元徴用工の賠償は韓国政府が担うべきもので、日本に誠意を見せろというのは筋違い

韓国外交部は元徴用工問題解決について、「日本政府も積極的かつ誠意ある態度を示すべきだ」と促したという。
 
 このバカ共は何を云っているのかといいたいネ・・・
 1965年に国家間で合意した「日韓請求権協定」で既に解決済だろうが!
 それを韓国内の大審院で個人の賠償請求権は有効だと屁理屈をつけて新日鉄などの財産を差し押さえてしまった。
 それを盾にとって日本側に誠意を見せろという論法がおかしいとは思わない頭脳。完全に狂ってるとしか思えない(蔑笑)
 それは韓国という国が元徴用工に見せる誠意だろうが・・・そこのところも理解しようとしないのだから。

 マァ、日本政府がはっきり言うべきものだよ・・・強く言わないからこうなる。

韓国外交部「日本、元徴用工問題解決に誠意ある態度を示すべき」
8/20(木) 16:41配信

WoW!Korea
韓国外交部「日本、元徴用工問題解決に誠意ある態度を示すべき」(提供:news1)

韓国政府が元徴用工問題解決のため「日本政府も積極的かつ誠意ある態度を示すべきだ」と促した。

 外交部(外務省に相当)のイ・ジェウン副報道官は20日、定例会見で「元徴用工問題と関連し、韓国は今のように外交チャンネルを通じた問題解決の努力を続けていく」と述べた。

 また、イ副報道官は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)延長期限満了を控え、政府側の対応があるのかという質問に対し、「韓国政府はいつでもGSOMIAを終了する権利を持っている」と強調した。

 続けて「日本側が輸出規制事由として提示した条件を、韓国側がすべて満たしたにもかかわらず、韓国に対する輸出規制措置を維持しながら、非協力的な態度を固守している」とし、「輸出規制問題が解決されていないのは事実上、日本政府が輸出規制と強制徴用問題を結び付けているためだが、別途に扱われるべきだ」と指摘した。

 イ副報道官は「韓国政府は輸出当局者間の協議再開を通じて、日本側が1日も早く輸出規制措置を原状復帰させることを引き続き促し、GSOMIA終了通報の効力停止状態を忍耐を持ち維持している」と付け加えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント