「コロナ」対策 日本人一人一人が自覚しないと拡散が大爆発するネ

 「新型コロナウイルス」の感染者数がついに1000人を超えた。
 感染者の内イタリア、スペイン、フィリピン、ハワイ等の国外からの帰国者が相当数含まれているから気になる。

 一方、国内でもバカな連中の動向が気になるのだ。
 コロナに感染していると分かっていながら「(他人に)うつしてやる」と飲食店やパブに言った愛知県のバカな奴(後にガンで死んだが)のもいれば、横浜では感染判明後マスクも着用せずバスに乗り込むバカもいる。

 また、「コロナ」が世界的に広まっているというのが分かっていながら、その最中に会社員を海外に出張させるバカな会社もある。
 そして、その会社員だが、広島県尾道市に在住しているらしく、フィリピンから帰国後症状が出た。
 にも関わらず、国内の移動の自粛要請(不要不急以外)が出ているのに県外に家族旅行に出かける奴もいる。

 このような情勢なのだから、外出を必要最小限に留めるとか、感染しても軽微だったら自宅でジッとしていれば良いのに「自分は別だ」と思うんだろうナァ先述したようなことを平気でやってしまう。
 こんなことでは国が要請と言う緩やかな指示では、残念ながら効果はないようだネェ・・・
 
 イタリアでは死者が中国を抜いてダントツのトップになり、米国も当初、トランプ大統領の甘い対応策で後手を踏んで、アッというまに感染者数が1万人を超えてしまい死者数も大幅増だ。

 こんなことでは、残念ながら日本国内でもイタリアのように爆発的な発生が予想されると思いますナァ・・・

 で、中国のことだが、中国政府は武漢市での感染者数は「ゼロ」だと発表した。これに、米国トランプ大統領が信用できないと呟いた。
 これに中国が反発するという変な方向にも向かいつつあるから困ったものだ。

 でもネェ、中国政府発表は大嘘だと思うヨ。
 だって、中国・北京大学姚洋国家発展研究院院長が、中国政府の圧力で地方の当局者が発生があっても「無い」と報告していると暴露してしまったからだ。
 おそらくこの院長、こっそりと闇に葬らけるのでは・・・と思ってしまう。最初新型コロナウイルスではと提議した若き医師のように・・・

北京大院長、「感染ゼロ」圧力を批判 異例の論文発表
2020.3.20 19:06・産経ニュース

 北京大の姚洋国家発展研究院院長は20日までに、中国で新型コロナウイルス感染症への対応に関し、中央集権の強権統治の下、圧力を感じた地方の当局者が「新規感染を1例も出してはならない」と萎縮していると批判する論文を発表した。同研究院は権威あるシンクタンクで、体制内の専門家からこうした指摘が出るのは異例。
 姚氏は経済の専門家で、公表は15日付。感染が最初に拡大した湖北省では18~19日に新たな感染者が確認されず、他の地域では最近、渡航者以外の感染が1例もない日も多い。政府系メディアが「ゼロ」を宣伝する中、会員制交流サイト(SNS)では地方政府が感染発生を隠すのではないかとの懸念も出ている。
 習近平指導部は企業活動の正常化を急ぐよう要求。だが姚氏は「ミスを許容しない」中央の姿勢を受け、新規感染が出た際の処罰や失職を恐れて、地方当局者が経済復興に取り組めないと指摘。地方行政に自主性と実権を与えるよう訴えた。(共同)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

シゲル
2020年03月21日 07:59
この院長は重病で死ぬんだろうな・・
独裁国家はいつも何かにおびえている。
国民がつまらんからかも・・