宮城野部屋での相撲稽古中「喧嘩」 暴力だろうが!

 大相撲「宮城野部屋」の稽古中、幕内の「石浦」と幕下の「宝香鵬」が稽古中にケンカとなり白鵬に止められるという事件が発生した。
 相撲協会は稽古中だという理由で不問にするそうだが、これは可笑しいと思うよ。

 先般は十両力士の「貴ノ富士」が指導の一貫で下位力士の頭をコツンと殴っただけで引退させられた事案があった。
 ケンカはお互いが殴り合っているのだから完全な「暴力」で、喧嘩両成敗という言葉もあるように、協会は両者に引退勧告すべきではないのかネ。

 それを稽古中だからと言って不問にするとはネェ・・・

 暴力排除を謳っているのに・・・甘いよネェ(笑)
 マァ、SUMO championの白鵬も土俵上でエルボーで相手力士を失神させても注意もしない協会だからネェ・・・


宮城野部屋で“乱闘”白鵬仲裁「いいかげんにしろ」

1月4日(土)21時43分 日刊スポーツ
nsp_202001040000788-w1300_0.jpg
 三番稽古で熱が入るあまり突っかける石浦(背中)と幕下力士の仲裁に入る白鵬(左)
熱が入るのはいいが、せっかくの良い稽古が台無しに−。12日に初日を迎える大相撲初場所(東京・両国国技館)に向けて、宮城野部屋が4日、東京・墨田区内の部屋で新年2日目の稽古を行ったが、熱が入るあまり三番稽古(同じ相手と連続して相撲を取る)の途中で、両者がケンカまがいの“乱闘”にまで発展してしまう場面があった。
幕内力士で西前頭10枚目の石浦(29)と、兄弟子にあたる幕下力士が三番稽古。勝負が決まった後に、勝った方がだめ押ししたことや、立ち合いの張り差しなども発端となった。負けた石浦が左太ももで蹴りを入れ、次の1番では負けて上がり座敷に倒れ込んだ幕下力士に、襲いかかるようにのしかかった。たまりかねた横綱白鵬(34)が「いいかげんにしろ。せっかくのいい稽古が台無しになるぞ」とたしなめ、上がり座敷にいた宮城野親方(元前頭竹葉山)も注意した。
 その後は何番か、内容の濃い相撲を取り続け冷静さを取り戻したかにみえた。だが心の“導火線”に火が付いていた二人が、再び勝負の決した後に拳を握りながらの、さながらボクシングかと見まがうような“乱闘”を演じてしまった。
ここ数年、角界で問題になった陰湿で、加害者と被害者が明らかな事案とは質が異なる。第三者不在の、密室や陰でふるわれていた暴力とも違う。激しい稽古で感情むき出しになるのも同情の余地はあり、一昔前なら看過されていてもおかしくないシーンだ。
 ただ、一連の暴力事案を受けて日本相撲協会では、研修会開催など暴力根絶に向けて一丸となっている。さすがに見過ごすわけにはいかないと判断した宮城野親方は、両力士から事情聴取。「何回もだめ押しがあって、ちょっと(石浦が)熱くなってしまった。悪気はないだろうが、きつく注意する以外にない。お互い反省しているが、あれ(乱闘)を見せられては(他の力士や雰囲気に悪い)影響を与える」と両者に注意。さらに「暴力は暴力。当たり前のことです」と、同じ伊勢ケ浜一門の理事(高島親方)と危機管理部長(鏡山親方)に電話で報告したという。迅速な対応ではあるが、協会の仕事始めは週明けの6日のため、この日はそれ以上の動きはなかったが、親方によれば両理事の反応は「稽古場のことだから仕方ない」とのことだったという。
当事者も反省しきり。石浦は「中学の先生に『心は熱く、頭は冷静に』と言われていましたが…。ちょっと熱くなりました。(師匠からは)『冷静にやれ』と言われました」。幕下力士も「一生懸命(稽古を)やった末のことですから」と常軌を逸した感のある稽古を振り返っていた。

安倍総理の4選 屋山氏は「イエス」 田原氏は「ノー」

 安倍総理の4選が取りざたされているが、巷でも4選の是非に関して論議されるようになった。
 小生の考えは一旦身を引くことが良いと思っている。
 それは長期間、政権トップに居座るとどうしても気が緩み、不祥事が起こりやすくなると思うからだ。
 特に安倍総理の場合、在任中の国政選挙は悉く勝利しているから猶更だ。

