石破茂がまた安倍総理の背後から「石破砲」発射!

 なんですナァ・・・戦国時代、味方だと思って背後の備えを負かせていた者の中から砲弾を撃ちかけられたら防ぎようがありませんわナァ(笑)

 その現代版が自民党・元幹事長の石破茂だ。
 上層部に云う時は正面から堂々と意見具申はしない。
 何か一言言いたいときは、必ずといっていいほど背後から仕掛けて上層部の様子を見定めようとしている。
 人間としては一番の屑と言っていい!
 
 世論調査では、次期総裁候補(=総理大臣)の一番手に必ず名前を出しているのがこの背信行為をしている石破茂なのだ。
 国民の約25%・1/4はこんな石破茂なのだからビックリする。
 自分が総理・総裁になって今石破茂がやっているように背後に居る味方陣から砲撃されたらどう思うのだろうかネェ(大笑)
 マァ、石破茂は人間ができているからこんな人物を重宝してやるんだろうネェ(笑) 見ものだネ・・・

 今度は、秋解散のうわさが飛び交っていることにケチをつけ、「(コロナウイルスで)国民に負荷がかかっている。何のための解散なのかと思う人が過半数だ。国民の気持ちから外れれば厳しい批判を浴びる」と批判したのだ。
 そう思うなら官邸に赴いて意見具申すれば良いと思うが、先述したように遠いいところから記者に聞かれたから応えただけだというポーズをとる(笑)

 面相も悪いが腹も黒いわナァ(笑)・・・・

 石破氏また後ろから安倍首相に鉄砲!? 「秋解散なら国民から厳しい批判」
ある?ない?秋の“解散”

2020.7.21・夕刊フジzakzak

 自民党の石破茂元幹事長は20日、永田町で浮上する「今秋の衆院解散論」に否定的な見方を重ねて表明した。福岡市で記者団の取材に答え、新型コロナウイルスの影響によって「国民に負荷がかかっている。何のための解散なのかと思う人が過半数だ。国民の気持ちから外れれば厳しい批判を浴びる」と述べた。

自民党
 報道各社の世論調査で、来年10月の任期満了に近い衆院選を望む人が多いのを踏まえた。

 「解散は首相の専権事項」である。無責任野党の批判ならまだしも、与党の幹事長経験者が縛りをかけるような発言をするのは、いかがなものか。また、後ろから鉄砲を撃ち始めたのか?!

 石破氏は同市での講演で、「ポスト安倍」を尋ねる世論調査で上位に挙がることについては、「実績値ではないので、舞い上がらないよう自重自戒している」と語った。