何故日本のメディアは尖閣諸島の海域を侵犯する中国公船を報じないのだ!

 中国は現在のコロナ騒動の最中、魚釣島を含む尖閣諸島を「我が中国の領土だ」と言って中国公船数隻が日本接続海域内を航行し、また日本領海内を侵犯するという行為を繰り返している。

 昨日も2隻の中国公船が接続水域内を航行しているのを沖縄海保の巡視船が確認している。これで50日間連続である。

 この中国公船は最大級で5000トンといわれ、2隻から4隻で航行する。色は違えど駆逐艦に匹敵する装備を備えているようなのだ。
 日本側も3000トン級の巡視艇で対抗しているものの中国側は我が物顔で航行するという。

 先般、沖縄県の漁民が小さな漁船で漁をしていたところ中国公船に追尾され恐怖を感じて漁場から離脱したという。
 漁場は勿論日本の領海内だ。

 今、はっきり云えば日本の安全が脅かされているということだ! 大変な危険状況にあるのだが、それに対して産経新聞以外この事実を報道するメディアはいない。
 つまり中国批判はしないのだ。

 このような危険な状況であるにも関わらず「憲法改正反対」を叫び、「戦争をする国にするのか!」と叫んでいる。

 もう少し実態を見るべきではないのかナァ・・・

 各TV局は尖閣諸島の問題を取り上げることはまずやらない。辺野古の埋め立て問題は報じるが中国公船の領海侵犯について報じることは一切しない。

 政府のミスや不祥事?は取り上げて針小棒大に報じるが、国の安全については一切やらないのだら国民が知るわけはないわナァ・・・
 何人の国民が尖閣諸島が中国公船に領海侵犯され、漁民が危険に晒されていることを知っているのだろうか?
 おそらく大部分の国民は辺野古問題は知っていても、尖閣諸島周辺の海域が中国公船に脅かされていることは知らないだろうナァ・・・

 南シナ海の岩礁地帯を埋め立て軍事基地を作った中国なのだヨ、次は東シナ海、つまり尖閣諸島に上陸して埋め立てて軍港を創ったりヘリポート、否、埋め立てて飛行場も作るだろうし、益々日本に対して強圧的に出てくることだろうヨ・・・

 でも日本は「憲法改正反対」と叫んで見て見ぬふりをするのだろうナァ(笑)・・・日本は平和ですナァ。
 そして次は沖縄、奄美ですかナ(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント