長く喋っても仕方のない相手・文在寅~政府高官・産経新聞から

 菅義偉内閣発足後、初の日韓首脳による電話会談について、同席した岡田直樹官房副長官は「淡々とした雰囲気の中で行われた」と述べた。首脳会談の雰囲気を問われれば「和気藹々とした」「打ち解けた雰囲気で…」などとアピールするのが通例であることを考えれば、岡田氏の発言は異例といえる。
 この言葉から日韓関係が想像できる。やはり菅総理も安倍政権の踏襲をしているんだろうナァ・・・(笑)良いことだと思う。

 だって、話し合って合意してもすぐ反故にされるんだもの・・・意味がないわナァ(笑)

 日韓首脳の初会談、関係悪化の影「あの人と長く話しても…」
2020.9.24 18:31・産経ニュース・政治政策

 菅義偉内閣発足後、初の日韓首脳による電話会談について、同席した岡田直樹官房副長官は「淡々とした雰囲気の中で行われた」と述べた。首脳会談の雰囲気を問われれば「和気藹々とした」「打ち解けた雰囲気で…」などとアピールするのが通例であることを考えれば、岡田氏の発言は異例といえる。

 背景にあるのは、安倍晋三内閣から続く日韓関係の悪化だ。

 その原因となった韓国最高裁のいわゆる徴用工判決をめぐり、日本政府は昭和40年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的」な解決を確認しているため、被告となっている日本製鉄(旧新日鉄住金)の韓国国内の資産が売却されれば報復措置に出る構えだ。政府高官は「向こう(韓国)が電話会談をやるっていうのなら応じるけど、ボールはあちらにある」と話す。

 菅首相自身も官房長官時代は韓国政府に対して強い姿勢を示してきた。今年7月に韓国国内で慰安婦像にひざまずき謝罪する安倍前首相を模した像が設置された際は「日韓関係に決定的な影響を与える」と批判した。

 ただ、首相は24日の会談で、韓国について「極めて重要な隣国」と表現した。安倍内閣では今年5月、外交青書で「重要な隣国」との表現が3年ぶりに復活したが、首相はこれに「極めて」と付け加えることで一定の配慮を見せた。

 北朝鮮問題で韓国と連携する必要があるほか、首相が重視するインバウンド(訪日外国人)を今後回復させるためには日韓関係をある程度安定させなければならない。外務省幹部は「極めて重要な隣国」との表現について「首相の気持ちじゃないですかね…」と語った。

 ただ、徴用工問題で日本側に譲歩の余地はない。自民党総裁選でも日韓関係の改善はほとんどテーマにならず、韓国に厳しい姿勢で臨む安倍政権の方針の維持は自民党内でもコンセンサスとなっている。

 「あの人(文氏)と長くしゃべっても仕方ない」

 政府高官は24日、文政権をこう突き放した。(児玉佳子、原川貴郎)

菅内閣支持率74% 読売新聞世論調査 何時まで続くか

 読売新聞社が菅(すが)内閣の発足を受けて19〜20日に実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は74%だった。
 大体がご祝儀相場で高い支持率が多いのだが是非このまま維持してもらいたいものだ。
 そのためにも現在推進しているデジタル化などについては迅速に推し進めてもらいたいと思うナァ・・・
 変わりに途中ポシャゲタ兆候が見えると一気に下降線を描くだろうナァ・・・
 国民の期待が高いだけに失望も多いのだから・・・正念場が早やってきた感じだ!

 
菅内閣支持74%、発足時歴代3位…読売世論調査

9月20日(日)22時2分 読売新聞

 読売新聞社が菅内閣の発足を受けて19〜20日に実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は74%だった。内閣発足直後の調査(1978年発足の大平内閣以降)としては、小泉内閣(87%)、鳩山内閣(75%)に次いで歴代3位の高さとなった。不支持率は14%。安倍前首相が進めてきた政策や路線を引き継ぐ菅首相の方針は「評価する」が63%に上った。

 政党支持率は、自民党が47%(前回9月4〜6日調査41%)に上昇。立憲民主党は4%で、合流新党結成前の旧立憲民主党の前回値と変わらなかった。無党派層は37%(同40%)。

中韓首脳と電話会談せず=安倍首相、辞任票路以後

 安倍首相が中韓首脳と電話会談せず官邸を去る公算が強いという。
 中国は兎も角韓国文在寅との電話会談が無いということは日韓の関係を如実にしめすものだ。
 個人的には賛成だし、今さら電話会談でもやろうものならあの韓国のことだ、好き放題を言うはずだ・・・それも自分たちの都合の良いようにネ(笑)
 官邸を出た後にはやるかもしれないがネ・・・マァ、どっちでもいいか。
 その程度の関係だったということだよネ(笑)


中韓首脳と電話会談せず=安倍首相、辞任表明後
2020/09/15 17:25・産経ニュース

 16日に退陣する安倍晋三首相は、中韓両国の首脳と別れのあいさつを交わさないまま、首相官邸を離れる見通しだ。先月28日の辞任表明後、首相は各国首脳と相次ぎ電話会談しており、最近の日中・日韓関係を象徴する政権の幕引きとなる。

 首相は先月31日のトランプ米大統領を手始めに、ロシア、カナダ、英国、フィリピンなど10カ国超の首脳と電話会談。任期途中で辞任することを伝え、各首脳から「最も親しい友人の辞任を寂しく思う」(トランプ氏)などとねぎらわれた。

 電話会談は、基本的に「相手国の申し出」(外務省幹部)によるもの。ただ、中韓とは行われておらず、政府高官は15日、「もうないだろう」と語った。

 日中関係は改善基調が続いてきたが、中国による香港への統制強化などが影響し、習近平国家主席の国賓訪日はめどが立たない。一方、戦後最悪とされる日韓関係を背景に、文在寅大統領とは没交渉のままだ。中韓との関係立て直しは、新首相に就任する菅義偉官房長官に委ねられる。
 

菅新総裁誕生に伴う中韓の反応 テレ朝ニュースから

 自民党の総裁選が行われ、菅義偉官房長官(71)が新総裁に選ばれた。海外ではどのような反応なのか?
 中国は、菅新総裁が正式に決まった後の中国メディアの論調なのだが、菅新総裁が農家の出であるということを好意的に捉える見方が多いようだという。
 「庶民に近い」「身分の壁を突破した」という記事も見られるという。ただ、外交についても基本的に日米同盟を重視すると見ている。
 安倍総理大臣が進めていた日中関係の改善路線は引き続き続くという分析ではあるものの、一方で中国はいかにこれから日米の間にくさびを打ち込むかが大きな課題なので、ここについては難しいかもしれないという見方も広がっているそうだ。


 次に、韓国の反応なのだが、優勢だった菅氏が安倍政権の政策継承を表明すると、諦めムードとともに「菅は安倍の分身だ」というような報道も出ているらしい。
 今後の日韓関係の試金石として日中韓サミットが年内にソウルで開かれるかが注目されるという声もあるそうだが、元徴用工問題を巡る現金化リスクがあるなかで総理の訪韓は現実的ではなく、改善の兆しは見えていないということだ。

 マァ、安倍&菅との見方が強い韓国では「あきらめムード」が高いようだが、小生にとっては「ニコニコ」といったところだ(笑)

 「菅新総裁誕生」報道 中国と韓国で大きな温度差が

2020年9月14日 17時55分 テレ朝news
「菅新総裁誕生」報道 中国と韓国で大きな温度差が

 自民党の総裁選が行われ、菅義偉官房長官(71)が新総裁に選ばれました。海外ではどのような反応なのでしょうか。まずは中国・北京から報告です。

 (千々岩森生記者報告)

 今回の総裁選は中国の複数のメディアが2時間にわたってネットで中継をしていました。非常に関心が高く、異例のことだと思います。そして、中国政府は14日午後に外務省の会見で、新総裁について「新たな総裁をお祝いしたい」「新型コロナウイルスと経済の面で協力を進め、日中関係を引き続き改善させていきたい」とコメントしています。そして、菅新総裁が正式に決まった後の中国メディアの論調ですが、菅新総裁が農家の出であるということを好意的に捉える見方が多いようです。「庶民に近い」「身分の壁を突破した」という記事も見られます。ただ、外交についても基本的に日米同盟を重視すると見ています。安倍総理大臣が進めていた日中関係の改善路線は引き続き続くという分析ではあるものの、一方で中国はいかにこれから日米の間にくさびを打ち込むかが大きな課題なので、ここについては難しいかもしれないという見方も広がっています。

 続いてはソウルから報告です。韓国はどのように受け止めているのでしょうか。

 (政治部・井上敦記者報告)

 直後に速報こそ流れたものの、あらかじめ見えていた結果なだけに扱いは非常に小さいです。振り返れば、盛り上がっていたのは安倍総理の健康不安説報道から辞意表明まででした。総理の辞意を受け、青瓦台は「新たな総理と友好に向け協力していく」と早々に次の総理に言及していました。これを一部メディアは「誰であれ安倍よりは良いという文(ムン)政権の期待の表れ」だと分析しています。一方、当初から自民党なら誰でも同じだという見方もあります。どの候補者も韓国への厳しい姿勢が同じだと分かると、わずかに残っていた期待感や興味も縮んでいきました。その後、優勢だった菅氏が安倍政権の政策継承を表明すると、諦めムードとともに「菅は安倍の分身だ」というような報道も出ています。今後の日韓関係の試金石として日中韓サミットが年内にソウルで開かれるかが注目されるという声もありますが、元徴用工問題を巡る現金化リスクがあるなかで総理の訪韓は現実的ではなく、改善の兆しは見えていません。

山下元法相「前原議員の勇気ある発言を多としたい」~尖閣沖中国人漁船船長釈放

 自民党の山下貴司元法相は、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で海上保安庁巡視船に中国漁船が故意に衝突した事件に関し、中国人船長の処分保留による釈放が当時の菅直人首相の指示だったとした前原誠司元外相の証言について、自身のフェイスブックに「前原議員の勇気ある発言を多としたい」と投稿した。

 菅直人元首相は否定しているが、指示したことはまず間違いないことだろうナァ・・・
 しかし、なんですナァ、この大嘘を10年間もの間、国民を騙し続けていたことになりますナァ・・・
 それなのに安倍政権は嘘つき政権だとよくも言い続けてきた来ましたナァ・・・当時の生き残り政党立憲民主党は・・・

山下元法相「前原議員の勇気ある発言を多としたい」 尖閣事件時に法務官僚
2020.9.13 16:00・産経ニュース・政治政局
尖閣衝突事件10年

 自民党の山下貴司元法相は、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で海上保安庁巡視船に中国漁船が故意に衝突した事件に関し、中国人船長の処分保留による釈放が当時の菅直人首相の指示だったとした前原誠司元外相の証言について、自身のフェイスブックに「前原議員の勇気ある発言を多としたい」と投稿した。

 当時、法務省国際刑事企画官をしていたという山下氏は、前原氏の証言について「僕の認識していたところとだいたい一致してます」と指摘。「こんな官邸主導の釈放事件があったので、僕は検事を辞めた」とし、衝突事件が退職のきっかけだったと記した。山下氏は24年12月の衆院選で初当選した。

 山下氏は「まともな政治がなければまともな法治国家にもならない。当時は、『国の出先機関は与党の地方組織であるべき』と主張する民主党議員もいて、『それじゃ地方検察庁も民主党の地方組織になるのか!』という危機感もありました」と投稿。「このことで日本政府が失ったものはあまりにも大きかった」とも訴えた。

 また、事件発生時に外相だった岡田克也元副総理がブログで、船長の釈放について「これ以外に方法はなかった」との見解を表明したことについては「当時の事情を知る者として、さすがに『ふざけるな!』と言いたい」とした。

 衝突事件をめぐっては、那覇地検が中国人船長を処分保留で釈放し、当時の菅政権は「検察独自の判断」と強調。「政治介入」を否定してきたが、前原氏が今月の産経新聞の取材に、船長釈放は「菅首相の指示」だったと証言した。

三者討論では石破茂に違和感を覚えた

 昨12日の自民党総裁選公開討論会(日本記者クラブ主催)では、石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長の3候補の政治姿勢や信条、考え方の違いが改めて明らかになった。
 その中で、石破茂の主張には強い違和感を覚えたのだ。
 彼が言うのは理想論で会って現実味に乏しいことだ。彼が言っているのは基本中の基本を云うものだから聞いていたら「なるほど」と思いはするがジャア現実にやろうとするとできないのだ(笑)

 典型的なのは憲法改正だ。9章2項を削除しろと言うが現状でできるかと言えばできはしない。
 だから安倍首相が言うように段階的に「自衛隊の身分を明確しよう」と言うとこれにくいつくわけだ。  

 その点を産経新聞の阿比留瑠比氏が述べた居るのでどうぞ・・・



 開討論会 違和感覚えた石破氏の主張 阿比留瑠比の「観戦記」
2020.9.12

 12日の自民党総裁選公開討論会(日本記者クラブ主催)では、石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長の3候補の政治姿勢や信条、考え方の違いが改めて明らかになった。その中で、石破氏の主張には強い違和感を覚えた。

 3候補は目指す国家観について、それぞれ次のように訴えた。

 「一人一人に『居場所』があり、一人一人が幸せを実感できる国を作らなければならない」(石破氏)

 「まず自分でやってみる。そして地域や家族が互いに助け合う。その上で政府がセーフティーネットワークで守る」(菅氏)

 「優しい、公益にも資する持続可能な資本主義を考えていかなければならない」(岸田氏)

 菅氏からの言葉からは「天は自ら助くる者を助く」とのことわざが思い浮かび、岸田氏の指摘もうなずける。ただ、石破氏の居場所論は民主党政権時に輿石東元参院副議長が唱えていたこんなセリフを連想させる。「全ての人が『出番』と『居場所』のある社会」また、石破氏「一人一人の幸せを強調していたが、政治が個人の内面に立ち入るようなことは約束していいのか、作家の坂口安吾はこう書いている。
 「政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である」(『隋落論』)「政治は、人間に、また、人性にふれることは不可能なのだ」(『続隋落論』) 
 拉致問題に関する石破氏の主張も首肯できない。かつて拉致議連会長を務めたにもかかわらず、ブルーリボンバッヂをつけようとしないこともそうだが、この提案はどうか。
 「東京と(北朝鮮の)平壌に連絡事務所を置き、(水面下だけでなく)表舞台できちんと論じることが大事だ」
 連絡事務所に金正恩朝鮮労働党委員長が出てくるならともかく、下っ端といくら議論しても解決に結びつくとは思えない。そもそも設置案に関しては、これまで拉致被害者家族会や救う会が反対を表明してきた経緯もある。拉致被害者、増元るみ子さんの弟である照明さんは11日にもフェイスブックに記している。
 「平壌に連絡事務所を作り調査したところで、人員的な問題で北の調査結果を聞かされるだけで検証など出来る訳がない。つまり、連絡事務所は、北の主張を受け入れる為の方便であり、被害者救出にはつながらない。
 外交をめぐって、石破氏は「(対立を深める)米中が協力する世の中を作っていくのが日本の役割だ」と述べたことに対しても、理想論的でで浮世離れしているとの感想を持った。
 菅氏は、安倍晋三首相の外交の成果を高く評価して自身が首相についても「当然、御相談はさせていただく」と述べ、安倍内閣で4年以上も外相も務めた岸田氏も安定感を見せた。
 「今日までの発言立場にとらわれ過ぎてきた」
 こう語った岸田氏はこれまで発信力が弱いといわれてきたが、この日は身振り手振りが3候補の中で一番大きく、素直なもの言いもどこか吹っ切れたとの印象を受けた。 (阿比留瑠比)

戦国時代の武将に例えると 3氏(石破・岸田・菅)は?~産経新聞【産経抄】

 自民党の総裁選も佳境に入ったようで、TVのワイドショーでは石破茂・岸田文雄・菅義偉3氏を戦国武将に例えての話題を提供している。
 この三人、戦国武将に例えると・・・と聞かれて岸田氏も菅氏もはっきりと言わなかったが、石破茂は自ら明智光秀に例えて 信長を討った明智光秀を「歴史を変える役割を果たす人」「地元では大変に慕われている」と評価したのだ。自ら天下を取れないと思っているらしい。
 
 そりあたりを産経新聞の【産経抄】で述べている。

9月12日付産経新聞・「産経抄」で述べているので・・・

 
「永田町にヤクザの世界が戻ってきた」。ある自民党議員は、総裁選における義理と人情、カネとポストが複雑に絡み合う各派閥の勢力争いをこう表現した。天下取りという権力闘争の中で展開される人間ドラマは、確かに面白い。そういえば、安倍晋三首相も任侠(にんきょう)映画に詳しい。

 ▼総裁選は、戦国時代にも擬される。9日の総裁選公開討論会では、歴史上の人物の誰に似ているかとの質問が出た。「答えるのは難しい」といなした菅義偉(すが・よしひで)官房長官に対しては、主(あるじ)の織田信長が倒れると、あれよあれよという間に天下人となった豊臣秀吉だとの見方もある。

 ▼岸田文雄政調会長が自らが率いる宏池会の設立者、池田勇人元首相の名前を挙げたのは順当だろう。不意を突いたのが、石破茂元幹事長が主、信長を討った明智光秀を引き「歴史を変える役割を果たす人」「地元では大変に慕われている」と評価したことである。後ろから矢を放つとの自身の悪評を、逆手に取っている。

 ▼ただ、光秀は本能寺の変で一度は天下を取ったものの、わずか13日後には秀吉に敗れて「三日天下」と呼ばれた。短期政権では大きな仕事はできず、国際的影響力も持てない。次の総裁には、長期安定政権を築き存分に働いてもらいたい。

 ▼「なった瞬間から批判される」。安倍首相は以前、後継首相の宿命をこう語っていた。かつては、新政権発足から100日間はマスコミも野党も性急な批判を避ける「ハネムーン期間」があったが、今はそれも期待できまい。

 ▼朝日新聞の2、3日実施の世論調査では、71%もの人が安倍政権の実績を評価していた。あの激しい安倍たたきは何だったのか。光秀の襲撃を受けた際の信長のように、「是非に及ばず」というしかないのか。

10年前の尖閣沖 中国人船長釈放の嘘と詭弁~産経新聞・阿比留瑠比氏の極言御免

 中国人船長の釈放を発表したときのことである。「地検独自の判断だ。それを了とする」
 当時の菅(かん)直人内閣の仙谷由人官房長官は、すぐに記者会見でこう追認し、柳田稔法相は記者団に、問わず語りで「指揮権を行使した事実はない」と強調した。と言うのが表面上の発表。

 実際は真っ赤な嘘だったことが明らかになったのだ。
 それが10年後に明らかになったのだから胸のつかえが一気に吹き飛んだ形であり「そうだろうナァ」と言う納得きもちもある。

 そこのところを産経新聞・阿比留瑠比氏が極言御免で述べているのでどうぞ・・・ 
 
【阿比留瑠比の極言御免】
中国人船長釈放の嘘と詭弁
2020.9.10・産経新聞

 あのときの目がくらむような怒りと失望は、今もはっきりと覚えている。平成22年9月24日、那覇地検が緊急記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で、海上保安庁の巡視船に体当たりを繰り返した中国人船長の釈放を発表したときのことである。

 「地検独自の判断だ。それを了とする」

 当時の菅(かん)直人内閣の仙谷由人官房長官は、すぐに記者会見でこう追認し、柳田稔法相は記者団に、問わず語りで「指揮権を行使した事実はない」と強調した。
 折しもこの日、菅直人首相は米ニューヨークでの国連総会出席のため外遊中だった。当時、検察は大阪地検特捜部の押収資料改竄事件で追い詰められていた。そんなタイミングでの不自然極まる発表だった。

真っ赤な嘘裏付け

 米誌ニューヨーク・タイムズ紙は漁船衝突事件についてこんな予測を示した。
 「日本と中国の外交対決は、屈辱的退却に見える日本の譲歩で終わった。中国がアジアでの領土紛争で、大胆さを増す危険を引き起こした。
 東シナ海や南シナ海の現状をみれば、残念ながらその通りとなっている。
 そして10年後、前原誠司元外相が産経新聞の取材にようやく重い口を開き、菅(かん)首相が中国人船長の釈放を求めたと明らかにした。釈放が菅首相の意向だったこと自体は、これまでも複数の証言がある。ただ、実際に菅首相が「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」場面に外相として立ち会った前原氏の証言は重い。
 菅首相は「検察当局が粛々と判断した結果だ」と記者会見や国会で述べてきたが、真っ赤な嘘であることが改めて裏付けされた。
 現在は立憲民主党最高顧問を務める菅氏は早速、8日の自身のツイッターにこんな反論とも弁明ともつかぬことを記した。
 我が国法令にに基づき、厳正かつ粛々と対応したものである。指揮権を行使しておらず、私が釈放を指示したという指摘はあたらない」
 また、菅内閣の官房副長官だった立憲民主党の福山哲郎幹事長も、示し合わせたとみられるそっくりな文面をツイッターに書いた。
 「我が国の法令に基づき対応したものである。指揮権を発動しておらず菅総理が釈放を指示したという指摘は当たらない」
 何を云っているのだろうか。国家公務員法に基づく正式な手続きによる指揮権の発動でなければ指示ではないないという詭弁が、どこの世界で通用しよう。国のトップたる首相が配下に「釈放しろ」と言えば、それは指示であり命令である。
 立憲民主党は、安倍晋三首相が指示も命令もしていないことについて「首相の意向で行政がゆがめられた」だの「官僚の忖度を生んだからけしからん」だのと非難し続けてきた。菅氏や福山氏の理屈でいえば、これらは全部、えん罪であり言いがかりとなる。

小泉首相との違い

 福山氏は平成16年に、小泉純一郎内閣が尖閣諸島に不正上陸した中国人活動家を強制送還したことも強調する。だが、船長釈放とは根本的に違う点がある。小泉首相は政治の責任と指示から逃げず、こう堂々と述べている。
 日中関係に悪影響を与えないよう大局的に判断しなければならない。そういう基本方針に沿って、関係当局に指示した。
 菅内閣は、閣僚が国会で虚偽答弁した際の道義的・政治的責任について「答弁の内容いかんによる」とする答弁書も閣議決定した。閣僚が嘘をついてもいいという内閣の意思を表明した政権なのだから、何とかいわんや。(論説委員兼政治部編集委員) 

推薦人から見える陣営の狙い、人間模様~産経ニュース 

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長は8日、届け出に必要な20人の推薦人名簿を提出した。3氏の推薦人名簿を見ると、各陣営の狙いや人間模様が見えてくるというのだ。産経新聞

 前回と違った候補者が名前があったりすると勘繰られるのは間違いないよナァ・・・
 名前がなくとも小泉進次郎氏のように前回は石破茂氏だったのが今回は菅義偉氏を支持する者のあるのだから・・・
 それは世の中変わっているのだからやむを得ないと思いますがネェ・・・

【総裁選ドキュメント】推薦人からみえる陣営の狙い、人間模様
2020.9.8 21:04政治政局・産経ニュース
自民党総裁選

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長、菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長は8日、届け出に必要な20人の推薦人名簿を提出した。3氏の推薦人名簿を見ると、各陣営の狙いや人間模様が見えてくる。

 「えげつないな」。総裁選を優位に進める菅氏の推薦人代表に浜田靖一元防衛相の名前があるのを見た自民党関係者はこうつぶやいた。浜田氏は、平成24年の総裁選では石破氏を支持。菅氏の陣営では当時、浜田氏と行動をともにしていた小此木八郎元国家公安委員長も選挙対策本部長に就いている。

 名簿には、派閥色を薄め、菅氏のこだわる「無派閥」を前面に出す意向がにじむ。派閥別でみると、細田派(清和政策研究会)が最多の5人で無派閥は竹下派(平成研究会)と並んで2番目に多い4人。麻生派(志公会)と二階派(志帥会)が3人で石原派(近未来政治研究会)1人。二階派の平沢勝栄広報本部長、石原派の坂本哲志元総務副大臣ら各派が初入閣を希望する議員の名前も並んだ。

 衆参の内訳は、衆院が14人で参院は6人。当選回数は衆院が2~9回、参院は2~4回と若手からベテランまでそろえてバランスにも配慮した。女性は3割に当たる6人で、安倍晋三政権が掲げた「女性活躍推進」を継承する姿勢を示した。

 石破氏の推薦人は15人が石破派、5人が竹下派や無派閥、谷垣禎一前幹事長が特別顧問を務める谷垣グループ(有隣会)のメンバーだ。石破派以外では前回に続き中谷元(げん)元防衛相や村上誠一郎元行政改革担当相らが名を連ねるが、前回は推薦人となった竹下派参院議員の名前はない。女性議員がいないのも特徴的だ。

菅(かん)直人元首相 尖閣中国漁船船長釈放否認すると思っていた(笑)

 中国漁船が日本の沖縄海上保安庁巡視艇に衝突してきた事件。中国漁船船長を逮捕したもののすぐ釈放してしまったのだが、当時の政権だった民主党菅(かん)直人首相が釈放を指示したという発言を元前原氏がした。

 菅(かん)直人はこれをツイート上で否定したのだ。
 大体予想していた通りの展開になったようだネ・・何らかの形でそれを否定すると思っていたので「あゝそうか」と受け止めたに過ぎない。
 こんな重大事件簡単に認めるとは思っていなかったからネェ・・・・

 でもネェ・・・当時の外務大臣だった前川誠司氏が全くの嘘をついたとは思えないよナァ・・・
 発言の時同席していたんだものネェ・・・

 マァ、小生から言わせれば菅(かん)直人が嘘をついていると見た。

 
菅元首相「私が釈放を指示したという指摘はあたらない」 尖閣衝突事件でツイッター投稿
2020/09/08 21:11・産経新聞

 菅元首相「私が釈放を指示したという指摘はあたらない」 尖閣衝突事件でツイッター投稿© 産経新聞社 菅元首相「私が釈放を指示したという指摘はあたらない」 尖閣衝突事件でツイッター投稿
 菅(かん)直人元首相は8日、自身のツイッターに「尖閣諸島は我が国固有の領土であり、尖閣諸島をめぐり、解決すべき領有権の問題は存在していない。尖閣中国漁船衝突事案は、中国漁船による公務執行妨害事件として、我が国法令に基づき、厳正かつ粛々と対応したものである。指揮権を行使しておらず、私が釈放を指示したという指摘はあたらない」と投稿した。

 平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、逮捕された中国人船長が処分保留で釈放されたことに関し、当時外相だった前原誠司衆院議員が「菅首相が『釈放しろ』と指示した」と証言した産経新聞の記事が念頭にあるとみられる。

中国漁船船長釈放 民主党菅(かん)首相の強い指示があった 前原氏発言

 平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにしたという。
 旧民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、菅(かん)首相の強い意向が釈放に反映されたことが明らかとなった。

 あれだけ世間を騒がせた中国漁船衝突事故、当初から官邸指示が取りざたされていたがその都度否定していた当時の菅(かん)直人・仙谷由人の二人。
 動画放映問題で一色保安官の首まで及んだのは何だったのだろうか?
 
 到底許されるものではあるまい。

 その後下野し立憲民主党と名乗った生き残り連中は安倍政権を嘘つき呼ばわりしていたが何のことは無い、自分たちが率先垂範して嘘を言っていたわけだ(蔑笑) 

「菅(かん)元首相が船長釈放指示」
 尖閣 中国船衝突10年 前原氏証言 胡錦涛来日控え
 船長釈放「菅(かん)首相が指示」 前原元外相が証言 尖閣中国船衝突事件10年 主席来日中止を危惧

2020.9.8 06:00政治政策・産経新聞

 前原誠司元外相が産経新聞の取材に対し、10年前の平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにした。旧民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、菅氏の強い意向が釈放に反映されたとみられる。

 前原氏によると、国連総会に出席するための22年9月21日の訪米出発直前、首相公邸に佐々江賢一郎外務事務次官ら外務省幹部とともに勉強会に参加。その場で菅氏が公務執行妨害容疑で勾留中の船長について「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」という。

 前原氏が理由を聞くと、菅氏は同年11月に横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議があるとして「(当時の中国国家主席の)胡錦濤(こ・きんとう)が来なくなる」と主張。中国側は船長の釈放を要求し、政府間協議や人的交流の中止などさまざまな報復措置をとっていた。釈放しない場合、胡氏が来日しなくなることを懸念したとみられる。

 前原氏は「来なくてもいいではないか。中国が国益を損なうだけだ」と異を唱えたが、菅氏は「オレがAPECの議長だ。言う通りにしろ」と述べた。前原氏はその後、当時の仙谷由人官房長官に「首相の指示は釈放だ」と報告した。

 当時の外務省幹部も「菅首相の指示」を認めた。菅氏は産経新聞の取材に「記憶にない」と答えた。

 事件は22年9月7日、尖閣諸島沖の日本の領海内で発生。中国漁船が海保の巡視船2隻に相次いでぶつかり、海保は8日未明に船長を逮捕した。その後、中国側はレアアース(希土類)の対日輸出停止や中国内での邦人拘束といった対抗措置をとり、那覇地検は24日、勾留の期限を5日残して船長を処分保留で釈放することを決定。那覇地検は理由として「日中関係を考慮」などと説明した。

石破茂に野党から秋波? でも自民党が衆参過半数をとっていてはネェ・・・

 自民党石破茂に野党が盛んに秋波を送っている。
 早く野党に来てくださいと言っているわけだ(笑)

 と言うのも日頃から安倍政権批判を繰り返していることと、「森友にしても加計にしても桜にしても(政府の説明に)『わかった』という国民は少ない。文書が改竄(かいざん)されたり破棄されたりして、検証もしようがない。もう根本的な問題だと6日のNHK番組で、政府の対応をこう批判したからだ。
 さらに公文書管理の在り方など、信頼を取り戻すための仕組みづくりを進める考えも示したのだ。

 野党は国会で「森友・加計」問題などを執拗(しつよう)に追及したが、致命的なダメージを与えることはできなかった。それだけに、石破茂の姿勢は渡りに船といえるわけだ(笑)

 野党は安倍政権に厳しい姿勢を貫いてきた石破氏との連携を模索してきた。昨年11月には立憲民主党の枝野幸男代表が石破氏と同じBS番組に出演した際、「政策的に一致するなら門戸を閉ざすつもりはない」と語ったこともあるのだ。

 マァ、このように野党(立憲・枝野幸男)が秋波を盛んに送っていずれかの野党に入ってもらいたいわけだ。
 しかし、それはダメでしょうナァ・・・
 だって、過去自民党を離党するとき「政権与党でない党にはいるつもりはありません」と言って自民党をおっ放り出たお方だよ。まだ自民党は参院で過半数(与党の公明を含めて)をしっかり握っているのだから出るつもりはありませんよッ(笑)

 自民党が次期選挙で過半数に落ち込んだら勇んで離党しますから・・・それまで待った方が良いですぞ・・・


「モリ・カケ」批判、石破氏に野党が熱視線…共闘に期待?
2020.9.6 20:34・産経新聞

 野党が自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長に熱い視線を送っている。石破氏が「森友・加計学園」「桜を見る会」の問題を厳しく批判することから、共闘の可能性を見いだしているのだ。ただ、石破氏からみれば、野党の秋波は自民党議員の支持拡大を目指す際に障害となりかねず、関係者は苦悩している。

枝野氏「門戸閉ざすつもりは…」

 「森友にしても加計にしても桜にしても(政府の説明に)『わかった』という国民は少ない。文書が改竄(かいざん)されたり破棄されたりして、検証もしようがない。もう根本的な問題だ」

 石破氏は6日のNHK番組で、政府の対応をこう批判した。公文書管理の在り方など、信頼を取り戻すための仕組みづくりを進める考えも示した。

 野党は国会で「森友・加計」問題などを執拗(しつよう)に追及したが、致命的なダメージを与えることはできなかった。それだけに、石破氏の姿勢は渡りに船といえる。

 野党は安倍政権に厳しい姿勢を貫いてきた石破氏との連携を模索してきた。昨年11月には立憲民主党の枝野幸男代表が石破氏と同じBS番組に出演した際、「政策的に一致するなら門戸を閉ざすつもりはない」と語ったこともある。

側近は「ありがた迷惑だ」

 石破氏と政策が近い野党議員も多い。国民民主党の前原誠司元外相らは安全保障分野の勉強会で石破氏と席を並べる。国民の玉木雄一郎代表や山尾志桜里衆院議員は、憲法改正に向けた姿勢をめぐり、石破氏との親近感を隠さない。一方、身内に厳しい姿勢は自民党内で反発も招いており、今回の総裁選で主要派閥の支持を得られない一因ともなっている。

 野党からは「こちらと一緒になった方が政権奪取の展望が開ける」(国民中堅)との声も聞こえるが、過去の総裁選で党員票の45%を獲得した石破氏は「この支持を裏切るわけにはいかない」との立場だ。石破氏の側近は「ありがた迷惑だ」と苦しい胸の内を語る。
 (奥原慎平)

韓国、台風9号の雨の影響で濁流で崩落した橋 日本では考えられない

 韓国平昌郡、台風9号により増水したオデ川に架かっている橋の中央部分崩落した。

  P1010240.JPG
   PCの画面を撮影したもの
 日本では流木などで崩落することはあっても水の流れだけで崩落することはあまり聞いたことがないし見たこともない。
 でも韓国では起こる。つまり早く言えば「手抜き工事」と言うことだ。
 