 後任には誰が適任者かをアンケートで調べているが石破茂だという(笑い)
 マァ、この男が総理にでもなったら中韓からの注文は全て受けるのだろうネェ・・
 普段から「相手の言い分はとことん聞け」と安倍批判をしているんだもの(笑)・・・
 一度総理をやってもらえば良いと思うヨ(笑)・・・どれだけのことができるか見ものだ(笑)
 その場合、1・2年したらどの程度の実力か分かると思いますが・・・日本がまた大変な状況になっているでしょうネェ。

 そうなると、三度安倍総裁という声が起きるかもネ(笑い)・・・

 そんな中、政治評論家の屋山太郎氏とジャーナリストの田原総一朗氏が意見を述べている。
 引用文は下記のとおりだが、さて皆さんは如何ですかネェ・・・

安倍首相4選すべきか 田原総一朗氏と屋山太郎氏の意見

2020/01/04 16:00

© NEWSポストセブン 提供 4選か退陣か
 2020年には国論を二分する論争がいくつかあるが、その一つが安倍晋三首相 は「4選目指すべき」か「早期退陣すべき」か?──というものだ。
 本誌・週刊ポストの読者アンケート(※)では【続投】28.8%、【交代】71.2%だった。
 ここでは見解の異なる2人の識者の意見を紹介しよう。

●屋山太郎氏(政治評論家・「続投」派)
 ポスト安倍のめぼしい存在がいない以上、安倍首相の4選は有り得るし、下手な人間が首相になるよりは、安倍首相のほうがずっといいでしょう。
 日本の首相を任せられる大きな資質は、中国と韓国に舐められないことです。中国に対してケンカをしろと言っているわけではなく、初めから頭を下げる必要はないということ。
 中国や韓国を甘やかす政治家には政権を任せられない。米中のケンカは新しい冷戦構造なのだから、米国の同盟国である日本がしゃしゃり出て中国にいい顔をしてはいけない。年末の訪中でも取り沙汰されたが、習近平を国賓として迎えるような外交はもってのほかだと思う。
 安倍首相は外交を熟知している。トランプ大統領が再選した時に、誰なら太刀打ちできるのか。北朝鮮が突然攻撃してきた時に、誰ならやり返せるのか。反発する力を持っている政治家は、今のところ安倍首相くらいしか見当たらない。
 森友問題や加計問題、桜を見る会が批判されたが、あれはスキャンダルでも何でもない。とくに加計問題は、獣医不足で学部が少なく、手を挙げる経営者もいないから安倍首相の友達がやると言っただけ。
 桜を見る会も、長期政権になれば当然支援者が増えるというだけの話だ。
 安倍首相は人使いも上手い。「お友達を優遇する」なんて批判もあるが、気脈の通じている政治家を使うのは、自分の政策を進めていくうえで非常に大事なことです。
 長期政権で自民党が腐敗していると4選を批判する声もあるが、大げさすぎる。だめな議員は与野党問わずいくらでもいるんだから。

●田原総一朗氏(ジャーナリスト・「交代」派)
 僕は安倍首相の4選はあってはならないと思う。今ですら自民党は安倍首相にもたれかかっているからだ。
 例えば桜を見る会のような事柄が明るみに出れば、反安倍派から批判の声が上がるはずなのに、その声が聞こえない。森友・加計問題もしかりで、党内から「安倍辞めろ」という声が一切出てこない。
 今や自民党議員のほとんどが安倍首相のイエスマンになってしまっている。
 昔の自民党には反主流派や非主流派などがあり、主流派が反主流派や非主流派との論争に負ければ、首相が交代した。ところが選挙制度が中選挙区制から小選挙区制に変わり、ひとつの選挙区から基本的にひとりしか立候補できなくなった。当選しようと思えば党に公認してもらわなければならないから、結果として自民党議員がみんな安倍首相の顔色を窺うようになってしまった。
 もし安倍首相が4選したら、自民党が主体性を失い、自民党なんてなくなっちゃう。僕はそのことを安倍首相に直接言ったし、安倍首相も理解していると思う。
 かつては自由で民主的な自民党だったから、自由闊達な議論ができて意見が言えた。前回の総裁選でも出馬したのは石破茂だけ。僕は石破さんに「あんたが出なかったら、北朝鮮と同じだよ」と言った。
 二階幹事長や菅官房長官から「総裁4選」という声が聞こえてくるが、それは今のポストにしがみつきたいから、安倍首相のご機嫌取りをしているだけでしょう。
 7年間続いた長期政権で自民党議員は気が弛みまくっている。緊張感がないから閣僚が政治とカネの問題で辞任したり、軽率な発言をしてしまう。安倍首相の4選だけは絶対にしてはならない。
【※本誌読者アンケート「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答】
※週刊ポスト2020年1月17・24日号