トランプ大統領は文大統領とアホ国民を嫌っている(大笑)

 米国メリーランド州ラリー・ボーガン氏の寄稿文の「一人で戦うこと」の中で、トランプ大統領が「文在寅大統領の相手をするのは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々だ」と話していたという内容だ。

 余程嫌っていたんだろうネェ・・・・
 マァ、誰が話してもそう思うだろうネェ(大笑)

韓国の婿ホーガン暴露「トランプ、文嫌い韓国人ひどい」(カイカイ)反応通信から

「文在寅大統領の相手をするのは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々だ」

 米国のドナルド・トランプ大統領が今年2月にこのような話をしたという主張が出てきた。
 「韓国の婿」というニックネームを持つ米国メリーランド州知事のラリー・ホーガン氏がワシントン・ポスト(WP)に16日(現地時間)に寄稿した文章「一人で戦うこと(fighting alone)」で明かされた内容だ。
 この中には、トランプ氏の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)への対応失敗、新型コロナ診断キットを韓国から空輸した過程などの内容も含まれている。

 トランプ氏の韓国非難発言が登場したのは2月7日。共和党州知事協会がワシントンDCで主催したトランプ大統領との夕食会でのことだ。
 トランプ大統領は「文在寅大統領の相手(dealing with)をすることは本当に好きじゃない。
 韓国人はひどい人々(terrible people)だ」とし、「なぜ米国がこれまで彼ら(韓国)を保護してきたのか分からない。
 彼らは我々に金を出そうとしない」と不平をこぼしたとホーガン知事は伝えた。
 当時は、韓米防衛費分担金協定締結の日程がずれ込み、米国が在韓米軍韓国人勤労者の無給休職カードを持ち出して韓国を圧迫していた状況だ。

 夕食会にはホーガン知事の韓国人妻であるユミ・ホーガン氏も同席した。
 ホーガン知事は「トランプ大統領が母国(韓国)のことを侮辱する間、妻はそこに座っていた。
 私は妻が傷つき、とても気を悪くしていたことを察知した」とし、「妻はその場を離れたいと思っていたことを私は知っている。
 だが、妻は礼儀正しく静かに座っていた」とした。

 トランプ大統領はこの夕食会の席で韓国を非難したのとは対照的に、習近平中国国家主席をどれほど好きか、安倍晋三首相とゴルフをすることがどれくらい良いか、金正恩北韓国務委員長とどれほど関係が良いかなどについて話をしたという。

 一方、ホーガン知事は当初11月の米大統領選挙を控えて共和党予備選挙に参加することが有力視されていたが、昨年6月、WPとのインタビューで不出馬を宣言した。
soy2[ q@es4l)4f

梅雨季における中国・日本の豪雨災害を「天罰」だと喜ぶ韓国人の一部 低級レベル民の哀れさ

 この度の豪雨災害、日本だけでなく中華人民共和国にも多大な被害を及ばせた。
 これを知った韓国民の一部から「中国も日本も悪いことをしているから天罰が下った」と大喜びしていると韓国紙が伝えたのだ。

 あまり拘りたくはないと思いながらつい批判したくなったのだが・・・
 マァ詳細は以下の通りですが、読まれた皆さんはどう思いますかネェ? (カイカイ反応通信から)
 

 
韓国「日本で樹齢1200年の神木が倒壊!中国では洪水被害!日中は天罰を受けている!」の声
2020/7/15 韓国反応

韓国より梅雨前線が先に来た中国と日本で洪水被害が続いています。中国では4000万人近い被災者が発生し、日本では樹齢1200年の天然記念物の木が根こそぎ倒れました。

北京のパク・ソンフン特派員です。

[記者]

中国江西省ハ陽県一帯が黄色の泥水の中、完全にロックされています。

住宅は全浸水し、屋根だけが水の上に見えるだけです。

中部地域に一ヶ月以上豪雨が続き、長江は1961年以降、最高水位を記録しました。

イェ・ジェンチュン中国修理部副部長「6月以降、433の川の下流で警告レベルを超え、このうち33箇所では記録を開始して以来、最も高い水位を記録しました。」

川が通る江西省、安徽省、湖北省、湖南省一帯の3800万人を超える被災者が浸水被害を受けました。

直接の経済損失だけで14兆ウォンに達します。

豪雨で豚が水に流され、アフリカ豚熱が再び広がる懸念も大きくなっています。

日本の被害も深刻になっています。

一晩の大雨で1200年を超える木が根こそぎ倒れ、民家に直撃しました。

日本の岐阜県の神社前で神木と呼ばれていた、この杉は高さ40メートル、外周11メートルにもなる天然記念物です。

停滞した雨は今夜再び激しくなり、明日まで20mm以上、降り注ぐ見込みです。

今回の豪雨で死亡若しくは行方不明者は、中国で141人、日本で83人と集計された。

引用元:https://bit.ly/32tRUYz

このニュースに韓国人から関心の声が寄せられているのだが、他国の中国、日本の自然被害を天罰、ざまーみろと喜ぶ韓国人って、どうしてこうもレベルが低いんだろうか(蔑笑)

以下、韓国人の反応をです。(※印部分は小生のコメントです)

〇 久しぶりに温かい記事だね!
 ※ 他国の不幸をこのようにして喜んでいる。

〇 洪水後は疫病が蔓延し始める。
 ※ 疫病発生は当たっているが、その裏には喜ぶ姿が浮かぶ。 

〇 韓国にあんな災害がなくてよかった・・・
  このコロナの時期にあんな災害まであれば、国民の生活が大変だっただろう・・・
 ※ これは、実感なんだろうネェ・・・

〇 中国、日本は滅ぶ必要がある。
 ※ 完全にちゅごく日本を憎んでおり、腹では喜ぶ姿が垣間見える。

〇 安倍の没落の兆候だ。
 ※ なんでここに安倍総理が出てくるのかネェ・・・
   この投稿者、中国より日本が憎いと見た。

〇 やはり悪いことをすると罪を受けるのだ・・・
 ※ 日本が何の悪いことをした? 日本のやることを全て「悪」だと
  思っていれば分からぬでもない。

〇 中国、日本は悪事を働いているから天罰を受けるのだ。
 ※ 何か自分たちは聖人君子だと思っているんだ(笑)
   性犯罪が世界NO.1なのにネェ(笑)

〇 樹齢1200年の天然記念物の木が倒れるなんて、日本が2流、3流国家に
 落ちる将来の姿を見せているようだ。
 ※ 古木だから寿命が切れたということ。それを結びつけるところが低級民族の性。


「GO TOトラベル」 橋下徹氏が「日本の仕組みはグチャグチャ」発言 全て賛同する!

 元大阪府知事・橋下徹氏が16日のツイッターで、赤羽一嘉国交相の「『Go To キャンペーン』の対象地域から東京都を除外することを明らかにしたうえで「現下の状況を鑑みて東京の発着、東京都を目的とする旅行、東京都に居住する方の旅行を対象から外した」と説明したことにクレームをつけた。

 橋下徹氏は「日本の国の仕組みがもうグチャグチャだ。休業要請の権限と責任は知事にあるのだから知事の声を無視してGoToキャンペーンはできないはず。GoToキャンペーンで感染者が増えたら誰の責任なのか」とバッサリと切り捨てたのだ。
 
 これについては小生全面的にそうだと思うヨ・・・

 現在の状況で旅行を自由にしてくださいとはとても言えないと思うが国はGOサインを出したわけだ。
 アホがそろっていると思ってはいたがここまでとはネェ(蔑笑)

 都道府県によって事情が異なるのだから「地域限定」でも構わないと思いますがネェ・・・各都道府県知事の話を聞いたうえで実施した方が良いと思いますが・・・それではダメなんですナァ。

橋下徹氏が〝GoTo〟斬り!「日本の国の仕組みがもうグチャグチャだ」

2020年7月16日 20時42分 東スポWeb

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が16日、ツイッターを更新。今月の22日から実施する政府の観光支援事業策「Go To キャンペーン」に対して疑問を呈した。

 同日、赤羽一嘉国土交通大臣(62)は「Go To キャンペーン」の対象地域から東京都を除外することを明らかにしたうえで「現下の状況を鑑みて東京の発着、東京都を目的とする旅行、東京都に居住する方の旅行を対象から外した」と説明した。

 これに橋本氏は「日本の国の仕組みがもうグチャグチャだ。休業要請の権限と責任は知事にあるのだから知事の声を無視してGoToキャンペーンはできないはず。GoToキャンペーンで感染者が増えたら誰の責任なのか」とバッサリ。

 続けて「知事は自分たちの責任ではないと言うだろう。補償もないのに休業要請はしないだろう」と推察。「西村大臣は休業要請を知事に求めるというが補償もないのに知事が従うはずもない。誰が責任者で権限者なのか!」と声を大にした。

東スポWeb

韓国・仁川市の水道水から幼虫がウジァウジャ出て来た(驚愕) 皆さんならどうします?

 韓国の仁川市の水道水からカゲロウの幼虫がウジャウジャと這い出して来たという。
 使用していた市民は腰を抜かしただろうナァ・・・否、こんなこと慣れているからそんなことはないか(笑)

 だって、1年前には同じく仁川市の水道水が突然赤く染まったことがあったようだが、これがまだ解決されていないというから・・・いつまた類似の事案が起きるかも?と予想はしていただろうからネェ(笑)

 それにしても1年前には水道水が赤く染まった事案を、まだ原因の一端もつかんでいないというからお粗末だわナァ(蔑笑)
 これが韓国民が自慢する先進国韓国だからナァ(大笑)
 おそらく仁川市は民間業者に依頼発注したんだろうし、その業者の担当者は「クゥエンチャナョ~(何とかなるさ)」でのんびりとやってんだろうヨ。

 先進国と自慢しているが、何処の国と比較しての「先進国」なのかネェ(大笑}


 
妊娠した妻が飲んだ」仁川の幼虫水道水に怒りの国民請願
2020.07.16|6:15
 
 赤い水道水事態が起きてから1年ぶりに再び仁川市西区一帯と富平区などから「水道水幼虫」が発見され、責任者の懲戒を要求する青瓦台国民請願が提起された。

 青瓦台国民請願掲示板には15日、「仁川市の幼虫水道水問題の解決および関連担当者懲戒要請」というタイトルの書き込みが掲載された。16日午前5時30分基準で7071人が該当請願に同意した。

 請願人は、「2019年5月、仁川の赤い水道水事件がまだ解決されておらず、1年余りが過ぎた」とし、「その事件が起きた時ほどではないが、依然としてシャワー機のフィルターは1~2週間ほどですぐに赤く変わる」と話した。

 続いて、「高いお金を出して購入したシャワーフィルターにはすでに死んだ幼虫があちこちにいた」とし、「先日妊娠した妻とお腹の赤ちゃんが、これまでこんな汚い水を飲んで生活してきたかと思うと血が逆流する気持ちだ」と怒りをあらわにした。

 請願人はまた、「大統領、何が入っているか分からない赤く染まった水、目に見えない虫が這う水を飲んだことがありますか?家族に飲ませられますか?」と聞き返した。

 続いて、「人の生命、安全に関する業務を担当する人々が安易に接しているのが目に見える」とし、「前回の仁川の赤い水道水、そして今回の幼虫水道水、これらは自然災害ではない。言い換えれば人による災い、つまり人災である」と指摘した。

 請願人は「仁川市上水道事業所関連担当者の業務怠慢と管理不十分から始まった問題を有耶無耶にしてはいけない」とし、「部署長ではなく、関連する実務者と管理者の責任なので、必ず事実を明らかにして処罰してほしい」と要請した。

 それと共に、「大統領様、私は子供たちに虫がいる水道水を飲ませる彼らを許すことができません。お願いします」と訴えた。

 一方、仁川市はこの日、公村浄水場とつながった配水池8ヶ所を監視した結果、配水池2ヶ所から幼虫が発見されたと述べた。また、仁川市はこの日の午後1時基準、101件の水道水幼虫関連苦情を受けたと発表した。前日午後12時の23件と比較すると5倍程度に増えた。

 仁川市は、安全のために3万6000世帯に水道水を直接飲まないよう要請した。また、周辺地域保育園・幼稚園・学校給食でも安全性が確認されるまで、ボトル入りの水を使用して給食を提供する予定だ。(カイカイ反応通信から)