クルーズ船内の感染症発生の場合米国で対応してもらいましょう!

 米国や他の国では、今回のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の「新型コロナウイルス」の日本の対応は不適切だと非難している。
 そんなに日本の対応が気に入らないのであれば、今後、このようなケースの場合、批判している国(メディアの籍のある国も)で対応してもらいましょうヨ。

 特に、米国であればワシントンポストが言うように適切で万全な対応をするはずですから・・・乗客も喜んでくれますよネェ・・・


海外「日本は称賛されるべきだ」 日本のクルーズ船対応を非難する米紙に反論の声が続出
 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船、「ダイヤモンド・プリンセス」で隔離されていた乗客の内、感染が確認されなかった約500人の下船が19日に始まり、下船した日本人以外の乗客乗員は、順次帰国しています。

乗客乗員を船内に留めて検疫を行うという日本政府の対応に対し、WHOで緊急事態への対応を統括する担当者は、「当時としては明らかに好ましかった。 感染が広がった後も現実的に対応を修正していった。
 事後的に是非を判定するのは簡単なことだ」と述べています。

 一方で、海外メディアからは日本の対応に否定的な記事も。
 先日にも「基本的人権の侵害」と日本を批判したワシントンポストは20日、船内の感染症対策を動画で批判した神戸大教授の岩田健太郎氏の話を元に、「専門家曰く、日本の対応は完全に不適切だった」と題した記事を掲載。
「新型コロナウイルスが急速に広がったとはいえ、日本政府の対応は遅く、適切ではなかったと多くの専門家が指摘している」と第三者の発言を通して日本の対応に問題があったと指摘しています。

 このワシントンポスト紙の記事に対し、反論が相次いで寄せられています。
(パンドラの憂鬱)
7467467467s.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント