文在寅は精神異常者! こんな奴が国のトップなのだから・・・

 精神異常者の集まりの大韓民国の大統領文在寅が、ソウルで開かれた日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説した。
 その文在寅は、元徴用工問題をめぐり「いつでも日本政府と向き合う準備ができている」と述べ、日本との協議を通じて問題解決を図る考えを改めて強調したというのだが・・・

 1965年に日韓請求権協定が結ばれ全て解決しているのを一方的に破棄しておきながら「話し合いの準備ができている」というこの発想。
 国家間の約束事より韓国国内の法律が優先するというこの考え、国のトップとしては可笑しいと思わないところが精神異常者だよナァ・・・
 
 つまり国家間の約束事を調印しても後から「あれは可笑しいから無かったことにします」といって破棄したのでは国家間の約束なんぞできはしないわナァ・・・
 それをさも正論だとして堂々とやるところが精神異常者の集合国家たる所以だよナァ(蔑笑)


日本と「向き合う準備ある」=徴用工問題で協議呼び掛け—韓国大統領

8月15日(土)10時59分 時事通信
PUSH通知

写真を拡大 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は15日、ソウルで開かれた日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説した。文氏は元徴用工問題をめぐり「いつでも日本政府と向き合う準備ができている」と述べ、日本との協議を通じて問題解決を図る考えを改めて強調した。ただ、具体的な解決策には触れておらず、協議が進展するかは不透明だ。
 新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐっては、日本製鉄が7日、韓国内資産差し押さえ命令に対し、即時抗告した。日韓関係に「深刻な状態を招く」とされる「現金化」は年末以降になる見通しだが、資産売却手続きは着実に進みつつある。
 文氏はこの日の演説で、最高裁判決は「韓国の領土内で最高の法的権威と執行力を有する」と指摘。「政府は司法の判決を尊重し、日本政府と協議してきた。今も協議の扉を開いている」と強調し、従来表明してきた司法手続きに介入しない立場を繰り返した。 【時事通信社】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヤスダ
2020年08月16日 06:19
中韓ともに決まった言葉を吐く。
相手をぶん殴ったあと、劣勢と見るや必ずこう言う。
「対話する準備はいつもできている」
中学生かっ・・