「緊急事態宣言」政府は躊躇することなく発動をせよ!

 昨日も東京で40人を超す「コロナ」感染者が出た。これで2日続けて40人を超え、全国でも感染者数は増加してきており爆発的感染を予想させる事態となっている。
 
 政府は「新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・安倍晋三総理)を設置したのだが、非協力的な野党は私権制限が可能な「緊急事態宣言」を警戒するコメントが続々出ている。

 野党は一応、やるべきだとは言っているが、これは口先だけで内心では反対していると見た。
 立憲の安住安住淳国対委員長は「外出規制を含めて厳しい強制的な措置をとる段階ではないような気がする」と抜かす。
 これ反対しているということだろう!

 共産党の志位和夫委員長は「一番の問題は私権制限に対する補償や救済策がないからだ」と問題にしている。
 つまり反対なのだ。

 各国(共産圏は除く)はトップの判断で外出規制や催し物などの中止を命じ、反する者には罰金まで課して取り締まるなど厳しい対応をしている。
 しかし、日本は未だに「要請」だ。国民に決断を委ねているだけだ。あまりにも遅すぎるし手ぬるいわナァ・・・

 与党の中にも、野党の批判は無視しても早期に宣言すべきとの声が多く上がっているが、そうあるべきだと思う、
 今度後手を踏んだらそれこそ取返しのつかないことになるだろうナァ・・・

 佐藤正久参院議員の「早急に緊急事態宣言を出すべきだ。法的権限のない自粛要請では後手後手に回る可能性がある。危機管理で『空振り(三振)」は許せるが『見逃し(三振)』は許されない」と述べているがその通りだと思う。

 野党のように格好ばかりつけて正義面している輩の批判は無視して早急に宣言をしてもらいたい。

 補償・救済については、宣言した後「これに絡む補償・救済は国が責任をもって早急に対応するから国民の皆さんはそれまで我慢して耐えてください」と伝えれば良いと思いますがネェ・・・
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント