クルーズ船の対応の拙さ 政府の責任と批判する医療チーム

 「新型コロナウイルス」がクルーズ船内で集団感染した件。
 この対応に当たった医療メンバーが会見を開いて「専門家が船内ルールを構築すべきだったと、政府の対応を批判した」その考えは多分にあると思うヨ。
 決して政府の対応が万全だとは言わない。
 しかし、これは冷静に考える必要があると思う。

 単に、政府の対応だけが悪かったわけではないということだ。
 まず、このクルーズ船、船籍は英国、ツァーの主は米国、船長はイタリア出身の英国人であること。
 次に、香港で下船した客が体調が悪く下船後コロナ感染と判明)している。でもこの時点では、クルーズ船の船長以下乗組員は全く知らなかった。
 この下船した客は、横浜港から乗船したのだが既に体調が悪かったにも関わらず船内での催し物や食堂での食事を楽しんでいる。
 だから感染した状態で船内を歩き回っていたことになる。
 そして下船までの間、幾多の乗客と濃密接触をしており、他客に感染させたであろうことは容易に推測できるし、その時点で感染は拡大していったことも推測できる。

 さらに、この客が香港で下船した後も、クルーズ船内では通常通り催し物や食事をしており、さらに感染者から他人にうつしていったことも推測できる。
 だから、日本が英国籍のクルーズ船を横浜港に着岸したときは相当数の患者がいたことも想像できると思いますが・・・
 
 後に判明することだが日本は米英と協議し、船内に隔離する方策をとった。この方策が拡大をさらに増長させたと非難されているわけだ。
 それではクルーズ船の船長以下客も含めて3700人を下船させるとしよう。
 この3700人もの人間を個別に収容できる施設が日本にありますか?  
 あの千葉県勝浦市のホテル「三日月荘」でも「相部屋だケシカラン。感染する恐れがある」と大騒ぎしていたのだから、個別の部屋を準備しなければいけないのだが・・・そんな施設日本にありますか?
 そのような施設もないのに下船させればどうなるか?と想像しましたか?

 非難する側は責任がないから好き放題言いますが国はそんな無責任なことはできないと思いますヨ、それでも国(政府)を非難している。
 
 医療チームの言っていることは正論だとは思うが、英国籍の船内で日本が船内ルールを勝手に作るわけにはいかないから船長と協議することになる。否、米英との協議だろうネェ・・・
 と言うことは、即ルール設定というわけにはいかないだろうネェ・・・

 クルーズ船乗組員は船内を熟知している筈だ。その乗組員は必死になって客をもてなしている。それも献身的と言っていいほどだ。
 その乗組員に代わって、配膳や接待するチームを日本側が送り込んだとしても、すぐ対応できるものでもないだろう。
 となると不手際も出てくる。するとどうなる? 客の中や外野席の連中が「あーでもない、こーでもない」と騒ぐことは目に見えている。
 するとまた日本国を叩くだろうナァ・・・

 そんなこと医療チームや批判する者は考えないだろうネェ・・・

「船員が感染広げた」=クルーズ乗船のDPAT—新型肺炎

3月4日(水)18時48分 時事通信
 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、乗客らの心のケアに当たった災害派遣精神医療チーム(DPAT)の活動について、日本精神科病院協会は4日、記者会見した。同協会の山崎学会長は「乗員が通常通り業務に当たったことで感染が拡大した」と指摘し、政府の対応を疑問視した。
 同協会によると、DPATは2月7日から活動を始め、防護服やマスクを着用して乗客らの診療に当たった。日本環境感染学会が船内を危険と判断したため、19日以降は船外からの電話相談に切り替えたという。
 山崎氏は乗客らの自室待機後の船内状況を、「乗員が配膳などの業務に当たったことで感染が広がり、安全なグリーンゾーンが危険なレッドゾーンに変わっていった」と分析。感染対策の統一的なマニュアルなどはなく、専門家が船内ルールを構築すべきだったとして、政府の対応を批判した。 

[時事通信社]

トイレットペーパー品薄のデマ 生協の職員だって

 バカな日本人が「トイレットペーパー品薄」のデマに踊らされて購入に奔り、一時店頭からトイレットペーパーが消える現象が起き現在もそれが続いている。

 そのデマを飛ばしたのが「米子医療生活協同組合」の職員だというから・・・「そうか!なるほど・・・」と思ってしまった。
 なぜッて、それは昔からこの生協は共産党員が多いと聞いているからだ。
 「ヒョッとすると・・・」と、つい思ってしまう(笑)

 この職員、なにか思惑があってデマを流したのでは?・・・とも勘ぐってしまうネェ。

職員の不祥事のご報告とお詫び
2020年 3月 3日(火曜日)
関係各位
職員の不祥事のご報告とお詫び
平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、「新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました。
当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします。
今後は全職員が社会人としての行動規範を自覚するとともに信頼回復に向けて全力で取り組んで参りますので、引き続きご指導・ご鞭撻の程賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
2020年3月3日
米子医療生活協同組合
理 事 長  梶 野 大