人種差別を堂々とやるキチガイ国家

 米国の駐韓大使ハリス氏が日系人であることを根に、イチャモンをつけるキチガイ国家・韓国。
 与党国会議員を先頭に、国民一緒になって誹謗中傷するのだから救いようがない。
 これ、完全に「人種差別」だろう。

 それを注意するでもなく黙認している文在寅も同類だろう!

 米国もこのキチガイ国家・韓国がどういう民族の集団かがよく分かったことだろうヨ(笑)
 今後日米が手を組んでこのような屑国家はつぶさないと行けまい。


 駐韓米大使の口ひげを糾弾する韓国の絶望的な幼稚さ

古森 義久 2020/01/22 06:00

BBZbNPI.jpg
© JBpress 提供 ハリー・ハリス駐韓米国大使(2020年1月16日、写真:AP/アフロ)
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)
 韓国におけるハリー・ハリス駐韓米国大使叩きがさらにエスカレートしている。トランプ政権は公式に「ハリス氏は全世界でも最も偉大な米国大使の1人だ」と言明し、韓国側の自制を求めた。
 一方、韓国内では「ハリス大使の口ひげが日本の朝鮮総督を想起させる。けしからん」という幼稚な糾弾まで広まった。ハリス大使叩きが結局は愚かな人種差別に他ならないことを示す格好の例証だといえよう。
米国メディアが異様な大使叩きを報道
 米軍のアジア太平洋軍司令官だった海軍大将のハリー・ハリス氏が韓国駐在大使に就任すると、同氏の母親が日本人だったことも含めて韓国側から敵意あふれる非難が浴びせられた(参考:本コラム「駐韓米国大使を激しく嫌う韓国、『日系』もやり玉に」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58630)。
 韓国でのハリス大使への攻撃は日を追うごとにエスカレートし、現在は同大使の「日本人の血」のみならず「口ひげ」までもが激しく叩かれている。
 この動きを米国の大手メディアもこぞって報道している。ニューヨーク・タイムズ(1月16日付)は「アメリカ人の口ひげが韓国で騒ぎを起こす」という見出しの記事を掲載した。ワシントン・ポスト(1月18日付)は、「韓国民が怒りの対象を見いだす 米国大使の口ひげ」という見出しで報じた。またワシントン・タイムズも、1月20日付の「米国大使は自分の口ひげだけが問題だと述べるが、韓国民は違う主張を」という見出しの記事で、韓国内で同大使が攻撃されている状況を詳しく報道した。
 それらの報道によると、韓国の各種活動団体や国会議員がハリス大使の最近の言動に反発し、「ハリス氏は母親が日本人なので韓国に対して特殊な反感を持っている」「ハリス氏の口ひげは韓国を弾圧した日本の歴代の朝鮮総督を思い起こさせる」といった類の非難を広げているという。
BBZbNPJ.jpg
© JBpress 提供 2020年1月13日、ソウルで開かれた「斬首競演大会」で米国が在韓米軍駐留費の負担増を要求していることを糾弾し、ハリー・ハリス駐韓米国大使のひげを切り離すパフォーマンスをしている場面(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
 ハリス大使はこのところ韓国に対して、「在韓米軍駐留経費の負担増」「北朝鮮との交流拡大に関する米国政府との協議」「日本との間の軍事情報保護包括協定(GSOMIA)の堅持」などを求めてきた。いずれもトランプ政権の文在寅政権に対する要請であり、同大使は本国政府の求めを韓国側にそのまま伝えてきただけである。だが、同大使の軍人らしい率直な物言いなどが、韓国側から「横暴である」という批判を受けてきた。
トランプ政権が懸念を表明
 韓国では、とくにハリス大使の母親が日本人だという出自と口ひげを問題にして、同大使の肖像画を口ひげ部分から切り裂いたり、「日本人総督」という呼称をぶつけたりする攻撃が多くなった。
 この動きに対してハリス大使は1月中旬、ソウル駐在の外国記者団らに以下のような反論を述べた。
「私は日系米人ではあるが、あくまで米国の大使だ。私の出自を取り上げて非難することは誤っている。歴史の政治利用だともいえる」「私は海軍からの退役を記念して口ひげをはやすことにした」「韓国でも、民族独立のために戦った志士の多くが口ひげをはやしていた」
 トランプ政権も韓国でのこうした状況に懸念を表明している。国務省のモーガン・オータガス報道官は1月20日、韓国の中央日報のインタビュ―に応じて、「ハリス大使はポンペオ国務長官の完全な信頼を受けており、全世界に駐在する多数の米国大使のなかで最も偉大な大使の1人だ」と語った。
 また同報道官は、在韓米軍駐留経費問題についても次のように語った。「米国民は韓国防衛のために戦い、多くの生命を失ってきた。多額の経費も払ってきた。米国民はいまも韓国民を守るために死をも覚悟している。韓国側は米韓同盟のこうした歴史を理解してほしい」。つまり、米国が韓国に、在韓米軍のための経費負担増を求めるのは当然だというわけだ。
安重根もはやしていた口ひげ
 韓国側はハリス大使の口ひげが日本の朝鮮総督や軍人を想起させると非難する。だが、ハリス大使自身が指摘したように、韓国の歴史上の著名な人物の多くが人目を引く口ひげをはやしてきた。
 韓国事情に詳しい日本の龍谷大学の李相哲教授は、日本テレビの討論番組(1月20日放送)で、「韓国でも独立運動の活動家らが口ひげをはやしていた。伊藤博文暗殺で知られる安重根もそうだった」と語った。

 安重根は1909年10月に当時の北満州のハルピン駅で、日本の元首相で朝鮮総督を務めた伊藤博文を暗殺した。日本当局はテロリスト、暗殺犯として安重根を処刑したが、韓国では長年“救国・独立の闘士”として敬意を表されてきた。
 その安重根も目立つ口ひげを最後まではやしていたことで知られる。
 だから、ハリス大使の口ひげを日本の朝鮮総督やかつての朝鮮半島統治と結びつける韓国側の非難はまったく説得力を欠くといってよい。このような韓国側の官民の理不尽な感情的反発のホコ先がハリス氏に不当にぶつけられているのである。この種の人格攻撃は明らかに人種差別、偏見であるといわざるをえないだろう。

白鵬の「一代年寄」は止めたが良い

 現在大相撲1月場所が興行され、10日目を終えて前頭の「正代」と幕尻の「徳勝龍」が1敗で優勝争いのトップだ。
 2敗で追うのが役力士ただ一人の大関「貴景勝」以下「豊山」「輝」だ。
 マァ、誰が優勝しても日本の力士であるから良しとしますか・・・

 それにしても、普段から大物を言い、横綱として品位が全くない白鵬と、力が衰えている鶴竜がずる休みしているが、これをカバーしている力士が活躍しているから面白いのは面白い場所ではある。

 鶴竜は来場所の成績次第では引退に追い込まれるのだろうが、白鵬はどうだろうか?
 この男は「勝」と言うことだけを見据えているSUMOchampionだから辞めないだろうし、今後もエルボーと張り手に磨きをかけて相手力士を失神させるのだろう!
 もし白鵬が辞める時、相撲協会は「一代年寄」を与えるのだろうか?
 小生としては反対の気持ちが強いのだが、協会が与えると言えばそれはそれで仕方はあるまい。

 小生が日ごろから述べているように、横綱たるもの「正々堂々」戦い、その横綱相撲で勝てなくなったら潔く引退すべきだと思っている。

 白鵬は相撲界でいう横綱としての「心技体」は関係なく、ただ勝ちたいだけの相撲格闘家だからネェ・・・

 白鵬の特技は「エルボー」と「張り手」だ。
 周囲は「かち上げ」だというが完全に「肘打ち」だよ! そのために右肘に特注のサポーターをつけ、出番前に水を浸み込ませてさらに固くして土俵に上がる。
 そして相手の顔面に向けて右肘をたたきつけるのだ。まともに食らった相手力士は脳震盪を起こし力は出ないということになる。
 そのやり口で優勝した回数が43回なのだから大したことはない記録だヨ。

 白鵬は「かち上げ」は禁じ手ではないからこれからも使用すると公言しているのだから・・・
 でもネェ、過去白鵬に対して顔面に向けての肘打ちした力士がいますか? 皆無でしょうが!
 己だけが特権のようにして使用している(蔑笑)・・・他の力士は使用しないんだから勝てますわナァ・・・

 そんなSUMO取りに一代年寄は必要ないでしょう。
 相撲協会も「肘打ち」は反則手だと規定したほうが良い。
 「かち上げの際故意、偶然を問わず、相手の顔面に肘が当たれば反則負けとする」とネ・・・
 だって、取り組み中「髷の中に指が入って引っ張った場合、故意だろうが偶然だろうが負けになる」ことと一緒だろうと思いますェ・・・

sb3tk3e.jpg

 この白鵬について横綱経験のある「八角理事長」と「芝田山理事」が語っているので紹介します。

 20日に行われた相撲協会と雑誌協会の懇話会で、日刊ゲンダイが改めて白鵬の言動について聞くと、八角理事長はこう答えた。

「我々の時代、物言いを要求した力士はいませんでした。物言いがつくような相撲を取ったらダメなんだと。その思いでやっていました。(白鵬も以前に比べれば)師匠が注意したり、理事会に呼んで注意するなどして、よくはなってきているのではないか。ただ、横綱になってまで注意される人はそうそういない。それは恥ずべきことです。横綱は土俵以外の私生活でも、しっかりしなければいけない。ファンもそれを求めているのだから、応えるのも横綱の義務でしょう」

 八角理事長は最近、過去の自分のビデオを見返すことがあるという。

「人のことを注意するようになってから、『自分はどうだったかな』という確認ですよ。懸賞の受け取り方や礼、立ち合いなど、とりあえずちゃんとやっていましたよ」(八角理事長)

■「現役時代の番付は関係ない」

 芝田山広報部長(57=元横綱大乃国)は「大関に昇進したとき、師匠(放駒親方、元大関魁傑)に『協会の看板なんだから、言動に注意しなきゃいけないよ』と言われました」と、こう続ける。

「師匠に怒鳴られるのはしょっちゅうだったけど、ハイという返事しかしたことがない。ものを言ったことは一度もありません。もちろん師匠が間違ったことを言えば別ですが、師匠と弟子の信頼関係をしっかりしておかないといけない。その関係を損なうとダメなんです。たとえ、師匠が元十両だろうが元幕内だろうが、弟子が横綱だろうが、きちんと教育すべきです。今の白鵬の師弟関係? どこか欠落している気がします。私の最初の師匠、花籠親方(大ノ海)も元幕内でしたが、弟子に横綱(若乃花、輪島)、大関(魁傑)がいた。現役時代の番付は、師弟関係には関係ないんです」

 白鵬の横綱としての品格に欠ける言動の数々は、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)にも責任があるということ。師匠は力士の親代わりとなり、一般常識から角界のしきたりなどを教えなくてはいけないのだ。

「だから理事会でも本人より、まず師匠に注意を促します。有識者会議でも柔道の山下泰裕さん、剣道の中井憲治さんは『師匠が大事』とおっしゃっていた」(八角理事長)

 武道の側面も持つ大相撲において、横綱とはスモウチャンピオンの称号ではない。それを理解できない白鵬に、弟子の教育すらまともにできない宮城野親方。白鵬の横綱らしからぬ言動、所作には好角家も怒り心頭。協会には苦情の投書が山のように届く。

 白鵬が愛されない横綱であるのも、欠落した師弟関係と無縁ではない。(日韓現代DIGITALからの抜粋)