安倍総理の体調に関する流言飛語 激しすぎでしょうが・・・

 安倍総理が今月中旬以降2回にに亘って慶応大学病院で日帰り検診を行った。これに共にって政界や巷間では総理の健康不安説が盛んに流布されている。
 国のトップの健康のことだから注目されるのは当然だとは思うがいきすぎだと思うナァ・・・
 それも野党だけでなく与党までもだから始末に負えない。

 「総理が吐血した」「難病のガンだ」「電撃辞任する」「これで内閣改造は出来ない」等々無責任極まりない状況だ。
 それも与党の総理の取り巻き連中、マスコミの総理と親しい者から無責任な流言飛語が発信されているから始末に負えない。

 そして、TVのワイドショウ「ひるおび!」では安倍総理が第一次政権の時の平成19年9月、持病の潰瘍性大腸炎の悪化で辞任した際の映像を繰り返し流し微に入り細に渡り報じ「安倍総理が今にも倒れる」が如く報じているのだ。さらに総理は「復帰して頑張ってやる」と言っているのにコメンテーター達は臨時代理がどうの総裁選がどうのとやっている。
 何か、見ていると安倍総理が倒れて別内閣誕生を喜んでいるようでもある。

 しかしネェ、これって、何か喜ぶように総理の体調不安を報じているけれどど、もしホントだとしたら、周りの国々に「今、日本国は攻め時だよ」と教えているようなものだと思いますがネェ・・・・

 中国が、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に設定していた禁漁期間が前日16日に終わり、中国漁船団が大量に押し寄せてくるのではないかと危惧されているのにネェ・・・

 28日安倍総理が会見を開いて説明すると言っているのだからその日を待ちましょうではありませんかネ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント