韓国での慰安婦問題 日本は金蔓だもの 手放すものか(笑) 文在寅は大義は守るってサ

 韓国で「正義連」という元慰安婦と言う売春婦を利用して、日本を悪者にして金を集め、懐に貯め込んでいたことがバレバレになって大騒ぎになっている韓国。
 青瓦台もここのまま沈黙するわけにはいかないということで文在寅が言葉を発した。

 口にした内容は「慰安婦運動の大義は固く守られなければならない。運動自体を否定して、運動の大義を損なおうとするのは正しくない」という訳だ。
 つまり日本に対する金蔓の基である慰安婦問題をゼロにするわけにはいかないので運動は継続すると言ったわけだ。

 これでこの問題の結果は見えたも同然だよナァ・・・
 元代表だった尹美香・前理事長を無罪になる確率が高くなったナァ・・・マァ韓国民に常識があれば尹美香国会議員を辞めさせるよう騒げは可能性はあるのだろうが・・・

 司法は青瓦台が握っているからナァ(笑)・・・どうなることか。

 小生の予想だが、8月には元徴用工絡みの賠償訴訟、日本製鉄の差押え資産現金化が決定するだろうから、文在寅は国民の関心をそちらの方にもっていって有耶無耶にするだろうヨ(笑)

 韓国は今、経済崩壊の危機に直面している。中国を含めて何処の国も助けてはくれない。最後の砦は日本だけなのだが、最近の日本は過去と違って一筋縄ではいかない。
 如何に乞食根性をそうでないように装うか・・・なのだ。

 文在寅は、日本の寄生虫となって血(金)を吸い取る方向にもっていかざるを得ないのだから・・・
 だから、日本へイヤガラセをやることによって日本側の関心を向けさせ、片方では手を結ぼうとしている。
 日本は大事な大事な金蔓だもの・・・そう簡単に放してはカネが入らないことをよく知っている乞食国家だもの。
 

 慰安婦運動の意義強調 韓国大統領が初言及
6/8(月) 17:27配信・共同通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は8日、大統領府で開かれた首席補佐官会議で、寄付金の不正疑惑で揺れる元慰安婦支援団体の騒動に言及し、「慰安婦運動の大義は固く守られなければならない。運動自体を否定して、運動の大義を損なおうとするのは正しくない」と強調した。

 一方で市民団体への寄付金の透明性を高める考えを示した。

 元慰安婦の告発をきっかけに支援団体をめぐる一連の疑惑が浮上して以降、文氏が問題に言及するのは初めて。運動の意義を主張する一方、疑惑の中心人物である支援団体の尹美香・前理事長への捜査などには直接的な言及を控えた。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

シゲル
2020年06月10日 08:58
大儀ですか。
知らん顔の日本は極悪非道な国家。
いっそ国交断絶と宣言したら、文さんどうでしょうか。
応援するよ(笑)