただ、朝鮮半島情勢が緊迫するなか、「反日・離米・従北・親中」の文氏に響くかは不透明だ。(以下略)

日韓の法律家が「日韓請求権協定」尊重 裏があります(笑)

 昨日の産経ニュースで、韓国最高裁が日本企業に対し、元徴用工への損害賠償を命じたいわゆる徴用工判決をめぐり、日韓両国の有志の法律家らが23日、東京都内と韓国・ソウル市内でそれぞれ記者会見し、1965(昭和40)年の日韓請求権協定の尊重を求める共同声明を発表したという。(本日付の産経新聞には、もう少し詳細に掲載)

 韓国内にも「国家間の決まりは尊重しろ」と訴える者が居るのは認めるが、サテ実態はどうでしょうかネェ(笑)

 だって韓国は、日本との歴史が絡むと異論なんて許さない社会ですぞ!
 今回だって「何を寝言を言っている」との圧倒的な声で埋没してしまうサ(大笑)
 そういう国なんだヨ・・・・・・

日韓法律家「完全・最終解決」の請求権協定尊重求め異例の共同声明

12/23(月) ・産経新聞

 韓国最高裁が日本企業に対し、元徴用工への損害賠償を命じたいわゆる徴用工判決をめぐり、日韓両国の有志の法律家らが23日、東京都内と韓国・ソウル市内でそれぞれ記者会見し、1965(昭和40)年の日韓請求権協定の尊重を求める共同声明を発表した。日韓の法律家が徴用工判決で一致した見解を示すのは異例で、日本側法律家は安倍晋三首相や衆参両院議長らに声明を提出する。

 声明は、両国民の請求権について「(協定が)『完全かつ最終的に解決された』ことを明示的に確認している」と強調した。「不法で反人道的な植民地支配」の被害に基づく慰謝料請求権を認めた韓国最高裁判決に対しては「特定の歴史解釈を下すことは、法解釈の側面においても学問研究の側面においても、決して望ましいものではない」と批判した。

 また、判決について「日韓関係に大きな亀裂を生じさせ、戦後最悪と評される日韓関係の悪化をもたらす重大な要因となった」と非難し、「協定の趣旨を尊重することが、将来にわたって、両国の友好関係と発展を保証する唯一の道」と訴えた。

 原告側が韓国内にある日本企業の資産売却手続きを進めていることには「原告らが主張する請求権は韓国の国内問題」とし、韓国政府と司法当局が資産売却をめぐる強制執行を停止するなど、適切な対応をとるよう求めた。

 日本側賛同人代表の高池勝彦弁護士は「韓国側でも冷静な目で(請求権協定を)尊重しようという声が上がり、(日韓で)共同声明を出すというのは画期的なことだ」と意義を語った。

 首相は24日に中国・成都で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と1年3カ月ぶりに会談する。首相は23日、官邸で記者団に対し、徴用工問題に関し「国と国の約束は守ってもらわなければならない。日韓請求権協定は日韓国交正常化の前提であり、日韓関係の根本をなすものだ」と述べ、文氏に対し「日本の考え方をしっかりと伝えたい」と語った。

慰安婦捏造記事で韓国から表彰された植村隆朝日新聞記者

 慰安婦捏造記事を書いて批判された元朝日新聞の記者「植村隆」が韓国で表彰され賞金100万円をうけとったという。
 そして植村元記者は「私の記事は取り消されていません。韓国から表彰されて光栄です」と言ったという。
 なんとも言いようがないですナァ・・・

朝日「慰安婦誤報」で韓国から賞金100万円…植村隆記者は「光栄です」

2019年12月23日 5時58分
デイリー新潮
99cc8_1523_94b420e6_3893720e.jpg
おめでとうございます……
写真拡大

 いまから28年前。朝日新聞の植村隆記者は元慰安婦の肉声を報じた。慰安婦報道の先駆けである。5年半前に朝日を辞め、61歳となった植村氏。慰安婦報道の功績によって韓国で表彰されちゃったというのだが、ちょっと待って。あれは誤報のはずでは……。

 植村氏が受け取ったのは賞牌、つまりメダルと賞金1千万ウォン。日本円にして約93万円である。

 植村氏は、よっぽど嬉しかったに違いない。なにしろ、氏は朝日を離れて国内外の大学で研究員や非常勤講師、客員教授に就いても、慰安婦誤報の批判を受け続けた。

 そんななか、韓国の「李泳禧(リヨンヒ)財団」からすぐれたジャーナリストを顕彰する賞に選ばれたのである。

 財団は韓国の著名な民主化運動家、故・李泳禧氏の名を冠しており、今回の賞は、年に1度、真実の追求に努めたジャーナリストに与えているものだ。

おめでとうございます……

 その表彰式が今月4日にソウル市内で行われ、植村氏は、おおむね次のような受賞の弁を述べている。

「賞の受賞は、“負けずに頑張れ”という韓国ジャーナリズム界の大きな励ましだと思います。私を応援してくれる韓国の皆さんに感謝します。この受賞をきっかけに日本と韓国のリベラル勢力の交流が一層深まることを願っております」

光栄に思っています

 植村氏はそのスピーチのなかで、

「安倍政権下で河野談話が無力化し、日本の侵略戦争による被害の記憶継承作業に対する攻撃が相次いでいます。こんな危険な風潮を変えていかなければならないと思います」

 といった熱い思いも披瀝したのだが、元週刊朝日編集長の川村二郎氏は、

「植村くんの記事については朝日新聞も誤りを認め、謝罪したうえで訂正しています。朝日の慰安婦報道に関する騒動の火付け役になったようなものですから、吉田証言による“慰安婦狩り”記事のように取り消しまではされていないとはいえ16件の取り消し記事と同じ穴のムジナ。賞を受けるなんて恥ずべきことです」

 と憤り、

「韓国側にとって都合のいい記事だったから受賞したのでしょうが、記者は本来、イデオロギーに縛られることなく中立の立場で事実を報じるべきです。あれで賞をもらうなんてジャーナリストの風上にも置けません。93万円の賞金まで受け取るなどもってのほかです。まともなジャーナリストであれば賞も賞金も辞退すると思います」

 元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏は、

「私個人としては、植村さんの記事は朝日新聞が世間の信用を失うきっかけだったのではないかと考えています。朝日OBのなかにすら功名心に逸(はや)って取材を疎かにしてしまった植村さんや記事にかかわった人たちのことをよく思っていない人は一定数いるでしょう」

 こうした意見を、当の植村氏はどう受け止めるか。

「私の記事が取り消された事実はなく、元慰安婦の被害の真実を明らかにしたこととその後の闘いが韓国でも認められたことを光栄に思っています」

 と、おっしゃるのである。堂々たる無反省ぶりには、もはや怒りを通り越して呆れるほかない。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

「韓国民の75%は自国を離れたいと思っている」との調査 モウ崩壊ですナァ(笑) 

 最近の韓国経済について、サヨクメディアを除いて「崩壊寸前」だと報じられている。
 そして文在寅大統領の側近からも文在寅は「北朝鮮との統一国家を強く望み、それに向かった政策をやっている」と報じられている。

 韓国国民も、政策や一部プロ市民の反日強要運動には閉塞感が漂い、韓国からの脱出を考えていると訴える者が過半数以上を占めているというから、如何に現政権が不能者であるかと言うことが分かる。

 ここに興味深い記事がある。ハンギョレ新聞等の調査によると。

若者の75%が「韓国を離れたい」と言うのだそうだ。

 記事によれば「19~34歳の若者10人のうち、8人は韓国社会を“ヘル(地獄)朝鮮”と評価し、7.5人は韓国を離れて暮らしたい」と解答している。

 19~34歳の若者10人のうち、8人は韓国社会を“ヘル(地獄)朝鮮”と評価し、7.5人は韓国を離れて暮らしたいと答えた。
 一方、35~59歳の既成世代では、韓国社会をヘル朝鮮と見る人は、10人中6.4人、韓国を離れたいと答えた人は6.5人だった。
 この研究は、19~59歳の国民5千人を調査して、世代・性別で分析した結果だという。

 驚くのは「35~59歳の既成世代では、韓国社会をヘル朝鮮と見る人は、10人中6.4人、韓国を離れたいと答えた人は6.5人」であることだそうだ。

 ほぼ全世代にわたって「韓国を離れたい」が過半数なのだという。

 一方日本の世論調査では、「韓国に親しみを感じる」と答えた人は約17%だといい、「親しみを感じない」という人は70%を越えている。
 この差は何処から来ているのかネェ(笑)・・・

 現在の文在寅政権への不満は相当高いのではと想像できますわナァ(笑)
 マァ、この結果は文在寅の自業自得の一言ですわナァ・・・

出戻り「民主党」復活 再び悪夢の社会も復活(笑)

 立憲民主党の枝野幸男代表が喜んでいるようですナァ(笑)
 旧民主党と合流することに期待感を示し、嬉しそうに語っている。
 国民が期待しているとでも思っているのかナァ(笑)・・・

 あの悪夢のような政治は2度とやってほしくないのですが・・・

 国民はあの悪夢のような民主党政治には嫌悪感を持っていると云うのにネェ・・・

野党合流、越年の可能性 立憲・枝野代表「1、2週間で結論は…」

2019.12.21 20:25・産経ニュース・|政治|政局

 立憲民主党の枝野幸男代表は21日、国民民主党などに提案した政党合流に関し、合流するかどうかの結論が年明けになる可能性に言及した。さいたま市での講演で「1、2週間で当面の結論は出ると思うが、年末の間なのか、年始なのかは分からない」と述べた。

 枝野氏は年内に結論を出すべきだとの見解を表明していたが、国民との協議の進展具合によって柔軟に対応する考えを示した形だ。

 その後、記者団に対し、来年1月20日召集予定とされる通常国会に触れ「冒頭に衆院解散があるかもしれないが、解散が具体的になってから動くことは有権者に理解されない」と強調。「通常国会が始まるまでに何らかの結論が出るだろう」とも語った。

北朝鮮・金正恩はトランプ大統領を舐めきっているよネ!

 ベトナム・ハノイで今年2月に米朝会談が行われたのだが決裂した。
 それ以降北朝鮮が米国に対して手厳しい批判を繰り返し、ミサイル発射を繰り返してきた。
 しかし、トランプ大統領は金正恩とは仲の良い友達だと言って我関せずを貫いている。

 このトランプ大統領の言動を見切った金正恩は好き放題やりたい放題だ。
 何を云っても何をやっても、トランプは軍事行動はしてこないとというわけだろう。

 前回はクリスマスには良いプレゼントが待っていると挑発したが、何もないようだネ・・・
 今回は米国に「痛い目に遭う」と挑発したのだが・・・米国トランプはやはり腰を引いたままなんだろうナァ(笑)

 原子力空母を日本海にでも派遣すれば少しは大人しくなると思うが、トランプ大統領はやらないだろうネェ(笑) 

北朝鮮、人権状況批判した米国は「痛い目に遭う」と警告
12/21(土) 20:56配信
AFP=時事

【AFP=時事】北朝鮮は21日、人権状況をめぐって同国政府を批判した米政府に対し、そうした発言は緊張を悪化させるだけで、米国は「痛い目に遭うことになる」と警告した。同国の非核化をめぐる米国との交渉は暗礁に乗り上げている。

 米国務省高官が北朝鮮の人権状況を批判したことを受け、国営朝鮮中央通信(KCNA)は、同国の外務省報道官が米国側のそうした発言は「燃え盛る火に油を注ぐように」朝鮮半島情勢の緊張をさらに悪化させるだけだと非難し、米国は「痛い目に遭うことになる」と述べたと報道している。

 今年2月にベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わって以来、非核化協議は行き詰まりを見せている。【翻訳編集】 AFPBB News

韓国経済崩壊寸前 困窮の極み 日韓首脳会談に望み(笑)

 韓国経済が崩落寸前だという。
 中国との貿易が下降線を描き、日韓関係悪化が拍車をかけているという。
 そして、外国資本も次々と撤退し、ウオン売りも加速しており四面楚歌の状態だという。

 マァ、これは文在寅の一人相撲のなせる業だから自業自得だ笑)
 精々苦しむことだ!

 望みは、24日の中国での日韓首脳会談なのだが・・・安倍総理も腹を据えてかかってくださいナ

「日韓対話」再開の裏に韓国経済の窮迫化! 対日関係悪化で「株安・ウォン売り」加速

2019年12月20日 17時22分
ZAKZAK(夕刊フジ)

 日韓は輸出管理に関する政策対話を約3年半ぶりに再開した。韓国側は輸出管理体制の改善に取り組むと言い、今月下旬には首脳会談での日韓関係修復に期待している。

 背景には韓国経済の行き詰まりがある。中国経済の不振による影響に加えて対日関係の悪化は株安とウォン売りを誘っているばかりでなく、生産や所得を押し下げている。日韓関係を正常化させて金融市場のムードチェンジを図るしかない。日本側としては毅然(きぜん)と輸出管理、徴用工問題などでスジを通すだけだ。

 韓国経済の不振のきっかけは国内総生産(GDP)の約1割を占める中国経済の減速による。中国経済は昨年前半から失速し、昨年夏に始まった米中貿易戦争によって景気の悪化に加速がかかり、株価が下がり始めた。韓国企業の株式は海外投資家のポートフォリオ投資が高い比率を占める。韓国株売りは通貨ウォン売りに直結するので、株安とウォン安が同時進行しやすい。7月には日本の半導体材料などの対韓国輸出管理強化を受け、こうした下落トレンドに拍車がかかる事態になった。

 実体経済も不振がひどくなっている。7~9月期の実質生産前年同期比は繊維・皮革4・9%減、化学1・5%減、金属3・3%減、電気機器2%減、機械設備2・6%減など多くの産業分野でマイナスに陥った。ウォンは下落し続けたものの、輸出は伸びず、内需も落ち込んでいる。

 グラフは、韓国の最近の実質国内総所得、実質住宅建設と韓国株価の推移である。国内総所得とはGDPを所得面から見たもので、GDPとは最終的には一致するが、統計方法の関係で短期的にはかい離が生じる。それでも文字通り所得の実勢を表している。一目瞭然、住宅建設と株価は昨年秋から下がり続け、実質所得も今年に入って以来前年比減のトレンドに陥っている。実質GDPは2%台のプラス成長を維持しているが、所得面ではマイナス成長というわけだ。

 もう一つ見逃せないのが住宅建設の動向だ。グラフが示すように、昨年後半から住宅建設は実質ベースで前年を下回るようになり、この6~9月期は前年比で2割近くにまで落ち込んだ。韓国は家計債務のGDP比が9割を超え、日本の同58%、米国の76%をはるかにしのぐ。それを可能にしているのが韓国独特の住宅賃貸制度「伝貰(チョンセ)」だ。借り手は家賃を払う代わりに、契約時に住宅価格の5~8割程度を貸し手に払う。住宅市場が崩れ出すと、家計債務問題が一挙に表面化し、信用パニックが勃発しかねない。

 グラフが示すのは、韓国の生産、所得、そして金融という経済全般の急激な落ち込みだ。株価は今月、米中貿易戦争の部分的な「休戦」によって多少持ち直しているが、中国経済の減速は相変わらずだ。日本との経済関係を正常化させ、自国経済難の打開につなげたいと願っているはずだ。(産経新聞特別記者・田村秀男)


対韓国輸出見直し このようにして少しずつ韓国ペースへ(蔑笑)

 政府の弱腰部分が出てきたようですナァ(笑)・・・
 これまで「レジスト」を韓国に輸出する際、個別の取引ごとに申請書を提出する必要があったのを、今回の見直しによって、特定の条件を満たした企業に限って、3年分の許可を一括認めるというのだ(笑)

 このようにして少しずつ韓国ペースになっていくんだろうネェ。
 日本の本質である「相手が可哀想」との思いでの見直しなのだろう。

 少し時間は立ったが、韓国人としてはしてやったりという思いだろうヨ。
 24日の日韓首脳会談、大幅譲歩を匂わすような発言をしなければ良いのだが・・・最近の安倍晋三総理は弱気の部分が出ているから分からないよネェ。

 韓国向け輸出管理、経産省「手続きの一部見直し」

12月20日(金)20時41分 TBS

 日本が韓国への輸出管理を強化した3品目のうち、半導体などの材料「レジスト」について、経済産業省は輸出の手続きを一部、見直したと発表しました。

 経産省によりますと、これまで「レジスト」を韓国に輸出する際、個別の取引ごとに申請書を提出する必要がありました。今回の見直しにより、特定の条件を満たした企業に限り、3年分の許可を一括で得ることができるようになったということです。

 今回の見直しについて、経産省は「十分な実績が積み上がったため」だとする一方で、「輸出管理の緩和ではない」と強調しています。

 これを受け、韓国大統領府の関係者は「今回の措置は、日本政府が自発的にとったもので、一部進展とみることもできるが、輸出規制問題の根本的な解決策としては不十分だ」とのコメントを出しました。(20日20:29)

国を挙げての高齢者イジメが始まりますか

 警察庁が高齢運転者に実車試験も導入するという。
 マァ、高齢者の事故が多いからという理由だが、特定の違反歴がある者に対して、免許更新時に実車試験を導入するというわけだ。

 高齢者以外の年齢層と比較してもそう極端に多いとは思わないが・・・どうでしょうかネェ・・・

 そうでない人でも信号無視、速度違反等悪質運転をする者もいますがそんな連中も対象にしたらどうですかネェ・・・
 それなら納得もしますが・・・

 警察庁が出した「高齢運転者対策のポイント」は
〇 道交法を改正し、一定の違反をした高齢者に「運転技能検査」を創設
 義務化する
〇 検査に合格しなければ免許の更新不可とする
〇 対象年齢は75歳以上か80歳以上で検討する
〇 安全運転サポート車が条件の限定免許を導入する
〇 対象車種は技術の実用化を見極めて決定する

というものだ。でもネェ、これ高齢運転者以外の悪質違反者にも適用したら如何ですかネェ。

 それにしても高齢者はイジメられていますわナァ・・・
 75歳以上の高齢者が、免許更新時に受ける「認知症」検査も厳しいと思うよ、若い人でも16のイラストを見せられて、他の講習を受けた数分後、いくら覚えているか記入しなさいという検査・・・若い人でも16全て覚えている者がどれだけいますかネェ・・・

 高齢者イジメはそれだけではないですワナァ・・・
 これから75歳に達する者は、医療費負担が2割になるという。
 
 年金は減らされ医療費は値上げ?されますから、治療も遠慮しないといけないですナァ。

 高齢者は自動車の運転も縛られ、免許の返納も積極的にやれとばかり、国を筆頭に周囲の者まで急かしている。

 自転車に乗って買い物に出れば「ふら付いて危ないから自転車に乗るな」と言われ、日が暮れて近くのコンビニに行けば車にはねられて死傷するから出歩くなと言われる。

 ひとり暮らしの年寄りはどうすれば良いのかネェ・・・

 一層の事80歳に達したら国が「姥捨て荘」に収容して、死ぬまで面倒を見る法律でも創れば如何ですかネェ(卑笑)・・・


 

 

その場しのぎの「徴用工法案」 安倍政権完全無視?

 韓国の文喜相議長の「徴用工提案」については安倍政権は完全無視をするようだ。
 それはそうだよナァ、徴用工賠償については1965年の「日韓請求権協定」で完全解決しているのだから、今さら蒸し返して「日韓
双方で金を出し合って徴用工に賠償として支払いましょう」という法案はチャンチャラおかしいというものだ(蔑笑)

 韓国政府が支払えば良いだけの話だろうが。
 それを日本を巻き込んで自分達は逃げようとしている。

 寄付金の金が集まっていくばくかの金を元応募工に払ったら、後は財団を解散してしまうサ(笑)・・・慰安婦癒し財団のようにネ(笑)
 そのばしのぎの思い付きの法案なんぞ誰が信用できる?・・・ 

 マァ、安倍総理には24日の首脳会談の場でハッキリ言い切った方が良いですぞ!
 変に躊躇したような言葉でも発したら、自分たちの都合の良い解釈で日本批判をすること間違いなしだ(大笑)
 その程度の国だヨ韓国と言う国は・・・

 韓国・文議長の徴用工法案、安倍政権“完全黙殺”か 過去には慰安婦問題の財団を勝手に解散 岸田政調会長「説得力なし」
「元徴用工」韓国“異常”判決問題

2019.12.19 ・夕刊フジ

 安倍晋三政権の毅然(きぜん)とした対韓姿勢が明らかになった。韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が18日、いわゆる「元徴用工」の異常判決の解決策という法案を提出したが、官邸側は「国際法違反を是正せよ」という基本方針を崩していないのだ。自民党の岸田文雄政調会長も「(法案に)説得力があるのか」と語っており、完全黙殺に近そうだ。

 文議長が与野党議員らと国会提出した法案は、日韓の企業と国民が自発的に募った寄付金で財団を設立し、徴用工や挺身隊員だったと主張する「強制動員被害者」に「慰謝料」などを支給する内容だ。

 元徴用工らが受け取った場合、韓国最高裁判決による日本企業の韓国内資産差し押さえの強制執行の請求権、または裁判請求権を放棄したものと見なすと規定されているという。

 文議長は、昭和天皇を「戦犯の主犯」と呼び、「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」を突き付け、日本国民を激怒させた人物である。

 夕刊フジは17日発行紙面で、同法案を「噴飯法案」として、(1)いつの間にか「被害者」の範囲が広がっている(2)元徴用工が「慰謝料」を受け取るかは自由なため、日本企業に裁判を続けられ、抜本的解決にはつながらない(3)そもそも、日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的な解決」をしている-などと問題点を指摘した。

 これらは、日本側関係者の共通認識といえる。

 官邸関係者も「韓国には、日韓関係の根本である日韓請求権協定の違反状態を是正し、国と国との約束を遵守することを求める」「原則を守ることこそが、両国関係を健全に戻せる」と突き放している。

 外相を約4年8カ月も務めた岸田氏も18日のBS-TBS番組で、「慰安婦問題の財団を勝手に解散した国が新たな財団を作る提案をする。どこまで説得力があるのか」と法案に否定的見解を披露し、「この前段階で、約束したこと、条約をしっかり守ることが大事だ」と強調した。

 隣国の茶番劇に付き合う必要はない。

日韓首脳会談? 日本へのイヤガラセを止めろと言えよ!

 24日に中国四川省で日韓首脳会談を行うことが決まったという。

 会談は仕方ないにしても、今まで主張してきた韓国の国際法違反について「国家間の約束を守る」ことは絶対に譲ってはならない。

 そして、安倍総理に絶対に言ってもらいたいことが有る。
 日韓の関係修復を願っているのであれば、「日本製品不買運動、日本への観光ボイコット、旭日旗問題、火器管制レーダー照射、東京五輪に絡む放射能問題等々の日本に対するイヤガラセを止めた上で会談をしたいものだ」くらいは言ってほしいですナァ(笑)

首相、韓国大統領と24日に会談

政府が中国訪問の日程発表

2019/12/19 20:59 (JST)12/19 22:58 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 政府は19日、安倍晋三首相による中国訪問の日程を正式発表した。23日に北京で習近平国家主席と会談、24日には四川省成都で日中韓3カ国首脳会談、韓国の文在寅大統領との個別会談に臨む。25日に中国の李克強首相と会談して帰国する日程だ。茂木敏充外相も同行する予定。

 文氏との正式会談は、昨年9月以来約1年3カ月ぶりとなる。両国関係悪化の発端となった元徴用工訴訟問題や日本の対韓輸出規制について協議する。関係改善に道筋を付けられるかどうかが焦点となる。

 習氏との会談では、来年春に予定する習氏の国賓来日を見据え、両国関係を発展させる必要性を確認する。

韓国の高校生が「反日教育」について赤裸々に語る

 日本でも、韓国での偏った反日教育が行われていると報道されているのだが、この度、現役の高校生がその実態の一部を赤裸々に語っている。 

「日本は敵、北朝鮮は友!」 韓国“反日教育”の実態を現役高校生が暴露!

2019年12月18日 6時0分
文春オンライン

「僕たちが通う仁憲高校では、反日行為の強要が日常的に行われてきました。先生たちは社会通念上、決して許されないことを言っても、それが反日を煽るものであれば、全て正しい教育であるかのように振る舞ってきた。仁憲高校は教師の支配下にある、『反日マシーン養成所』なのです」
6c30e_1386_362cf904249d8ad621d43db7dd6c8cf7.jpg
【写真】韓国の高校生が反日スローガンを叫ばされたマラソン大会

 こう語るのは韓国・ソウル市にある仁憲高校3年生の金花浪君だ。10月23日、生徒たちが「反日行為を強要された」として仁憲高校の「反日教育」を批判する会見を開き、韓国内でも大きな話題を呼んだ。


 今回、同校3年生で、生徒たちが立ち上げた団体「仁憲高校学生守護連合」の代表である金花浪君とスポークスマンの崔仁鎬君の二人が初めて日本メディアの取材に応じ、弁護士同席のもと、反日教育の実態を赤裸々に語った。


金花浪君

反日スローガンを叫べ!
 彼らが会見を開くきっかけとなったのは10月17日に校内で開かれたマラソン大会だった。教師が生徒に対し、「安倍自民党は滅亡する!」、「日本の経済侵略に反対する!」など反日スローガンを叫ぶことを強要したという。

崔 反日スローガンの書かれたポスターを持たされ、大声で叫べと言われ、生徒たちは従わざるをえなかったのです。

金 マラソン大会は1、2年生が参加した行事ですが、疑問に感じた後輩が動画を撮影していて、僕たちに相談をしてきたのです。動画を見た僕と仁鎬はすぐに抗議の声を上げることを決意しました。

 金君と崔君が抗議の声を上げると、多くの生徒からマラソン大会以外にも反日行為を強要された事例が数多く寄せられた。そのほとんどは授業の場で日常的に行われてきたものだという。


金 歴史の先生たちからは、「日本は敵で、北朝鮮は友人だ」と考えている様子がありありと感じられました。「日本は昔の軍国主義が頭を離れず、世界を征服したがっている。アメリカと日本は韓半島を分断させ、南北統一されることを妨害しているんだ」といったことを平気で言いますから。ありえない妄想ですよ。

「不買運動やってるか?」

 今年7月に日本が対韓輸出規制を行って日韓関係が悪化すると、教師による反日行為の強要もエスカレートしていったという。

崔 僕が国語の授業が始まるのを待っていると、教室に入ってきた先生が開口一番、「お前ら、ちゃんと日本製品の不買運動をやってるか?」と聞いてきたこともあります。その先生は以前から個人的に不買運動を実践してきたそうですから、生徒に対しても、「当然、やるべきだ」と圧力をかけてきたわけです。

 不買運動のターゲットにされたのは、韓国全土で100店舗以上を展開するユニクロだ。

崔 やっぱり先生の影響力は大きいからね。よくわかっていない生徒は、「私もユニクロを買うのをやめます」と言っていたよ。ほかにも、どれくらい反日製品の不買を実践したか、一人ひとりに発表させる先生もいました。


金 ユニクロは日本企業の代名詞としてよく批判されることがあるけど、ユニクロ側に問題があるとは思えません。ちょっと反日感情がいきすぎてる気がするけど。

崔 だけど、ユニクロを毛嫌いしてる子なんて少数じゃないかな。僕はユニクロで買い物をしたことがないけど、いい商品があれば着ると思う。いまは好みの服が売ってないだけで(笑)。

 金君は「文藝春秋」の取材に応じた理由をこう説明した。

金 僕らは隣同士の国ですから仲良くした方がいいに決まっている。韓国にも僕たちのように、韓日関係を改善したいと願っている人や、いきすぎた反日行為に眉をひそめている人はたくさんいます。それを知ってもらいたいと思って、今回、日本メディアの取材を受けることにしたのです。


「文藝春秋」1月号および「文藝春秋digital」掲載の「韓国高校生は『反日教育』に反対します」では、金君と崔君が抗議の声を上げるきっかけとなったマラソン大会当日の様子や、仁憲高校の教師たちが大学受験を「人質」にして反日行為を迫った実態について詳述している。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年1月号)

乞食根性が捨てられない韓国(笑) 徴用工法案提出

 ついに出しましたか(蔑笑)
 1965年の日韓請求権協定で全て解決したのを蒸し返して、また日本から金を無心したいと言うことだ。
 つまり物乞いをすると云うことだらネェ(蔑笑)・・・

 韓国内だけで解決するのであれば、ご瑞にどうぞで事は済むのだが、日本国と日本企業、個人からの寄付を募る形を取っている。
 どうあっても、日本を引っ付けておいておきたいという乞食根性丸出しの法案だ(笑)

 日本の国も企業も個人も一切無視して貰いたいネェ・・・
 でもネェ、日本でも国会議員の中、それも与党の中から同調するバカが居るから始末に負えないわナァ(笑)
 
韓国議長、元徴用工解決案を提出

寄付金支給、関係改善狙い

2019/12/18 19:24 (JST)12/18 19:45 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は18日、日韓の企業や個人から集めた寄付金を元徴用工らに支給する法案を国会に提出した。来週の実施が調整されている日韓首脳会談を前に、最大の懸案である元徴用工問題の解決案を示し、関係改善の足掛かりにしたい考え。

 文議長と超党派の議員13人が共同提出。文議長は「悪化の一途をたどる韓日関係が、過去を直視すると同時に未来を志向する関係になるきっかけとなることを望む」とコメントした。ただ、元徴用工側からは日本の謝罪が前提になっていないと反発もあり、可決までには曲折が予想される。

 

立憲・国民 控室の壁ぶち抜き 工費は税金だよネ

 立憲民主党と国民民主党の合流に伴い、衆院内の控室の壁をぶち抜いて広くするという。
 工費はどのくらいかかるのだろうかネェ・・・勿論税金なんだろう?

 また分裂したら壁が復活するんだろうナァ(笑)
 
国会控室、一足先に「合流」 立・国が壁抜き工事

12/18(水) 11:28配信

時事通信

国会控室、一足先に「合流」 立・国が壁抜き工事

 衆院内の立憲民主党と国民民主党の控室の壁抜き工事を見守る立憲民主党の安住淳国対委員長(左)=18日午前、国会内

 衆院内の立憲民主党と国民民主党の控室を隔てる壁を取り払う工事が、18日午前に始まった。

 共同会派を組んだことに伴う措置だが、両党は17日の党首会談で合流に向けた協議開始で合意しており、控室が一足先に「合流」に向け具体的に前進した格好だ。

 工事は来月中旬に完了し、壁を取り払った後の部屋は、代議士会などで使用する予定。工事を見守った立憲の安住淳国対委員長は記者団に、「自民、公明両党を相手に戦っていくには、壁の一つや二つ乗り越えていかないと駄目だ」と強調した。 

旧民主党が復活するだけ 立憲と国民の合流(大笑)

 立憲民主党と国民民主党が合流すると言う(蔑笑)
 何のことは無い仲違いしていた連中が元の鞘に納まり、あの「悪夢」のような政治を目指すらしい(大笑)

 それはそうだよナァ・・・
 元々仲良く?やっていたんだからネェ・・・それが政権を自民党に奪われ、国政選挙では毎回敗北を期すことになって分裂しただけだもの。
 国会議員に留まるためには、形だけでも党が大きい方が良いからネェ(笑)

 マァ、党が合流したとしても、やることは国家万民の事ではなく、与党連中の言葉尻やクソみたいなことを穿り出して、国会審議の貴重な時間を費やして歳費を貰うだけだモノ・・・タカは知れているサ(蔑笑)

 一層の事「民主党」と改名したら? 国民には分かりやすい(笑)
 
立民・国民代表が協議入り合意 政党合流巡り会談

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は17日、国会内で会談し、政党合流について両党幹事長間で協議入りする方針で一致した。会談後、そろって記者会見し、枝野氏は「さまざまなことについて早急に話し合いを始めることで合意した」と表明した。玉木氏は「党内での(議論の)経緯を説明した」と語った。

 合流は枝野氏が6日に国民などへ提案。玉木氏は党内議論の場で、党名や政策、人事に関する「対等な立場」での協議と、衆参一体での合流、参院の立民と国民の信頼醸成の3条件を前提に交渉すると説明してきた。これに対し、枝野氏は立民の理念や政策を維持する考えを示していた。

(共同)

2019121701002474.jpg

 党首会談に臨む(左から)国民民主党の平野幹事長、玉木代表、立憲民主党の枝野代表、福山幹事長=17日午後、国会

日韓首脳会談で日韓関係改善されない74%

 今月末、安倍総理と文在寅大統領が首脳会談を行うが、この会談で日韓関係が改善されるか?との問いに、日本国民は74パーセンチが「改善されない」と答えたという。
 もう少し多いと思っていたが・・・マァ妥当なのかナァ。

 それだけ韓国のやることには信頼を置けないと言うことなのだろうネェ(笑)

日本人の74%、「韓日首脳会談で韓日関係改善されると思わない」

2019年12月16日 10時58分
中央日報

日本人の74%が韓日中首脳会議を契機に開催される韓日首脳会談で韓日関係が改善されると考えていないことが明らかになった。

読売新聞は16日、18歳以上の有権者を対象に13~15日に世論調査をした結果、今月下旬に予定された首脳会談で韓日関係が改善に向かうと思うかとの質問に「思わない」という回答が74%に達したと報道した。「思う」という回答は16%にとどまった。

韓国が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を終了せず協定を当面維持することに決めたことに対しては64%が「評価する」と答えた。「評価しない」という回答は22%だった。



日韓対話で合意、その場しのぎの合意は直ぐ反故にされる(笑)

 日本の「輸出見直し」で窮地に陥っている韓国。
 漸く日韓局長級真対話までたどり着きシメシメと思っているのだろうネェ(笑)

 輸出見直しやホワイト国除外を現状に戻してほしいのであれば、日本製品不買運動、旭日旗批判、五輪ボイコットや放射能批判等を引っ込めて応じれば良いものをそれはしない(笑)
 そういう面では、日本側は相当譲歩した対話なのだ。

 韓国は、ちょいと虫が良すぎはしないかネェ(笑)

 マァ、現在は局長級の対話を継続することで合意したらしいが、これが大臣クラスで合意し署名までいったとしたら、数年後にはまた反故にされることは目に見えている(笑)
 何しろ韓国は国家間の約束事を簡単に破っても痛痒を感じない国だヨ・・・
 これだけは努々忘れないよう話し合ってくださいな!

日韓が輸出規制で局長級会合、対話継続で合意

12/16(月) 21:41配信
ロイター

[東京 16日 ロイター] - 日韓両政府は16日、輸出規制を巡る局長級の政策対話を3年半ぶりに再開した。日本が7月に半導体材料3品目の輸出管理を強化して以降で初めて。韓国側が求めていた輸出管理厳格化の見直しなどには至らなかったが、両国とも相互理解が進んだとの認識を明らかにした。

両国は対話を継続することで合意。次回会合はソウルで開催する。

梶山弘志経済産業相は会合終了後、記者団の取材に対し「両国の輸出管理制度・運用についてのさらなる改善状況をアップデートすることも含め、今後も輸出管理政策対話と意思疎通を継続していくことに合意した」と述べ、次回会合の開催を「近い将来」行うことを明らかにした。

韓国側からは李浩鉉(イ・ホヒョン)産業通商資源部貿易政策官、日本側からは飯田陽一・貿易経済協力局貿易管理部長などが出席し、午前10時から行われた。午後5時だった終了予定時間を3時間超オーバーし、午後8時過ぎに終了した。

梶山経産相は「両国の輸出管理制度・運用について専門的観点から幅広く議論をされ、相互の理解を促進することができた」と評価。会合に出席した飯田部長も「信頼回復に向けて前に進んだ」とした。

韓国の李政策官は、日本が輸出管理を厳格化した7月以前の状況に戻るべきとする一方で、「互いの制度について理解が進んだ」と述べた。

日本は韓国側の輸出管理体制に不備があるとして、半導体材料3品目を韓国向けに輸出する際、個別許可制にするという厳格化措置を行っている。今回の会合で韓国側がこうした措置の見直しを求めたかどうかについては「具体的な発言にはコメント控える」(飯田部長)とし、明らかにしなかった。

梶山経産相は、韓国側の体制について「対話を重ねる中で、判断をしていく」と述べるにとどめた。また、飯田部長も「理解が進んだ部分と見解が違う部分がある」とし、懸念が解消されたかどうかについても「現時点で、韓国の輸出管理体制解消云々は控える」とした。

*見出しを修正しました。

(清水律子 編集:久保信博)

韓国、イイランの石油代金、借りたものは返さない! 伝統です(大笑い)

 韓国の体質、盗ったものを返さないだけでなく、借りたものも返さないのが韓国。
 日本だけかと思ったがイランに対してもやってんだ(大笑)
 石油を購入したのに代金を払わないのだ。イランが怒って代金日本円で約6500億円を払えと抗議しているという。
 でも彼の国、いつものことですっとぼけて無視しているというから凄いよネェ(笑)・・・・


イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国外交、中東でも非常事態

2019年12月14日 8時40分
朝鮮日報

米国による制裁で決済不能、イランは先月韓国大使を呼んで異例の抗議

韓国政府は特使を派遣するも成果なし

ホルムズ海峡の有志連合参加も大きな負担

 イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン(約6500億円)に達するという。イラン中央銀行なども韓国大使に「代金を決済するための韓国側の努力が足りない」と不快感を伝えたようだ。イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部(省に相当)が先月末に急きょ特使を派遣し、問題の表面化を避けようとしたこともわかった。これについて韓国大統領府は12日、イランから近いホルムズ海峡を守る有志連合に韓国軍を派遣する方向で検討中と発表したため、これについてもイランからの激しい反発が予想されている。米国、中国、日本との関係が悪化する中、中東外交でも大きな問題が表面化しつつあるのだ。

 複数の関係筋によると、イラン外務省は先月中旬、テヘラン駐在のユ・ジョンヒョン韓国大使を呼び、IBK企業銀行とウリ銀行の口座に9年にわたり預けられているイラン中央銀行名義の預金およそ7兆ウォンについて、これを早期に引き出せるようにしてほしいと要求した。この口座の金利はほぼ0(ゼロ)のため、預金される期間が長いほどイランにとっては損失となる。イラン外務省の関係者は「米国の制裁対象になっていない医薬品や食料品の輸出入代金の決済はその気になれば可能だ。ところが韓国政府はまともに対応しない」と主張している。イラン中央銀行やイラン保健省などの関係者もユ大使に会って問題の解決を要請した。ソウルのイラン大使館も最近韓国外交部の担当者に何度も会い、韓国側の対応に数々の問題があると指摘したようだ。

 事態の悪化を受け、韓国外交部は先月25?27日にかつてイラン大使を歴任したソン・ウンヨプ韓国国際協力団(KOICA)理事をイランに派遣した。当時韓国外交部はソン氏が率いる使節団を「経済協力代表団」と説明し、通常の外交交流のように装った。しかしソン理事には何の権限もなかったため、この対応は逆にイラン政府の怒りに油を注いだようだ。

 韓国外交部は「イラン側の立場は理解する」としながらも「米国の制裁によってイランの求めには全て応じられない」と説明している。ユ大使もソン理事もイラン政府関係者に対し「最近米国の制裁が強化され、韓国の企業も銀行も完全に萎縮している」と説明したという。外交部は制裁対象になっていない品目の輸出入代金については早期に決済ができるよう米国側と協議を行う意向も伝えた。

 今回の事態は今年5月、韓国が米国から「イラン制裁の例外国」として認められなかった時から事実上予想されていた。当時、韓国は他の例外国とは違って制裁対象になっていない超軽質原油だけをイランから輸入していたため、韓国外交部は「韓国は例外国の延長が認められる可能性が高い」と自信を持っていた。ところが蓋を開けてみると例外国にならなかったため、韓国の企業と銀行は米国による制裁の影響をまともに受けてしまい、韓国とイランの貿易も事実上の「断交」レベルとなってしまった。企業銀行もウリ銀行もイラン中央銀行名義となっているウォン口座を事実上凍結し、貿易代金の決済も中断した。

 イランとの対立はホルムズ海峡への派兵問題も重なり、今後さらに悪化する可能性が高い。イランのロウハニ大統領は今年9月末の国連総会での演説で「(ホルムズ海峡に)外国の軍隊が駐留すれば、航海と石油運搬の安全が脅威にさらされる」と述べ、ホルムズ海峡の警備にあたる米国など各国による有志連合の結成に反対した。イランは先日韓国船を拿捕したイエメンの反政府武装勢力、レバノンの武装勢力ヒズボラ、イラク政府などと緊密な関係を維持している。これについてある外交部OBは「韓国政府は今からでもしっかりと対処し、関係悪化を防がねばならない」と指摘した。


小泉叩き、原発ダメ! 石炭ダメ! ジャァ日本の電力は?

 小生、個人的には小泉進次郎は好きではないし応援しようとも思わない。
 でもネェ、環境大臣に就任した後のメディアの小泉叩きはすさまじいものがありますナァ・・・
 小泉進次郎大臣の言葉尻を捉えて叩く叩く・・・

 国連での「セクシー」発言は典型的なものだが、取り敢えず言葉尻を捉えては批判している。

 今回は、スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で世界的に火力発電所を減らそうという中で、日本が積極的ではないと批判された。
 これを捉えて小泉批判をしている。

 でもネェ、皆さん考えても見てくださいナ・・・
 日本国内では「原子力発電所」廃止論が強いわナァ・・・特に父親の純一郎が「原発廃止」を訴えている。
 その為、国内の電力需要を賄うため「火力発電所」をしっかりと稼働させないといけない。
 でも国外では石炭を多量に使用する「火力発電所」を減らせと云われる。

 現在の日本の電力、原発と火力発電に頼り切っている。どちらも止めたら日本の電力供給はどうなりますかネェ・・・
 太陽光発電と風力発電ですか?  夜間は全国一斉に停電でも構わないのかナァ・・・国民はそれを認めますかネェ。
 否、国民の皆さんそれでも良いのですか?

 電力の供給、止めるのは簡単ですよ!

 国内と国外の板挟みになって苦労しているのが小泉進次郎環境大臣ですワナァ・・・
 
「日本の存在高まった」と小泉氏 石炭祭りと日本批判を自嘲

12/15(日) 23:18配信

共同通信

 【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した小泉進次郎環境相は15日、帰国前に会場で報道陣に「交渉成立に向けて積極的に貢献し、日本のプレゼンス(存在感)が高まった」と成果を強調した。

 小泉氏は9日に現地入りし、11日の閣僚級会合で演説した。二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電を巡り批判の的になり「冒頭は石炭祭りだった」と自嘲気味に話した。批判は日本への期待の裏返しだとも主張した。

 一方で合意を目指し各国閣僚らと30回以上、会談を重ねたと積極姿勢をアピールした。

民主党政権は恐ろしいことをしようとしていた? 慰安婦問題で公的責任を認める?

 民主党政権時代の2012年、この時は野田佳彦が総理大臣だったのだが、韓国の慰安婦問題について「国家責任」を認めるよう求めてきたとき、野田佳彦政権(当時、以下同)が、存命の被害者全員に駐韓日本大使が直接謝罪し政府予算で人道的措置を取る収拾案を提示し、「公的責任」を事実上認めようとしていたことが分かった。
 
 恐ろしいですネェ・・・
 当時の朝鮮(日本もそうだが)は困窮者が多く、親が生活のために我が娘を売春婦になるよう説得し、売春業者(殆んど朝鮮人)に売り飛ばしていた時代だ。
 それを野田佳彦政権は、日本国が強制的に関与したと主張する韓国側の要請を認めようとしていたのだ。
 史実を曲げた要望を認めようとしていたとはネェ・・・

 その時は欲をかいた韓国が拒否したので助かったが、なんともはや民主党政権は恐ろしいことを企んでいたものだ。

 この問題「桜を見る会」どころではないと思いますがネェ(笑)
 
慰安婦で謝罪と「公的責任」提示

12年、韓国要求で折り合えず

2019/12/15 21:00 ©一般社団法人共同通信社

 従軍慰安婦問題が日韓間の懸案に再浮上していた2012年春、「国家責任」を認めるよう求める韓国に野田佳彦政権(当時、以下同)が、存命の被害者全員に駐韓日本大使が直接謝罪し政府予算で人道的措置を取る収拾案を提示し、「公的責任」を事実上認めるものだと伝えていたことが、15日までの双方の元高官らの証言で分かった。

 韓国の元高官は、日本が国家責任を「明言せずとも否定しなければ受け入れる」と逆提案をしたが折り合えなかったと指摘。結局同年8月に李明博大統領が竹島(韓国名・独島)に上陸し関係悪化が決定的になった。

拉致問題? 口だけでは解決しないゾ 菅官房長官殿

 菅官房長官が拉致問題で「最大限努力する」と言っているが、口先だけでは絶対に解決はしないサ(笑)
 それはネ、北朝鮮は日本は口先だけの国と見くびっているからサ(笑)

 憲法に軍隊がしっかりと明記され、米軍に依存することなく日本独自で国を護るべき軍事力が備わっていれば別にして、北朝鮮から見れば日本の言っていることは犬の遠吠えにもならないだろうネェ(笑)

 解決方法は三つしかあるまい。
 一つは、強力な軍事力を保持し北朝鮮に圧力を掛ける。
 二つ目は、備蓄の米を筆頭に経済支援を全面的に行う・・・マァこれは犯罪者に塩を送るようなものだからどうかとは思うが止むを得ないだろうネェ。
 三つめ、北朝鮮の独裁が終了すれば・・・

 それ以外は安倍総理が存命中でも無理だワ(笑)

拉致問題解決「最大限の努力」

12月14日(土)18時35分 TBS

 北朝鮮の人権侵害問題啓発週間に合わせて開かれた政府主催のシンポジウムで、菅官房長官は、政府の最重要課題として拉致問題の解決に取り組む考えを強調しました。

 「全ての拉致被害者の1日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けている」(菅義偉官房長官)

 菅長官は「被害者も家族も高齢となる中、もはや一刻の猶予もない」と述べるとともに、引き続きアメリカなど関係国との連携を深める考えを示しました。(14日16:16)

韓国のソ・ギョンドク教授 日韓の歴史を勉強して言えヨ!

 韓国のソ・キョンドク教授が茂木外相に「歴史の勉強をしてください」と抜かしたらしい。
 このソ・ギョンドクなる男が教授? 貴様の方が日韓併合時から勉強したらどうだね(蔑笑)
 困窮していた朝鮮半島民が如何に進化したをしっかり勉強してモノを云いなよ(蔑笑)

 朝鮮人も旭日旗を持って米英豪と戦っている真実はどうするのだ!
 ナチス旗と混同してモノを云っているが、ナチス旗はヒトラーという個人の旗だヨ、ドイツの旗では無いだろうが(笑)
 旭日旗は日本の旗だ。 そんなことも分からないんだ(蔑笑)

 自分たちが日本から受けた利になることを勉強もせず、負の事ばかり調べるからおかしくなるのだ!
 教授ならそれらすべてを把握したうえで批判すべきだろう!

 マァ、こんな碌でもない奴等が教授だから「ノーベル賞」なんてとれるわけがないわナァ(蔑笑)


ソ・ギョンドク教授、日本の外相に「歴史の勉強をしてください…恥ずかしくないのですか」忠告
2019.12.13|8:50 カイカイ反応通信

ソ・ギョンドク誠信女子大教授が、日本の茂木敏充外相に「歴史の勉強をしてください」と厳しい忠告を与えた。

13日、ソ・ギョンドク教授は、自身のSNSを通じて、「(日本の外相は)旭日旗がドイツのハーケンクロイツのような戦犯旗であることを知らないのですか」とし、「日本外相として恥ずかしいではないか?歴史の勉強をしなさい」とツイートを飛ばした。これと共に、旭日旗が日本の帝国主義と軍国主義の象徴として使用された歴史的背景などを盛り込んだ日本語映像を添付した。

これは、文化体育観光部が最近ツイッターに、「旭日期は憎悪の旗」という内容の文章と写真を掲載したことに対し、茂木外相が「該当のツイートと関連し、韓国政府に抗議した」「日本の立場と矛盾しており、極めて遺憾」と反発したことによる対応だ。

ソ教授は、旭日旗とナチス旗が同じ意味の「戦犯旗」であることを一目で認識できるようにしたデザインファイルも添付した。

彼は、「世界的に世論戦を繰り広げ、来年の東京オリンピックで旭日旗が使用されることがないよう努力する」と述べた。

自分達で支持率を下げることをしているアホ政権 習近平の国賓扱い

 小生、自民党支持を堅持していると自負している者だが、ここに来てちょいとぐらつき始めましたナァ(笑)・・・

 過去にもブログでUPしているのだが、中国習近平主席の国賓での訪日のことだ。
 チベット、ウイグル、香港等で虐殺、不法拘束、残虐な取り締まり等々人権的問題を自ら引き起こし、世界中から非難されている中国のトップを国賓で招くのはどうですかナァ。

 安倍政権だけでなく、自民党の支持まで下降させる愚策だろう!
 しかし、こんなバカなことを閣議決定してしまった(怒)

 「桜を見る会」の取り扱いもアホがやるようなことをしたり、この度の徹底して人権蹂躙を断行している習近平を国賓で招くなど考えられないことだ。

 自民党自ら国民の支持を下げている。完全にタガが緩んでしまっている。
 自民党なら何でもできると自惚れるのもいい加減にしろ!と言いたいネ!!!
 
習主席「国賓」方針変わらず 政府答弁書

12/13(金) 14:55配信

時事通信

 政府は13日の閣議で、来春に予定されている中国の習近平国家主席の国賓来日について「国賓として招聘(しょうへい)する方針に変わりはない」とする答弁書を決定した。

 国民民主党の前原誠司元外相の質問主意書に答えた。

 習氏の国賓来日については、自民党内の保守系議員を中心に混乱が続く香港情勢や沖縄県・尖閣諸島沖への度重なる中国公船の侵入などを理由に反対する声が出ている。 

米朝のなじり合い、米朝戦争勃発か? さて日本はどうする? 桜ですかネェ?

 米朝がなじり合っている。軍事力行使も考えているとも伝わっているのだ、ひょっとして米朝戦争勃発という可能性も無いとはいえないようだネェ

 そうなったら日本はどうすれば良いのかナァ・・・
 ただボウーと、傍観するだけではいけないだろうナァ・・・北朝鮮が日本国内にある米軍基地に向けて弾道ミサイルを発射してくることは十分考えられる。
 自衛隊の出動も視野に入れておかなければならないが、野党やサヨクメディアは反対するんだろうナァ・・・
 そうしている間に日本人は幾人も死んでいくことになると思うが、それでも野党は自衛隊の応戦に反対するんだろうし、そんな状態になっても野党は「桜を見る会」に血道をあげるんだろうナァ(笑)
 めでたいよネェ(大笑)

 野党は真剣に考えていた方が良いと思いますが・・・早急に自衛隊の身分を明確にしておいた方が良いと思いますぞ!

【夕刊フジ】
 米朝なじり合い!“第二次朝鮮戦争”警戒  官邸周辺「米、韓国へ気兼ねなく北へ軍事力行使も」 北「米に報復する準備できている」 (1/3ページ)
北朝鮮「非核化」どうなる

2019.12.13 

米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の発射実験(米、ミサイル防衛局提供) 米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の発射実験(米、ミサイル防衛局提供)

 朝鮮半島情勢が緊迫している。非核化をめぐる米朝協議の停滞にイラ立つ北朝鮮がクリスマスにも、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に踏み切る危険性があるのだ。ドナルド・トランプ大統領率いる米国と、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮による「チキンレース」。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近が「中国の核の傘入り」に言及するなど「レッドチーム入り」を示唆するなか、米軍の「北朝鮮への軍事作戦」へのハードルが下がっているとの見方もある。元米国防次官補も「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と重大警告した。



 国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日午前)、北朝鮮の「核・ミサイル問題」に関する公開会合を開いた。

 議長国である米国のケリー・クラフト国連大使は、北朝鮮に非核化協議への復帰を促したうえで、「(弾道ミサイル発射は)射程にかかわらず明確な安保理決議違反だ」といい、北朝鮮が「深刻な挑発行為」を再開するなら「相応の行動を取る用意をしなければならない」と言及した。

 これに対し、北朝鮮外務省報道官は12日、米国が「圧迫の雰囲気」をあおったと非難し、「われわれがどの道を選ぶのか、明確な決心を下すうえで決定的なきっかけを与えた」「相応の対応を取る準備ができている」と、ICBM発射再開も辞さない姿勢を強くにじませる談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮が、一方的に米朝協議の「交渉期限」とした年末に向けて、朝鮮半島情勢は一層緊迫しそうだ。

 世界最強の米軍は、軍事偵察衛星や、さまざまな偵察機を朝鮮半島周辺に飛ばして北朝鮮の動向を探る一方、「死の鳥」と恐れられるB52戦略爆撃機を日本周辺まで飛行させ、「北朝鮮への間接的警告」を行った。

 さらに、米国防総省は12日、地上発射型の中距離弾道ミサイルの発射実験を実施したと発表した。実験は、米西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で行われ、弾道ミサイルは500キロ以上飛行して、海に着水したという。「中国やロシアに対抗するため」と報じられたが、時期から見て、北朝鮮も意識しているのは間違いない。

 ■文政権の対応が半島危機を加速

 前出の国連安保理の公開会合で、韓国の趙顕(チョ・ヒョン)国連大使は「北朝鮮が国連安保理決議の義務を履行すると同時に、朝米(米朝)対話に乗り出すことを強く促す」と語った。聯合ニュースが伝えたが、文政権の対応が、朝鮮半島危機を加速させているとの指摘もある。

 日本の官邸周辺は「トランプ大統領が以前、『最近、韓国は北朝鮮からも連絡がないみたいだ。信頼されていないんじゃないか』と語っていたが、意味深長な発言だった」といい、解説した。

 「北朝鮮は、米朝協議をめぐる文政権側の情報・分析が間違っていたため、距離を置いた。一方、トランプ政権も文政権をまったく信用していない。『北朝鮮は戦略的な敵だが、韓国の左派政権(文政権)はもっと問題だ』という意見すらある。実は、トランプ政権が、米朝協議から韓国を引き剥がした。米国主導で締結した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる一連の問題でも、トランプ政権は一貫して日本側に立っていた」

そのうえで、中国の王毅国務委員兼外相が訪韓していた今月4日、文大統領のブレーンである、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が国際会議で、「もし、北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に『核の傘』を提供し、その状態で北朝鮮と非核化交渉をするという案はどうだろうか?」(朝鮮日報)と語ったことを指摘した。

 ■元米国防次官補が気になる発言 「発射台破壊」など軍事攻撃令用意

 前出の官邸周辺は「レッドチーム入りしたい文政権の本音であり、同盟国・米国への裏切りといえる。文政権は先月末、『GSOMIAの当面維持』を発表したが、もし、破棄していたら在韓米軍撤退の流れは加速しただろう。米韓の距離が広がることは、トランプ政権が気兼ねなく『北朝鮮への軍事作戦』を決断する可能性が高まる」と語った。

 こうしたなか、元米国防次官補による気になる発言があった。

 政治学者で、クリントン政権の国防次官補を務めたグレアム・アリソン米ハーバード大教授は12日、日本アカデメイア第1回「東京会議」で、北朝鮮の核ミサイル問題をめぐり、「非常に危険な展開」「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告したのだ。

 アリソン氏は、北朝鮮が核実験やICBM発射を続けた2017年11月までの状態に復帰した場合、トランプ氏が「ミサイル発射台破壊」など軍事攻撃を命じる用意があると指摘。「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」と語った。

 北朝鮮の弾道ミサイルは、日本全土を射程内に入れている。早急な対応が必要だ。

ホゥ! 招待状を勧誘にフル活用したのは招待状を出した方が悪いの?

 野党の連中が「桜を見る会」追及チームを編成して、総理周辺の粗探しを必死でやっている(笑)
 そうして探し出したのが、「ジャパンライフ」の「桜を見る会」への招待状活用だ。
 
 自慢げにメディアに公表しているがこれ印象操作だよナァ(笑)
 「招待状をこのように使用された安倍総理は悪い奴だ」というわけだ(笑)

 メディアの報道を見ると何か招待状を出した安倍総理が悪いことをした気な報道が圧倒的だ。
 でもネェ・・・
 招待状を貰ったものが額に入れて飾ることもあるだろう。
 招待状を周囲に見せびらかして自慢する者も居るだろう。
 自身の宝として金庫にいれて保管する者も居るだろう。
 商売のために「ジャパンライフ」のように客を取り込むために活用する者も居るだろう。

 等、でも、それら全て招待状を出した側が責任を持って把握しなきゃいけないのかネ。

 どのように利用されるかが分かるはずが無いだろう! それでも出した側が悪いと言うことになると招待状なんぞ出すわけにはいかないよナァ・・・
 
 招待状を貰って活用されたら何罪になるの?
 出した側がそんなに悪いことなの?
 野党はハッキリ言いなさいよ! 招待状を悪用されたから○○罪だケシカランとネ・・・言えないだろうがネ(笑)
 ただ「印象操作」するだけだろう! 時間のムダというものだ!
 国会素議員として他にやることは沢山あると思いますがネェ・・・


「桜」招待状、勧誘にフル活用=ジャパンライフ元店長となるとが証言—野党追及本部

12月12日(木)15時15分 時事通信

 マルチ商法を展開していた「ジャパンライフ」の元店長が12日、主要野党が国会内で開いた首相主催「桜を見る会」追及本部会合に出席し、元会長宛ての招待状を使った資料が顧客勧誘に「フル活用」されていたと証言した。
 この資料には招待状の実物の写真が掲載され、安倍晋三首相から元会長に届いたと強調して記されている。元店長によると、資料は元会長と担当部署が綿密な打ち合わせをして作成。全国各地の店舗でのセミナーで使用されたという。 

[時事通信社]

韓国警察の集会取り締まりに日米の違い

 ソウル日本大使館前に売春婦像を設置し、毎週金曜日には集会を開いて日本批判をする韓国市民団体。 
 マァ小生から言わせれば、やりたい放題言いたい放題なのだが、韓国政府は「市民団体がやっていることだから・・・」と我関せずの態度をとっている。

 さらに、韓国の大学生が米国大使館に侵入しようが、韓国政府は警察には積極的には取り締まりをさせていない。
 否、容認する姿勢すらとっていると思われる。

 ウイーン条約なんぞ関係ないと言わんばかりなのが韓国政府だ。

 しかしここに来て、市民団体が「ハリス米国大使斬首コンテスト」なるものを掲げ集会を開くらしいのだが、度が過ぎると判断して警察が規制したのだ。
 しかし、政府が動き、米国にこれ以上の刺激を与えない為、政府が指示したのだろうと思慮される。

 やろうと思えばできるわけだ(笑)
 だったらウイーン条約に反している「売春婦像」を撤去させればいいものをそれはしない。
 ここに対日米対応の違いがでている。
 それはどれだけ韓国に圧力を掛けているか否かの違いだろうネェ・・・ 

 日本は完全に舐められている(笑)
 
【カイカイ反応通信」
(速報)警察「ハリス米国大使斬首コンテスト集会してはいけない」
2019.12.12|午後3:06

●警察、米国大使館前の進歩団体集会制限…「過激なパフォーマンスは駄目」

警察が、ソウル鍾路区駐韓米国大使館の前でハリー・ハリス駐韓米国大使斬首コンテストを13日に開くと予告した進歩性向の市民団体に対し、過激なパフォーマンスや不法行為について自制せよとし、集会制限措置を通告した。

ソウル鍾路警察署は12日、「国民主権連帯が明日(13日)午後、光化門で開くとした集会と関連し、大使館の機能安全を侵害しないよう集会申告内容に制限の通告をした」と明らかにした。

警察関係者は、集会およびデモに関する法律、外交関係に関するウィーン条約などを根拠に、「現場集会は保障するが、過激なパフォーマンス行為や不安感を造成する可能性がある制限された行為など、不法行為に対しては、現場で制裁し、採証するなど、司法措置を積極的に行う予定だ」と述べた。

進歩性向の団体として知られる国民主権連帯と青年党は最近、フェイスブックのアカウントを使用して、13日午後、駐韓米国大使館前で「ハリス斬首コンテスト」を開くと告知して論議を呼んだ。

文在寅大統領とハリー・ハリス米国大使

彼らは、ハリス大使に対し、「内政干渉総督の振る舞い」「在韓米軍支援金5倍引き上げ強要」などを問題視し、集会が開かれる13日午後1時まで「斬首アイデア」を受けつけると伝えた。

警察は、これら団体が、集会を届け出た時に含まれていない物品を使ったり、米国大使館方面に行進を試みたり、不純物を投げつける行為などをするなという内容も制限通告書に盛り込んだ。

河村健夫という自民党議員はバカか!

 キチガイ国家・韓国の文喜相国会義議長が徴用工賠償問題を解決するために提出した議案を認める発言をしているのが河村健夫なのだ。
 この河村、韓国寄りの発言を繰り返す売国奴議員なのだが、今回の発言も酷いものだ!
 これが日本の国会議員だと思うと無性に腹が立つ!

 このバカ議員が言っているのは「(今月下旬の日韓)首脳会談でGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を完全にもとに戻すことと、日本側のホワイトリストを戻すこと。これについては文喜相議長の法案をもって、韓国側が前に出てこの問題を解決するという方向付けが同時に行われることが必要ではないかと思っている」と言うのだ。

 バカだネェ河村健夫は・・・GSOMIA破棄とホワイト国を元に戻すのは別問題だろうが! そんなことも分からないのか!

 GSOMIA破棄はキチガイ国家が勝手に判断して宣言したもで、それを輸出規制とホワイト国復帰を条件としてGSOMIA破棄撤回を持ち出したものだ。

 徴用工問題も1965年の「日韓請求権協定」締結で完全に解決しているのをキチガイ国家が勝手に反故にしている。
 それを河村健夫は認めたと言うことになるだうが!

 こんな奴が自民党幹事長を経験し、国会議員で偉そうにしている。

 今一度言う! 韓国は国家間の約束事を反故にする国なのだ、こんな国と話し合うこと自体がおかしいだろうが!
 国家間の約束で合意したとしても、将来間違いなくは反故にしてくるだろうことは百パーセント断言できる!
 こんな碌でもない奴が自民党の幹事長をしていたのだから・・・情けないよナァ

 もう一つ、この河村健夫の韓国寄りの発言を喜んで飛びついて報道したのがテレビ朝日だ(笑)

河村元官房長官「韓国議長案の成立が改善に必要」

12/11(水) 23:35配信

テレ朝 news

 自民党の河村元官房長官は、韓国の国会議長が提案している徴用工問題を解決するための法案の成立が日韓関係の改善に必要との考えを示しました。

 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日本と韓国の政府や企業から寄付金を集めて基金を作り、元徴用工らに支払うなどの解決案を公表しています。
 河村元官房長官:「(今月下旬の日韓)首脳会談でGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を完全にもとに戻すことと、日本側のホワイトリストを戻すこと。これについては文喜相議長の法案をもって、韓国側が前に出てこの問題を解決するという方向付けが同時に行われることが必要ではないかと思っている」
 河村氏はこのように述べ、韓国がいったん破棄を表明したGSOMIAの問題や日本が強化した輸出管理の問題などの解決には、この法案の成立が必要との認識を示しました。ただこの法案は、元徴用工側が「寄付ではなく賠償するべきだ」と反発するなど成立は困難だとみられています。

テレビ朝日が世耕弘成氏に謝罪 印象操作バレた!

 朝日新聞社系の「テレビ朝日」が自民党参院幹事長世耕弘成氏に「謝罪したという。
 これは、世耕氏が会見で「桜を見る会」の招待者名簿破棄について説明をしたのだが、終了後、年内の会見は最後になるだろうとの思いで「良い年を」と言った部分を都合の良いように引っ付け「報道ステーション」で編集して報道したのだ。

 これに対し世耕氏が何度もツイッターで「切り取り方が酷い。印象操作だ」と投稿したことに謝罪したというわけだ。

 マァ、これ朝日新聞の十八番だからネェ・・・これでどれだけの国民が騙されたことか・・・
  この度は、謝罪したが・・・それにしても酷すぎますナァ。
 
「報道ステーション」世耕弘成氏VTR編集を謝罪「誤解を招く表現」「説明が丁寧では…」印象操作の批判に

12/11(水) 22:28配信

スポニチアネックス

「報道ステーション」世耕弘成氏VTR編集を謝罪「誤解を招く表現」「説明が丁寧では…」印象操作の批判に

 テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)は11日の生放送内で、自民党の世耕弘成参院幹事長に関する前日10日のVTR編集について「世耕氏の『良いお年を』は桜を見る会とは直接関係のない発言。説明が丁寧ではなかった」「誤解を招く表現」と謝罪した。世耕氏は10日夜、自身のツイッターで「今夜の報道ステーションの切り取りは酷い。印象操作」と報ステのVTR編集を批判していた。

 メインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)が「昨日、桜を見る会のニュースの中でVTRの最後に、自民党の世耕参院幹事長が『良いお年を』などと発言した様子をお伝えしました。これは定例記者会見が終わった後の世耕氏の発言で、今後の会見予定について述べたものでした。桜を見る会とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした。誤解を招く表現につきまして、世耕氏並びに視聴者の皆さまにおわびいたします」と説明、謝罪した。

 問題となったのは、番組開始30分頃からの「桜を見る会」のニュース。政府は10日、「(招待者名簿のデータを)復元することは考えていない。(公文書をすべて)デジタル化し、永久保存管理すべきとは考えていない」「(招待客として問題視された)反社会的勢力はその形態が多様であり、社会情勢に応じて変化し得るものであるから、限定的・統一的な定義は困難だ」とする2つ答弁書を閣議決定をしたと報じた。

 立憲民主党・枝野幸男代表の「桜を見る会問題について、安倍総理は一言も何の説明もしていない」、共産党・小池晃書記局長の「私は今度は逃げ切れないと思いますよ。将棋で言えば完全に詰んでいる」という野党コメントを挟んだ後、菅義偉官房長官の「国民の皆さんに説明しきれない問題点が指摘されているわけですから、そこを中心に理解を頂けるような対応を取っていきたい」という記者会見映像を流した。

 そして「ただ政権幹部とは対照的に、与党内は早くも“年越し”ムードが」のナレーションの後、世耕氏の「(総理は)説明できる範囲はしっかり説明をした」「(石井準一幹事長代理の「年内の定例会見はいつまでやるんですか?」に)えっ?もう『良いお年を』というか…(笑)」という記者会見映像が続いた。

 スタジオに画面が切り替わり、メインキャスターの徳永有美アナウンサー(44)はVTRを受け「これだけ納得できないという声が上がっているのに『良いお年を』迎えられませんよ、という気持ちになってしまうんですけれども」とジャーナリストの後藤謙次氏(70)に水を向けた。

 後藤氏の「今日の閣議決定で、もう打ち止めだということを言いたいんでしょうね。しかし、そうは問屋がおろさないということだと思います」などというコメントの後、徳永アナは「年は簡単には越せないですし、年を越しても忘れたくないですね」と締めた。

 一連の放送の後、世耕氏はツイッターで「今夜の報道ステーションの切り取りは酷い。私は定例記者会見が終わった後、今日の会見が今年最後になるかもしれないという意味で『良いお年を』と言っただけなのに、それを桜を見る会をと絡めて、問題を年越しさせようとしているかのように編集している。印象操作とはこのことだ」「今日の世耕の会見の『総理は十分説明した』というコメントと、会見終了後に今年最後の会見の可能性があるので『良いお年を』と言ったことは時間的にも、文脈的にもつながっていない。なのに報道ステーションは『総理が説明したから、良いお年を』という風につなげて編集している。印象操作」などと当該シーンの動画もアップするなど“怒りの4連続投稿”。

 一夜明けた11日も、ツイッター「昨夜の報道ステーションで取り上げられた、私の定例記者会見の正確な流れをお伝えしておきます。朝日新聞から桜を見る会について質問があり、私が応答(この部分が報ステの私の前半映像)後、憲法、解散、NHK人事、宿舎家賃等7問の質問と応答があった。その後、司会役の石井幹事長代理が『他にありませんね。特にないようですので、これで記者会見を終了といたします。ありがとうございました』と宣言。私と末松国対委員長が『ありがとうございました』と挨拶して会見が正式に終了。その後は私、末松委員長、石井代理と記者の雑談(何とカメラは回っていた)。石井:(記者会見を)いつまでやるのですか、私:もうよいお年をというか…来週はある?記者:記者懇は?私:まだ決めていない(その後は略)。お分かりいただけるように、脈絡の異なる話を無理につなげて編集し、しかも後段は会見終了後の映像を使用している。酷い編集だ」と説明。再度、報ステの編集を批判した。

習近平を国賓として招くのには反対ですナァ・・・

 安倍政府は来年中国の習近平主席を国賓として招く準備をしている。

 これ、チョイと疑問ですナァ・・・
 チベット、ウイグル、香港などで虐殺又はそれに近い弾圧政策を指揮している習近平を国賓として招くのだから・・・これダメでしょう!

 自民党の中でも保守系有志グループ「日本の国益を護る会」の青山繁晴代表幹事らが10日、首相官邸を訪れて申し入れしている。
 
 中国が香港やチベット市民に対する人権弾圧の姿勢などを改善しない限り、習主席の国賓としての来日に反対する決議文を岡田直樹官房副長官に手渡したという。
 
 当然だと思いますネェ・・・でも野党からは反対の声一つ出ない(笑)
 日本国内では「桜を見る会」で街頭演説までして安倍政権打倒を訴えているが、他国とはいえチベットやウイグル、香港などで人権無視の指揮をしている習近平訪日には何ら行動を起こさない(笑)
 クソにもならない野党連中だこと・・・
 マァ野党にとっては「桜・・・」の方が国益を損なうと思っているんだろうナァ(笑)
 次元が低すぎないですかネェ(笑)?

韓国の「旭日旗は憎悪」 こんな国との話し合いはNO!

 前回もUPしたがキチガイ国家・韓国政府の「旭日旗は憎悪の旗」に怒りが収まらない!
 自民議員も怒っており「日本国家への侮辱と同じ・・・昔なら戦争になりかねない事態だ」と怒りをぶちまけている。

 一般市民が言っているのではない。
 大統領府、つまり韓国政府名でツイッターで発信しているのだ。

 韓国政府の考えで「旭日旗は憎悪の旗」と言っているのだ!
 こんなキチガイ国家と話し合いをする必要があるのだろうか?

 もし石破茂が総理だったら「韓国がそういうのだから我々は反省しなければいけない」とでも言うだろうが、現政府はしっかりと対応して貰いたいものだネ。

 日本政府はこんなイチャモンを付ける政府とは話し合いすべきではない!
 日本国民は怒っているとキチガイ国家に抗議し、撤回しないのであれば16日の「局長級話し合い」を取り止めると通告すべきだ!

韓国・文政権、許しがたい侮辱! 「旭日旗は憎悪の旗だ」と公式発信 自民議員怒り「日本国家への侮辱と同じ…昔なら戦争になりかねない事態だ」

2019年12月11日 17時11分
ZAKZAK(夕刊フジ)

 韓国政府が公式ツイッターに「旭日旗は憎悪の旗だ。平和の場である五輪で、応援旗として使われてはならない」と投稿した。日本の自衛艦旗に対する明白な侮辱であり、断じて許してはならない。北朝鮮との南北対話は停滞し、スキャンダル続発で大逆風にある文在寅(ムン・ジェイン)政権は、「反日」世論を喚起するつもりなのか。

 これまでも韓国は「旭日旗は侵略の旗だ」などと言いがかりをつけ、国際オリンピック委員会(IOC)に、2020年東京五輪・パラリンピックでの競技場持ち込み禁止を主張する書簡を送っている。

 これに対し、日本政府は「旭日旗の容認姿勢」を崩していない。

 そもそも、旭日旗は、日章旗と同じく太陽をかたどっており、同様のデザインは大漁旗や出産、節句の祝いなど、日本国内で古くから日常的に使われてきた。

 戦前、日本の陸海軍旗として使用され、現在は陸上、海上両自衛隊が「軍艦旗」として用いている。国際的にも認められており、旭日旗を掲揚しても、決して政治的宣伝にはならない。

 外務省のホームページで、旭日旗の由来などの正確な情報発信を実現させた参院自民党の山田宏副幹事長は「旭日旗への侮辱は、日本国家への侮辱と同じだ。昔なら戦争になりかねない事態だ。文政権は(経済低迷やスキャンダルで)断末魔に近い。そこで、『旭日旗』で日本を挑発して、韓国国民世論の目を外に向けさせる意図もあるのではないか。わが国は冷静かつ厳重に抗議したうえで、改めて旭日旗が国際社会に認められていることを、堂々と発信し続けるべきだ」と語る。

 韓国による五輪妨害は、旭日旗だけではない。「東京五輪=放射能五輪」などと宣伝している。

 ジャーナリストの有本香氏は「韓国政府は、東京五輪で日本が韓国選手団に提供する食事は不安だと、自分たちで食材を輸送すると主張している。もはや、韓国国内で『反日』が“娯楽”となっている。一連の執拗(しつよう)な嫌がらせに、日本側としてはまともに相手にするのもバカバカしいが、はね付けるべきときは、はね付ける必要がある」と語っている。

麻生大臣「徴用工判決の現金化すれば対応策」 金融制裁など・・・

 徴用工賠償判決で引き下がろうとしない韓国政府。
 訴訟団も日本企業の資産差し押さ品を現金化すると脅してきている。

 これに対し、麻生大臣が 「(日韓請求権協定を)なかったこと)にすると言われたら、ちょっと待ってくれと言うしかない。 万が一、韓国側が徴用工判決で差押えしている民間企業の資産の現金化などを実行したら、こちらとしては、厳しい例をあえて言えば、韓国との貿易を見直したり、金融制裁に踏み切ったり、やり方は色々あります」と語っている。

 素人でも分かる話だよナァ・・・
 国家間の約束事をいとも簡単に反故にする・・・そんな国とは話し合っても時間のムダというものだ(笑)
 12/16の「局長級対話」も止めれば良いのに・・・

 ブログ速報 「なるほどブログ速報」で

麻生大臣】韓国が徴用工判決で差押えた資産の現金化を実行したら、貿易見直しや金融制裁など、やり方は色々ある

2019/12/11(6時間前) 2019/12/11 📜5ch, 政治

5d3b50bd2dd0c9d3659dabbe7231fc1b.jpg
麻生財務相

1: ニライカナイφ ★ 2019/12/10(火) 21:38:50.88☆言葉一つで千両の借りを返す(朝鮮のことわざ)

■ 万が一の場合は韓国への金融制裁も

北朝鮮問題をはじめ、東アジアの安全保障環境は厳しさを増していますが、最大の懸案は韓国との関係でしょう。
問題は、韓国という国家そのものよりも、国際法を甫ろにし続ける文在寅政権の姿勢だと思いますね。

そもそも1965年の日韓請求権協定で、日本は韓国に対し、無償3億ドル・有償2億ドルの経済支援を行いました。
結果、「漢江の奇跡」と呼ばれる韓国の経済発展に繋がったわけです。

それを今さら「なかったこと」にすると言われたら、ちょっと待ってくれと言うしかない。
万が一、韓国側が徴用工判決で差押えしている民間企業の資産の現金化などを実行したら、
こちらとしては、厳しい例をあえて言えば、韓国との貿易を見直したり、金融制裁に踏み切ったり、やり方は色々あります。

いずれにしても、日本より経済規模の小さい韓国が先に疲弊するのは間違いない。
その上で、文在寅大統領がどういう判断をするのか、ということでしょうね。

よく「隣国だから韓国と仲良くしよう」と言うような一部の論調がありますが、世界中で隣国と仲の良い国などあるのかね。
そういうことを言うのは、外国に住んだことがない人です。

隣の国とは利害がぶつかるもの。インドもミャンマーも、国境を接する中国とは仲が良くない。
インドネシア、ベトナム……懸案を抱えていますね。

日本と中国の関係も同じです。よく「日中友好」と言いますが、友好は単なる手段に過ぎません。
友好を築いた結果、損をしたら意味がない。大事なのは「日中共益」。双方が利益を得ることです。

小泉純一郎内閣で外務大臣だった頃、俺が「日中友好には興味がない」と言ったら日本では大騒ぎになりましたが、
中国の李肇星外務大臣に「共益」と紙に書いて示し、重要なのはこれだろうと言ったら、彼は強く頷いた。

中国人は重要なことをちゃんと分かっているんです。あと、中国人というのは商人ですからね。
日本じゃ江戸時代に士農工商という身分制度があったけど、中国人からすれば、「なんで商が1番下なんだ」と理解できないと思いますよ。

文・麻生太郎(財務大臣兼副総理)

☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
https://bungeishunju.com/n/n171edbc7ec17?creator_urlname=m_bungeishunju

韓国政府、旭日旗は憎悪の旗だ! こんな国と話し合うな!

 執拗に日本憎しを韓国民に印象付けしている韓国政府。
 今度は韓国政府そのものがツイッターで「旭日旗は憎悪の旗だ!」と国内外に訴えたのだ。

 日本憎しを公言してはばからない国とはいかなる話し合いもやるるべきではないだろう!

 国家間は信頼しあってこそ円満に合意できる。
 しかるに、日本に輸出規制撤廃、ホワイト国除外復帰を求めていながら、このような「旭日旗は憎悪の旗だ」と因縁をつけ、日本国民の反感を買っている。そして、東京五輪を打ち崩そうとしている。

 こんな国と話し合をすることが国益になるのだろうか?
 今月16日の「局長級対話」は中止すべきだろう!
 
【ソウル共同】韓国政府は9日までに公式ツイッターに「旭日旗は憎悪の旗だ。平和の場である五輪で、応援旗として使われてはならない」と投稿した。韓国は2020年東京五輪・パラリンピックでの競技場持ち込み禁止を主張するが、日本政府は旭日旗の容認姿勢を崩していない。ツイートで韓国内の反対世論をさらに高めたい意向とみられる。

 韓国政府の広報担当者によると、これまでにも「旭日旗は侵略の旗だ」と投稿。「今後も継続して政府の立場を発信していく」としており、日本政府の反発は必至だ。

対馬・北海道の土地が中韓資本に買い取られている 与野党は傍観?

 産経新聞によると、対馬の土地が外国資本と云うより韓国資本で買い漁られているという。
 対馬にはこれといった産業が無く、高齢化も伴って次々と土地、家屋を手放す人が続出していると言うのだ。

 現在は韓国からの観光客は減っているものの、土地家屋を買い漁る韓国資本は増加している。
 いずれ対馬は韓国資本に乗っ取られるだろうネェ。

 北海道も中国人によって土地を買い漁られているらしいが、一部自民党有志が警鐘をならしているものの、政府は一向に対応策を講じる気配も見せない。

 ましてや野党は「桜を見る会」追及に必死になってこれらの土地対策には完全ソッポだ(笑)
 「桜を見る会」に違法性があるなら検察に告発すれば良いではないか! なんで素人集団が犯人捜しをしている!
 これが疑惑だけなのであれば、なんとマァ時間の浪費をしていることか・・・

 このように世間は動いている。もう少し国家万民のことを考えたら如何ですかネェ・・・与野党さん!
 
2019・12/8・産経新聞
 国境の島・対馬(長崎県対馬市)で韓国資本による不動産買収が続いている。いわゆる徴用工訴訟に端を発した日韓対立は韓国人訪日客が大幅に落ち込むなど観光分野にまで飛び火。対馬も韓国人観光客が激減し、地元経済は打撃を受けているという。だが、対馬を歩くと、韓国資本が観光客とは別の動きをみせていた。(編集委員 宮本雅史)

 ■観光バスが消えた

 手元に1枚のチラシがある。《対馬の土地、住宅をお譲りください!! “対馬(厳原、峰、豊玉、比田勝等)で土地・住宅を探しています”…高く買い取ります》。氏名と連絡先も記されている。地元住民によると、上対馬でこの秋、韓国人らしい女性が不動産会社を設立。チラシを配り、営業を展開しているという。(以下略)

日本語狩り? なのに何故断交とは言わない? やはり乞食根性(蔑笑)

 韓国内で「日本語は使わないようにしよう」という動きがあるという。
 そこまで日本を嫌うなら「国交断絶」すればいいようなものなのにそれはしない(笑)
 な~ぜか? それはネ それをやると「金がせびれなくなるからな~んだ」
 つまり乞食根性がどうしても抜けきれない(大笑い)

韓国で進む日本語狩り 「チャンポン」「カラオケ」「大統領」は使ってはならない?

2019年12月8日 11時1分
デイリー新潮

 失効期限直前になってGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の“破棄凍結”を決定したうえ、日本を相手取ったWTO(世界貿易機関)提訴も取り止めに……。米国からの「脅し」がこたえたのか、ここにきて韓国は大人しくなった。が、そこは「困ったお隣さん」である。終わることなき反日に気を抜くことなかれ。

 ***

 考えてみれば、韓国が簡単に反日を引っ込めるはずがないことは、彼らの過去の言動を顧みれば自明の理と言える。慰安婦問題、徴用工問題、日本製品の不買運動に反安倍デモ……。このように反日は彼の国に染みついていて、例えば意外なところでは次のような反日運動も展開されているのである。

「毎年10月9日は『ハングル(韓国語)の日』に制定されているんですが、今年もその日の前後に、『日本語狩り』とでも言うべき運動がメディアで取り上げられていました」

近くて遠い「隣人」

 と、ある韓国人ジャーナリストが説明する。

「今でも日本統治時代の影響が残っている韓国では、言葉の面でも日本の『遺産』のお世話になっています。つまり、『日本由来語』が『韓国語』として定着し、そのまま使われている例が多数見られるんです。例えば『チャンポン』。炒碼麺のことを韓国の人はチャンポンと呼び、『混ぜ合わせる』を意味する『チャンポンする』という言い方も定着しています。しかし、日本の影響を否定するために、こうした言葉遣いは避けるべきだとメディアや識者が主張しているんです」

 実際、全国紙の中央日報(9月21日付)には、〈日本の克服、言語生活から〉という見出しの記事が掲載されたりしている。

「チャンポン以外にも、『うどん』『おでん』『わさび』は日本由来語なので使うべきではないとか、『カラオケ』は『録音伴奏』と言うようにして、『ハムバ(飯場)』は『現場食堂』に、『モンペ』は『仕事用ズボン』、『チラシ』は『宣伝紙』、『分配』は『各自払い』に言い換えようという声も上がっています。それを言うなら『大統領(デトンニョン)』も『首相(スサン)』も『閣僚(カンニョ)』も日本由来語で、これに代わる韓国語は生み出されていないんですけどね……」(同)

 この「日本語狩り」運動を突き詰めると、「文在寅(ムンジェイン)大統領」は「文在寅ホニャララ」と呼ばざるを得なくなるわけだが、何はともあれ、ここまで反日を貫く韓国が、「GSOMIA後」に突然それを改めると考えるのは、やはりウブに過ぎると言えよう。

「反日有理」で、あれもこれもチャンポンするのはご勘弁願いたい。

「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

「桜を見る会」野党は論点をすり替えて大騒ぎ! ケントは・・・

 野党が「桜を見る会」追及で国会延長を要求している。
 でも、その価値あるのかナァ・・・他にやることが有ると思うのだが、野党は素知らぬ顔で「桜を見る会」一本だ(笑)
 最初共産党の田村智子参院議員が、同会の出席者が増え支出額も増加しているから始まって
〇 安倍総理後援会の前夜祭がホテルニューオータニで5000円だった。安すぎる・・・野党も安くやっていた
〇 高級寿司が出ていた・・・これ大嘘
〇 入れ墨者と写真撮影した・・・これ現職の町議
〇 反社会勢力のジャパンライフ会長を招待していた・・・後にヒダリメディアの広告やCMに出ていたことでトーンダウン
〇 出席者名簿をシュレッダーにかけて破棄した
等々焦点をずらしている。しかし、悉く野党へのブーメランとして返ってきているから傑作だ(笑)

 そんなこんなで米国国際弁護士の「ケント・ギルバート」氏が日本人のバカどもよりしっかり要点を衝いた「(野党は)国会のことを考えず・・・」と語っている。

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】左派野党「桜を見る会」大騒ぎ! 国家のことを全く考えず…憲法改正の議論させない意図ならば絶句だ
2019.12.7 ・夕刊フジ

 立憲民主党や共産党などの野党が中心となって、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を厳しく追及している。私には、日米貿易協定承認案や、貿易問題から香港などでの人権問題に広がった米中対立、消費税増税後の景気低迷の方が重要だと思うが、左派野党や一部メディアは違うようだ。

 今年4月に開催された「桜を見る会」に、私は初めて出席した。日本人が愛する伝統文化である「花見」を楽しみながら、安倍首相や昭恵夫人と一言だけ話して握手した。世界各国で行われる、社交の場といえる。

 野党議員は「タダで飲み食いをさせた!」などと大騒ぎしているが、私は焼き鳥を少しだけ食べた記憶がある。「飲み食い」とは大げさだ。セキュリティーも厳重だった。鳩山由紀夫政権でも「桜を見る会」は開かれているから、旧民主党議員は実態をよく知っているはずだ。

 これだけ大ごとになったのは、共産党の田村智子参院議員が11月8日の参院予算委員会で、招待人数と支出額が増えていることを取り上げたことがきっかけだ。そこに問題があるというのなら、人数と予算を制限すればいい。私には、来年の開催を中止する意味があったとは思えない。

 その後、左派野党の追及は、「安倍首相後援会の5000円前夜祭」から、大誤報だった「高級寿司提供疑惑」「招待者名簿のシュレッダー破棄問題」「反社会的勢力の出席疑惑」「ジャパンライフ元会長の招待問題」など、目まぐるしく焦点を変えた。これで問題の本質を、国民に訴えることができたと本気で思っているのだろうか。私には、安倍首相に対する子供じみた嫉妬に見える。

 米国でも、ドナルド・トランプ大統領が7月の独立記念日に合わせて祝賀行事を行った。大統領専用機「エアフォースワン」や戦闘機が披露される大規模なものだった。一部では批判もあったが、国民はおおむね、「軍や国民への感謝を示す行事だ」と理解し、日本のような騒動には発展しなかった。

 「モリカケ」問題もそうだが、日本の左派野党は次々に焦点をズラすことで、大問題があるかのように演出して、現地視察などのパフォーマンスを繰り返しているように感じる。物事の本質を精査しないで報道するメディアにも大きな責任がある。

 そもそも、前出のジャパンライフは、悪質なマルチ商法で経営破綻したが、報道するメディアも広告を流して被害者拡大に加担していたのではないのか。

 今回も大騒ぎすることで国民投票法改正案など、憲法改正の議論をさせない意図が明確だ。

 日本を取り巻く安全保障環境が厳しいなか、憲法改正は「国民と国家を守る」ために不可欠だ。「桜を見る会」よりも優先度が1万倍高い。日本が憲法改正をしないで喜ぶのは、どこの国の誰なのか。明らかに左派野党は、自国民や国家のことを全く考えていない。もはや絶句だ。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。
 

3条件を是正しないで規制撤回を求めるバカな国・韓国(蔑笑)

 昨日もUPしたのだが、16日の日韓局長級対話の件だ。
 韓国は「協議」だと言っているらしいが、日本側はあくまでも「対話」で押し通す構えのようだ(笑)

 この度の話し合いは、日本側の軍事兵器に転用される虞のある半導体三品目の輸出について「輸出見直し」を図ったのだが、実施する前3年半に渡って韓国側の三品目の末端経路が不明だった。だから、それを明らかにしてほしいと再三再四要望してきた・・・なのに、韓国が応じなかったのが因で、今回の話し合いは、その説明を求めるための局長級対話なのだ。

 だから日本側はその末端経路についての説明を求めることが主で、対話の目的なのだ(笑)

 しかし、キチガイ国家・韓国は、16日の日韓対話は日本側が譲歩して輸出見直しもホワイト国復帰もしてくれるものと勝手に希望的観測バルーンを打ち上げて喜んでいるのだからおめでたいものだ(笑)

 韓国側が日本側の「三条件」を呑めば事は済んでしまうのだが、低級な自尊心がそれを妨げている(笑)・・・マァそれが理解できないのがキチガイ国家の真骨頂なのだろう(蔑笑)
 別に難しい3条件とは思わないがネェ(笑)・・・バカな自尊心だけはどうしようもない!

「3条件」とは、
(1)日韓の2国間での「政策対話」で信頼関係を築く
(2)通常兵器に関する輸出管理態勢を整える
(3)輸出検査にあたる人員拡充などの態勢強化


輸出規制見直し議題にせず 経産相、日韓局長級会合で

2019.12.7・産経新聞

 梶山弘志経済産業相は6日、16日に開く貿易管理を巡る日韓の局長級会合で、韓国向け輸出規制強化の見直しは議題にならないとの認識を示した。閣議後の記者会見で「(議題として)考えていない」と述べた。今回の会合で規制の問題の結論が出る可能性も「ない」と否定した。

 梶山氏は「日韓両国の輸出管理制度、運用についての意見交換を予定している」と説明。韓国側が輸出規制の早期撤回を求めていることには「韓国からの主張や要望はあると思うが、(輸出管理は)わが国が決めることだ」と従来の立場を強調した。

 日韓の貿易管理当局による局長級会合は3年半開かれていないとして「(今ある)懸案をどうするかではない」との見方も示した。

12/16の日韓局長対話では結論は出ない

 隣国のメデイァでは、16日の「日韓局長対話」で結論が出る如く報じられているという(笑)
 それも日本が譲歩しての「輸出規制」緩和と「ホワイト国」復帰だというからお笑いだ。
 日本側は日本からの3条件が満たされない限り「無い」と言っているのにネェ・・・まさに希望的観測と言うことだろう(笑)
 いつものことで独りよがり・・・ということ(笑)

 
局長級対話で結論出さず=日韓の輸出管理めぐり―梶山経産相

2019/12/06 11:18時事通信

 梶山弘志経済産業相は6日、閣議後の記者会見で、日韓が16日に開く輸出管理制度に関する局長級の政策対話について、韓国の管理体制を確認するため「その場で結論が出ることはない」と語った。政策対話は3年半ぶりの開催となる。

 韓国は16日の対話で管理担当機関の陣容を拡充する方針を説明し、日本の対韓輸出管理の厳格化措置を撤回するよう求めるとみられる。梶山氏は「韓国からの要望はあると思うが、日本が決めることだ」と強調。一定の時間をかけて韓国の体制を検証するため、1回の対話で結論は出ないとの見方を示した。 

韓国、米中間の板挟みで平身低頭外交 自業自得サ(蔑来)

 韓国文在寅は国内外とも苦悩しているようだネ(笑)
 GSOMIAでは米国にこっ酷くやり込められ、破棄撤回をやらざるを得なかった。国内では何とか国民を言いくるめたもののチョ・グクの後遺症で大統領府まで検察の家宅捜査が入り慌てふためいている(笑)

 外交では中国の王穀国務委員兼外相が訪韓して、GSOMIA破棄撤回について批判されている。
 いずれも文在寅自身がまき散らした火種だから自業自得だわナァ(蔑笑)・・・しっかり苦しめば良いサ。


韓国苦悩、米中間で板挟み・・・際立つ平身低頭ぶり 
2019.12.5.21;16・産経新聞

ソウル=桜井紀雄】韓国を4年ぶりに訪れた中国の王毅国務委員兼外相は、露骨に米国の「一国主義」を批判し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に同調を求めた。米国が日米韓の安全保障協力の象徴とみる日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄騒動などで米韓の不協和音が顕在化したタイミングで文政権の取り込みに動いた形だ。

 「あらゆる手段で中国を押さえ込み、発展について悪く言う者もいるが、結局は失敗に終わるだろう」

 王氏は5日、韓国政財界の要人を招いたソウルでの昼食会でこう演説した。トランプ米政権への非難であることは明白だ。韓国については「信頼できる長期的な協力パートナーで、両国は既に利益共同体だ」と強調した。

 康京和(カン・ギョンファ)外相との4日の会談でも米国を念頭に「中国は大きな国が小さな国をいじめることに反対し、自分の力を信じ、他人に強要することに反対する」と述べた。だが、韓国の保守層からは「THAAD(米軍の高高度防衛ミサイル)問題で『3つのノー』を無理強いしたのは中国ではないか」と反発する声が出た。

 韓国は2017年の文大統領訪中前にTHAAD配備への中国の強い反発を受け、THAADの追加配備▽米国のミサイル防衛への参加▽日米韓安保協力の同盟への発展-をしないという「3つのノー」を約束した。事実上の報復といえる韓国への団体旅行の制限などは和らいだものの、芸能人の中国での活動の制限とともに依然続いている。

 韓国外務省当局者は、これらの問題に絡み「両国関係を完全に正常化すべきだとの認識で一致した」と説明したが、王氏は昼食会でも「THAADは中国を狙ったものだ」と主張した。韓国側が王氏の米国批判に反論した形跡はなく、平身低頭ぶりが際立った。

 米ワシントンでは3、4日、在韓米軍の駐留経費をめぐる米韓協議が開かれた。米側は韓国に現行の5倍近い負担増額を迫り、平行線をたどっている。韓国与党からも「米側が要求を押し通すなら、(協議結果の)国会の同意を拒否すべきだ」と米国批判が公然と起きている。文政権はGSOMIAの破棄は踏みとどまったが、米韓間の亀裂は隠しようがない。そうした時期に王氏は訪韓した。

 文政権が中国に頭が上がらないのは、輸出立国の韓国で輸出額全体の25%以上を中国向けが占める経済面での中国依存の高さが背景にある。ただ、米中貿易摩擦のあおりで対中輸出が振るわず、輸出額は11月まで12カ月連続でマイナスを記録した。リスクが明らかでも対中依存構造から抜け出せる段階にはない。

 文大統領は北朝鮮政策も中国の協力抜きには進められないと信じている。韓国紙によると、文大統領の対北・対中政策のブレーンである文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官は4日の国際会議で「北朝鮮の非核化が行われずに在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に核の傘を提供し、北朝鮮と交渉する案はどうだろう」と中国の出席者に問い掛けた。仮定の質問とはいえ、文政権の本音の一端が垣間見える。

各国は国連にお金を出したがらないないようで(笑) 日本も止めたら? 

 なんにも役に立たない国連が金が無くて節約しているってサ(笑) 
 193ケ国中、分担金を収めていない国は55ケ国もあるというから情けないわナァ・・・
 その中には米国や韓国が入っているというから、イヤハヤと言うべきか。

 日本と中国は全額収めているから良しとしますか・・・でも、本音を言いますと、こんな国連なんぞには金を出してもムダだと思いますナァ。
 言えることは国連としての仕事をしっかりと果たせば、分担金を収めても良いとは思いますが・・・
 
 なにしろ、国連としての仕事は全然していないし・・・弱気国には強く、強気国には弱い国連なんぞ必要性はないと思いますナァ・・・


【アイ・ラブ・ニューヨーク】国連 お金がない!

2019.12.5 07:22・産経新聞・|国際|米州

 ニューヨークの国連本部では10月からさまざまな経費削減策が取られている。一部エスカレーターは停止し、警備の規模も縮小。新規雇用は凍結され、職員の出張も最重要なものに限定されているという。

 国連の予算を担う加盟国の分担金の支払いが滞っているためで、12月3日現在で、193カ国中、全額を納めていないのは55カ国。約28億ドル(約3000億円)の予算のうち3割弱が足りていないという。

 国連によると、最大の財政負担国である米国は約5億ドル分が未納で、他にもブラジル、韓国、北朝鮮、サウジアラビア、イランなども滞納。財政負担国3位の日本と、2位の中国は全額を支払っている。

 滞納する加盟国の多さは国連軽視の姿勢の表れといえるが、この経費削減策には思わぬ“効果”も生まれているようだ。通訳や警備員などの時間外勤務が認められないため、会議は午後6時で終了。「会議が時間通りに始まり、審議もスムーズに進むことが多くなった」(国連職員)という指摘も上がる。

 世界各国の報道陣の作業ブースが入る3、4階のエスカレーターは停止されてから約2カ月。「記者に不便さを感じさせ、財政難の問題を世界に広く知らしめたいのでは…」。記者の間ではこんな愚痴も飛び交っている。(上塚真由)

韓国、東京五輪参加するつもりなんだ(笑) ボイコットすれば良いのに・・・

 韓国は、東京オリンピック・パラリンピックをボイコットだと大騒ぎしていたのではないのかナァ・・・ 
 旭日旗持ち込み反対、処理水の海への放流反対、食材が汚染された日本の五輪は危険だァ~と叫んで世界中に東京五輪へのボイコットを訴えていたよナァ。
 でも世界が一向に同調する気配が見えないので、参加を決めたみたい(笑)

 でもバカな自尊心から東京には韓国から食材を持ち込むってサ(笑)
 その食材、日本より放射能量数値が高いと思うよ(笑)・・・税関検査で引っかかったりすればお笑いだよナァ(笑)

 そこまでして東京五輪に参加しなくともボイコットすれば良いのに・・・その方が世界中の国が喜ぶと思うよ!
 
 韓国の選手と対戦して勝ってもイチャモンつけられるだけだものネェ(笑)


記事 ロイター
2019年12月04日 19:38
韓国、東京五輪で選手の食材持ち込みを計画 放射線測定器も

[ソウル 4日 ロイター] - 韓国オリンピック委員会は、2020年の東京五輪・パラリンピックに参加する選手のために放射線測定器を用意し、韓国産の食材を日本に持ち込むことを計画している。東京電力<9501.T>福島第1原発事故の影響による食の安全を懸念しているためという。

日本政府はこれまで、国内で流通している食品中の放射性物質の検出結果を公表するなどして安全性をアピールしてきており、日本産の食品に対する輸入規制を緩和した国や地域も多い。

韓国のスポーツ競技団体を統括する大韓体育会(KSOC)の計画によると、KSOCがトウガラシのペーストなどを韓国から輸送し、検疫の規則で日本に持ち込めない肉や野菜については放射能測定器で検査するという。

国会のスポーツ委員会メンバーで、与党「共に民主党」のShin Dong-keun議員はロイターに対し「おそらく缶詰も含め、食材や食品はできるだけ韓国から輸送する」と述べた。

またKSOCの計画によると、福島県で試合が行われる野球とソフトボールの選手らには、日本国内の韓国レストランが食事を用意する。

アフガンの中村哲医師武装集団の銃撃で死亡 残念無念!

 アフガニスタンのガンベール砂漠地帯を緑地化したことで知られる日本人中村哲医師が、東部ナンガルハルで自動車で移動中に襲撃されて死亡したというニュースが飛び込んできた。

 いつかは?という思いではあったものの強い衝撃を受けた。
 紛争で荒れ果て砂漠化しているガンベールを、クナール川から約25.5kmに渡って用水路を建設、数年後、見事に緑地化に成功し小麦などの食物を育てることに尽力した偉大な日本人である。

 誠に惜しい人を無くしたものである。合掌
 
 


文喜相の徴用工案「受け入れられぬ」 外務省幹部 

 昨日の参院外交防衛委員会で、自民党参院議員佐藤正久氏が、韓国文喜相議長が提案した「徴用工問題打開策」として示した日韓両政府が拠出金を出し合い、それに、日韓両国企業の寄付金で約280億円を目標として元徴用工に支払う打開案について質問した。

 外務省幹部は「韓国の国際法違反の状態を是正することにはならない。解決策にはならないことから受け入れられない」と述べた。

 これ、当然だよネェ(笑)

 1965年の日韓請求権協定」締結で全て解決済みのものを、文在寅が裁判官人事に細工までして「個人の請求権は消滅していない」との国際法無視の判決を下させ、日本企業に賠償させることにした。

 「日韓請求権協定」では、後の個人への賠償問題は韓国政府が当たることになっているのだから、そうすれば良いものを乞食根性丸出しで再び日本から金をせしめようとの魂胆が見え見えの案だ(蔑笑)

 もしこれを認めたとすれば、後年、日本側だけの金で支払いを賄おうとすだろうヨ!・・・マァ文喜相の狙いはそこだろう(蔑笑)

韓国案「受け入れられぬ」=元徴用工問題で外務省幹部

12月3日(火)13時37分 時事通信

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は3日の参院外交防衛委員会で、元徴用工問題の打開策として日韓企業が資金拠出し、慰謝料相当額を支給する韓国側の案について「韓国の国際法違反の状態を是正することにはならない。解決策にはならないことから受け入れられない」と述べた。自民党の佐藤正久氏への答弁。 

[時事通信社]

玉川徹!お前の番組で「ジャパンライフ」のCM流れていたぞ!

 「桜を見る会」へのパッシングが激しいこのごろだが、2015年の招待客の中に、後に司法が介入した「ジャパンライフ」会長が入っていたことに、野党やサヨクの朝日新聞が大騒ぎしている。

 最近のテレ朝の「羽鳥慎一モーニングショウ」の中で玉川徹が「ジャパンライフが1980年代から大問題で、政治家の献金も多くの人は涙を流したお金から出てる。いかにも2010年ぐらいの急にジャパンライフが現れてきてってそういう話ではない。論外の話」と批判した。

 でもネェ、ネット上では、2016年の長野朝日放送では「ジャパンライフ」のCMが堂々と流されていたことが分かったといっている。
 それも「羽鳥慎一モーニングショウ」の中でのCMなのですが・・・
 これ玉川徹は知っていたの? 知らないわナァ(笑) 
 地方の近畿財務局が絡んでいた「森友学園」問題で安倍総理が知らない筈は無いと息巻いていたこともあるが・・・それと同じで地方の放送局のCMなんぞ分かろうはずは無いわナァ・・・

 つまり、このCMは、2015年の「桜を見る会」の後のことだ。
 野党や朝日新聞等のメディアは盛んに、行政指導が入っている会社だったのに招待するのはおかしいと批判しているが、内閣府の招待はダメだが、CMの場合そんな会社でも金儲けのためには構わないんだ。

 

「桜を見る会」での橋下徹氏の見立て 同調するナァ・・・

 昨日も国会で野党が懸命になって「桜を見る会」での政府追及に時間を費やしている。
 マァ、政府追及というより、憎っくき安倍潰しと言った方が良いのだろうがネ(笑)・・・

 でもネェ、野党が追及している当時の「ジャパンライフ」会長を、総理枠で招待していたとして何の罪になるの? 私人である昭恵夫人が招待していたら何罪? 確かに道徳的には批判されるのも仕方は無いとの思いはするが、そうかといって重箱の隅を穿るようなことを長時間割いてやるべきことなのかネェ・・・

 犯罪性があるなら検察や警察に任せるべきだと思うし、国会の場で犯人捜しをしているのはどうだろうかネェ・・・疑問に感じるのだ

 野党が狙っている「打倒安倍」には届かないかもしれないが、支持率は確かに降下しているからそれなりの成果はあるのだろうネェ・・・
 安倍政権がひっくり返るまではいかないだろうナァ・・・

 そこのところを、時々、外野席で橋下徹氏がグチュグチュ言っているのだが、その話には同調しますナァ・・・

■「説明には納得できないが、政権を倒すほどではない」

春の公的行事である首相主催の「桜を見る会」をめぐって、野党やメディアが大騒ぎしている。

(略)

まあ、野党は数打ちゃ当たるの様相で手あたり次第に安倍さんを批判しているけど、世論調査における内閣支持率は、数ポイントほどの減になっているものの、内閣が倒れるような減少幅ではない。

もちろん、安倍さんの説明には「納得できない」が70%程度になっているが、他方、桜を見る会を廃止にするかどうかは賛否が拮抗している。それでいて、内閣支持率は50%弱と内閣が倒れるようなものではなく、野党の支持率が急上昇しているわけでもない。

メディアは、安倍さんの説明に「納得できない」という世論調査の数字ばかりを強調するが、内閣支持率の減少幅がそれほどでもないことには言及しない。中には、なぜ内閣支持率が下がらないのか、これは国民の判断がおかしいんだ、と国民をバカにしたようなコメントをするものもある。

世論調査の結果を見て、僕は日本国民の絶妙な政治感覚というものを痛切に感じるし、ほんと日本国民って賢明だな、とつくづく感心する。だから、僕は賛否が激しく分かれる政治課題について、最後の最後は選挙で決めるべきだし、憲法改正も国民投票で決めるべきだと強く思う。

(略)

桜を見る会に関する安倍さんの説明には納得できない。でも、安倍政権が変わるほどのことでもない。

的確な追及ができずに大騒ぎしている現在の野党を見ると、国民のこの感覚は極めて賢明で、合理的だと思う。

(略)

枝野! 山花、安住、辻元を切れ! ~ 小林よしのり氏

 日本共産党と手を結ぼうとしている立憲民主党の枝野幸男。
 小林よしのり氏に「最近は左翼化した」と揶揄される位の、のめりようだ(笑)
 
小林よしのり
2019年12月01日 14:01
枝野幸男の個人献金が激減、オワコン一直線か?

 立憲民主党の枝野幸男代表への個人献金が1502万円、結党した17年に比べて7割減ったという。
党本部への個人献金も2304万円、17年の2億9666万円から激減している。
完全に結党時のブームは去った。

当たり前だ、左翼化したからだ。旧社会党化したからだ。
サイレントマジョリティーである健全な保守層を裏切って、コアな左翼護憲派の支持層に支配されてしまったからだ。

山尾志桜里という全議員の中でも特別に有能な政治家を封じ込め、自由に活動させないからだ。

「立憲主義」を掲げ、「保守」を標榜してたくせに、今や真っ逆さまの「護憲主義」の「左翼」に成り果ててしまったから、サイレントマジョリティーは誰も期待しなくなっている。
「看板に偽りあり!」だ。

何度もわしが警告を発しているのに、無視し続ける。
「桜を見る会」どころじゃないぞ。
山花や安住や辻元を切れ!

日本旅行ボイコットで大失速の韓国航空業界(蔑笑)

 日本を困らせる目的で始めた「日本製品不買運動」と「日本旅行ボイコット」の韓国。
 当初、ビールとユニクロ等に若干の影響が出たようだが、最近はユニクロは持ち直しつつあり、ビール会社はまだ影響が継続中だという。

 マァ、これらの運動については世界中から軽蔑的に笑われているようで、半導体三品目を手続きを簡単にしてしっかり購入(輸入)させろ!・・・と云いながら日本製品は買わないと言ってる。
 半導体三品目も日本製品なのに、韓国人はおかしいのではないの?・・・日本製品を買わないんなら全て不買にすれば良いのに・・・ということだ(蔑笑)

 一方航空業界は深刻らしい。
 韓国航空業界8社のうち7社が赤字だというから完全に逆目に出てしまった(大笑)
 マァ、大きなブーメランが返ってきましたわナァ・・・・
 その分、韓国から日本への旅行客が減少したのだから、「日本旅行ボイコット」の成果が有って良かったよネ(蔑笑)
 
日本への旅行ボイコット運動があだ 大失速の韓国航空業界

2019.12.1 01:00・産経新聞・|プレミアム
ビジネス解読

 日韓関係悪化をきっかけに巻き起こった日本への旅行ボイコット運動が、ブーメランになって韓国の航空業界に跳ね返っている。日本路線の需要が減少してコストが上昇し、稼ぎ時の夏場に失速。韓国メディアによれば、7~9月期は航空8社のうち7社が赤字に転落した。頼みの綱の一つだった香港路線も、反政府デモで急減。韓国の航空会社が運航休止で手放した日本路線は中国の航空会社が埋めており、業績の回復は望み薄の状況だ。

 韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)によると、7~9月期の業績で赤字を免れたのは、最大手の大韓航空のみ。それでも、営業利益は前年同期比約70%減の1179億ウォン(約110億円)と大幅減に見舞われた。同社は、業績悪化の理由の一つとして「韓日対立」を挙げる。すでに人件費の抑制のため勤続満2年以上の社員を対象に無給休職を実施しているようで、事態は深刻だ。

 買収が取り沙汰される大手のアシアナ航空にいたっては、営業損益が971億ウォンの黒字から570億ウォンの赤字に転落した。

 業績が振るわないのは、人気を博す格安航空会社(LCC)も同じ。最大手のチェジュ航空は174億ウォンの営業赤字で、ジンエアー、エアプサンもそれぞれ131億ウォン、195億ウォンの営業赤字だった。韓国紙、中央日報(日本語電子版)によれば、チェジュ航空の売上高に日本路線が占める割合は25%前後。「日本路線が全体に占める割合は相対的に高い」(チェジュ航空)という。このため、日本への旅行者の減少が大きく影響した。

 韓国の航空業界で年間最大の繁忙期は7~9月期。7~8月は夏休みの旅行需要が増加し、9月は秋夕(チュソク、中秋節)の連休を利用して海外に出る旅行客が多いからだ。例年4~6月期の業績が不振でも、7~9月期に好転するケースが多いという。
(以下略)

故中曽根康弘氏の「結縁・尊縁・隨縁」、隣国には関係ない!(笑)

 日本国有鉄道を民営化したことで知られている元総理大臣中曽根康弘氏が死去した。101歳というから大往生だ。

 巷ではその民営化や「ロン・ヤス」を称賛する声が多いようだが、小生ははそうは思えない。
 だって、国鉄民営化後幾つもの赤字路線が廃止されたことは、後の小泉純一郎の郵政民営化と併せて、地方の過疎化が一層進んだことを疑問に思っているからだ。
 この二人、民営化する前は「赤字路線は廃止させません」「特定郵便局は無くしません」と大見得を切っていた。

 しかし、実際に国鉄も郵政も、民営化になった途端、地方の過疎地域の幾多の路線と特定郵便局が消えていった。

 車も持たず(持てず)鉄道だけを足として活用していた住民、銀行は無いが特定郵便局が町(村)にあるからと年金の出し入れで重宝し利用していた住民は不便を来たし、大きな街に移転するようになり、益々過疎化は進み消えていった。
 そして先祖伝来必死に護ってきた土地家屋を捨てさる破目となり、滅びていった集落は相当な数になっている。

 マァ、各メディアが中曽根氏の功績を誇大に報じているがそういうことにしておきましょうか(笑)・・・

 その中曽根康弘氏、毎年の手帳に「結縁、尊縁、随縁」と記したという。(産経新聞・産経抄から)
 これを知った小生、少しは見直すことにしました(笑)

 「結縁」は、天からの贈り物
 「尊縁」は、生あるかぎり互いに縁を慈しみ
 「隨縁」は、身勝手に切らない

 普通の人間としての付き合いなら「結縁」「尊縁」「隨縁」は当たり前だと思いますわナァ・・・
 でも小生、違うことを考えてしまう。

 現在、日本はどうでもいい隣国と話し合おうとしている。
 これはネェ、皆様も恐らく思っておられるでしょうが・・・彼の国、いくら話し合って合意しても、後年いとも簡単に約束事を反故にするだろうナァと思うからだ。

 つまり、「隨縁」なんぞ関係ない国(人)だナァと考えている小生が存在するのだ(笑)

 この国に対して先述した「三縁」当てはまりそうにありませんナァ{笑)・・・
一つは「結縁」これだけは日本海を隔てたところにあるから「縁」があったんでしょうナァ(仕方がないが・・・)

二つ目の「尊縁」お互いに縁を慈しむということなのだが、折角近くにある国同士なのだから慈しみ合えば良いものを、軽蔑していた倭人の国に併合されたという気持ちから「恨」だけを前面に出して反日を繰り返し、「縁」を「恨」に変えてしまった。

三つ目の「隨縁」折角創った「縁」なのだから、大事に護って行こうとすれば良いモノを、彼の国はいとも簡単に約束事を反故にしてしまう(笑)
こんな国、世界のどの国も信用しませんわナァ


 そんな国と話し合っている。
 いくら話し合って合意しても後年反故にされるだけだから、時間のムダというものですぞ!