総理の野次 謝るのは辻元清美だろうが!

 昨日に続き衆院予算委員会での「ヤジ問題」の件だ。
 立憲の辻元清美が質問に立って口を荒らして安倍総理に「鯛の頭から腐る・・・」と罵詈雑言を浴びせた件だ。
 巷では「総理たるものどんな言葉を浴びせられても我慢しなければいけない」と批判する奴がいるが、そんな人間どこにいるのかナァ(笑)・・・
 つまり総理大臣たる者、何を言われようが何をされようが堂々と構えて「泰然自若」、「動じて動かず」でないといけないということだよネェ。
 するとこれからの総理大臣は悟りの境地に入っている人物でないといけませんわナァ・・・
 そんな人物いますかナァ(笑)・・・

 これに該当する人物、小生は思い当たりませんわナァ。
 石破茂のように現政権を批判しまくったり、ボヤいたりするのは欠格者と言うことになる。
 ましてや、野党代表の枝野、玉木、志位なんぞは完全に蚊帳の外だ(笑)・・・

 お釈迦様にでも蘇ってもらって総理大臣をやってもらいましょうかネェ・・・

 マァ、本日(2/15)付産経新聞【産経抄】でも読んでください。
 

産経新聞【産経抄】
謝るべきなのは、立憲民主党の辻元清美幹事長代行の方ではないか。安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で辻元氏にヤジを飛ばしたことを口実に、13日の同委を流会させたのは筋が通らない。抄子が天邪鬼(あまのじゃく)なせいか、主要野党が居丈高にこのヤジを批判していることに、攻守があべこべだと感じる。
 ▼「タイは頭から腐るという言葉をご存じか」。辻元氏は予算委でこう切り出し、安倍首相に対し「子供の教育にも悪い」だの「頭を代えるしかない」だのと一方的に主張して質問を終えた。これに安倍首相が「意味のない質問だ」と言ったことが問題視されているが、その通り無意味な質問そのものである。
 ▼立憲民主党側はすぐに「立法府議会全体に対する侮辱だ」(枝野幸男代表)、「議会人としてあるまじき行為」(安住淳国対委員長)と猛反発したが、これも解せない。議会制民主主義の正当な手続きを経て首相となった相手を、腐敗物と面罵する方がよほど議会への侮辱だろう。
 ▼国会質疑の模様を伝えた新聞各紙を国会内に貼り出し、「くず0点」「論外」などと論評を加えて笑っていた安住氏は、自らの行為を議会人としてふさわしいとでも自負しているのか。
 ▼安倍首相のヤジに関しては、与党内からも大人げないといさめる声がある。小紙の14日付「主張」も「もっとどっしり構え」るよう注文をつけたが、時と場合にもよるだろう。質問の最後に、答弁を封じてひどい中傷を仕掛けるような議員は、きちんと叱ってやるのが相手のためでもある。
 ▼言われっ放しでも政府だからとぐっとのみ込み、何も反論しないのが美徳だとは思わない。間違った指摘や罵詈(ばり)雑言にはきっちりと反撃する方が、言論の府を活性化させることもあろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント