十八番の「かち上げ」が通じなかったら連敗し 無様な負け方の白鵬(笑)

 大相撲初場所2日目と3日目、白鵬が無様な負け方をした(喜)
 まず、2日目東前頭筆頭の遠藤が、2場所連続優勝を狙う横綱白鵬を切り返しで破り、初日の横綱鶴竜戦に続き通算6個目の金星をあげた。

 立ち合いSUMO championの白鵬は、先場所と同じ様に左から張り手をかまし、防御用にしっかりとサポータを巻き付けた右腕でかち上げを敢行した。

 しかし、先場所同様な手口で軽い脳震盪を起こし、鼻血まで出さされた遠藤は考えたのだろう、若干左に変わりながら右手を白鵬の左側に差し込んだものだから、白鵬十八番の「かち上げ」が功を奏さなかった。
 慌てた白鵬は強引な右からの上手投げを幾度も打つも遠藤は左からの外掛けで防ぎ、最後は切り返しで白鵬を仰向けに転がし勝利した。

 この勝負、白鵬は立ち合いでも「待った」をして遠藤の気を削ぐ作戦もしたのだがこれも効果がなかったことになる。

 この日の観客、先場所の汚い白鵬の取り口を覚えていたのだろう、勝負がついた後も「エンドー、エンドー」のコールが起きる程の興奮状態だったことは異例のことだったのだ。

 そして3日目、前頭筆頭・妙義龍(境川)に突き落としで敗れ、まさかの連敗を喫したのだ(喜)
 この勝負、白鵬はかち上げにはいかず、立ち合いから差しにいった。これがうまくいかず、差せずに苦戦かと思った瞬間妙義龍の咄嗟の突き落としにばったりと両手を土俵に着いて敗北。

 白鵬は横綱という称号をもらいながら「勝つことが横綱」というだけあって、勝つためにはどんな姑息な手段も厭わないsumotoriなのだ・・・が、この2番の勝負は「かち上げ」「待った」などの姑息な技は通用しなかったわけだ。
 
 歴代の横綱(北羽黒、朝青龍は除く)は、横綱相撲と言われるように「正々堂々」と勝負し、勝てなくなると横綱としての限界を悟り、自ら潔く引退していく。
 しかし、白鵬は違う! 横綱とは勝たなくてはいけないとの考えから、横審から注意されようがお構いなく使用する。
 何が「心技体」だろうに・・・

 国籍は日本人だが、頭はモンゴル人ということだろう。

 白鵬を擁護する者もいるが、日本相撲は伝統を守りながら綺麗な勝負をすることだと考える日本人が圧倒的に多いことを忘れてはいけない。
 
BBYUZt7.jpg

南朝鮮 日本には「歴史を直視せよ」 手前らは歴史を捏造か(蔑笑)

 昨日もUPしたのだが、南朝鮮の得手勝手な歴史観のことだ。
 日本には「歴史を直視せよ」と難癖をつけながら、手前たちは妄想で描いた歴史を真実だと思い込んで自己満足している(蔑笑)
 その表れは朝鮮朝廷時代の映画やTVドラマに表れている(笑)

 残された僅かな・・・それも断片的な史料を妄想たくましく「(歴史は)こうあって欲しかった」と、虚構の世界を創り脚本を書いて映画・ドラマにしている。
 残された史料がないものだから、歴史は自由に書き換えることができる(笑)
 
 艶やかな柄を描く技術や染料の技術もなく、当時の明・清から輸入した衣装を着ていた事実を隠蔽し、劇中ではそれはそれは立派な衣装を当たり前のように着ている(笑)
 それを日本のオバハン連中が観て、真実だと涙しているのだから・・・

 そして、南朝鮮の英雄というのは、李舜臣、安重根という禄でもない将とか犯罪者しかいない(蔑笑)
 つまり、英雄に値する者が歴史上に存在しないから、対日本に抵抗したり犯罪を犯した者を英雄にしなくてはならないというわけだ(蔑笑)
 はっきり言えば、自分たちが嫌いな日本に対して悪行狼藉を働いた者を英雄に仕立て上げ自慰行為をしているということだ。

 何しろ、日本のように古い史料が殆ど無いもんナァ・・・

 ということで、1/14付の産経新聞「産経抄」を読んでもらいたい。

【産経抄】
 当初は、整備ミスが原因との見方もあった。1987年11月に大韓航空機がミャンマー近海で爆破された事件である。全員死亡した乗客の大半は、中東での出稼ぎから帰る途中の韓国人労働者だった。
 ▼まもなく、日本人になりすました北朝鮮の工作員による爆弾テロだったことが明らかになる。翌年のソウル五輪の開催阻止が目的とされる。もっとも北朝鮮は当時、「南朝鮮の自作自演」との声明を発表していた。32年たった今も、犯行を認めていない。
 ▼今月8日、イランの首都テヘランで離陸直後に墜落したウクライナ機について、当初からイランのミサイルによる撃墜説が流れていた。同じ日の未明、イランは米軍が駐留するイラクの空軍基地など2拠点を弾道ミサイルで攻撃している。米軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害に対する報復だった。
 ▼「技術的な問題が原因」との立場をとってきたイランだが、もはや隠蔽(いんぺい)は不可能と悟ったようだ。こちらはわずか3日後にミサイルの誤射を認めた。犠牲者のほとんどが、イラン人かイラン系移民とあって、国内では政府に対する怒りの声が上がっている。
 ▼北朝鮮の爆弾テロに話を戻せば、日本人から見てどうしても理解できないのが、事件に対する韓国の反応である。2003年から5年続いた盧武鉉政権の時代は、北朝鮮の声明と同じく、韓国側のでっち上げとする説が堂々と語られていた。
 ▼やはり親北・左派の現在の文在寅政権下でも、一部の団体が同様の主張を繰り返している。韓国紙によれば、今年3月から中学校で使われる歴史教科書では、大韓航空機爆破事件がまったく取り上げられていない。これが、日本に「歴史を直視せよ」と言いつのってきた国の実態である。