安倍政権踏襲の菅総裁? 安倍支持が71%とは・・・これが朝日新聞の報道だからネェ

 現在、自民党総裁選挙真っ只中なのだが、あの左のメディア朝日新聞が世論調査の結果を出した。
 すると、朝日新聞は同じ世論調査で第2次安倍政権の実績評価も尋ねている。安倍政権を「大いに(評価する)」と回答した17%と「ある程度(評価する)」の54%と合わせて71%が評価するという結果を受けて、「安倍政権を『評価する』が71% 朝日新聞世論調査」という見出しの記事を3日22時過ぎに配信した。
 菅官房長官は安倍経験を踏襲すると言っているのだから、安倍政権の政策の国民評価は素晴らしい結果だったことが分かる。

 その政策を踏襲と言うことは我々国民にとっては「良かった」ということになる。

 マァ、この度の総裁選菅官房長官の勝利は間違いないと思うが、正規の総裁選をしなかったのはひょっとすると衆院解散の含みを持たせていたのでは・・・と勘繰りたくなる(笑)・・・否、そうなんだろうナァ(笑)


菅義偉氏の「支持率」、わずか4日で2.66倍に 世論調査で支持「急伸」の背景は

9月4日(金)20時49分 J-CASTニュース

 翌31日以降は自民党細田派や麻生派など有力派閥が雪崩を打つように菅氏支持を表明。過去に石破氏への支持票が多かった地方の党員・党友による投票も「省略」されることが決まり、各新聞社やテレビ局も「菅氏有利」と繰り返し報道。2日17時の菅氏の出馬会見と合わせる形で朝日新聞の調査が始まったため、回答者の多くは「菅氏が有利」というイメージを持ちながら回答した可能性がありそうだ。前田教授がさらに解説する。

「石破さんについてはこの間、自民党内で『嫌われている』『評判が悪い』などとネガティブな報道もそれなりにありました。一方で菅さんについては出馬する事実や形成が優勢であるといった、論評抜きのニュートラル(中立的)な報道の方が多かった印象です。ニュートラルな情報は瞬間的にはポジティブに働く効果があります」

自民党総裁選は国会議員らによる投票であり、今回のような「世論」の急激な変化と、一般の有権者の投票行動には関係ない。ただ、自民党の派閥や議員の多くが「勝ち馬」に乗る形で菅氏への支持に入り、1国の首相が決まりそうな状況はどう見ればいいのか。

「今回、自民党は政策論争をせずに『永田町の論理』で首相を決めようとしていますが、これで長期的に有権者の支持を得られるのか、よく考える必要があると思います。一般の有権者に政策・理念をアピールする機会を大きく縮小したわけですから」(前田教授)

朝日の世論調査、一時トレンド入りも
なお、朝日新聞は同じ世論調査で第2次安倍政権の実績評価も尋ねている。安倍政権を「大いに(評価する)」と回答した17%と「ある程度(評価する)」の54%と合わせて71%が評価するという結果を受けて、「安倍政権を『評価する』が71% 朝日新聞世論調査」という見出しの記事を3日22時過ぎに配信した。

安倍政権に厳しい論調で知られている朝日新聞がこうした見出しの記事を配信したことにツイッターなどSNSでは安倍政権に対するそれぞれのスタンスから、

「朝日新聞の世論調査で高評価が出たことに驚きだが、逆にデータに正直と言えるのかも?」

「面白いねぇ、朝日の世論調査でこれなんだもん笑」

などと、様々な反応が相次ぎ、「次期首相ふさわしいのは『菅氏』最多」の記事と合わせて、一時は「朝日新聞世論調査」がツイッターのトレンドワード入りした。

小沢ツイッター 菅官房長官は「森友・加計・桜・・・」等を闇に葬り去る? お前は強引に習近平を天皇に合わせておいてよく言うわ!

 国民民主党の小沢一郎衆院議員(78)が3日、自身のツイッターを更新。自民党総裁選で最有力となっている菅義偉官房長官(71)を名前こそ出さないものの痛烈批判した。

 この日、「『批判は当たらない』をこれまで何百回も繰り返してきた嘘と言い訳の象徴的人物が自民党総裁の有力候補とのこと。ますますこの国の政治はおかしな方向に向かう」とつづった小沢一郎・・・

 「森友も加計も桜も、いわばこの人物が隠蔽や改ざんの実務的な指揮をとった。次の内閣の最大のミッションは、全てを闇に葬り去ることだろう」と独自の視点から続けていたというのだ。(以上。スポーツ報知から)

 オイオイッよく言うわ・・・
 テメェはなにをしたんだ


2009年12月21日、鳩山民主党政権の幹事長だった小沢一郎は、中国共産党政府の強い要請を受けて、この慣例を 破り、天皇陛下と習近平・中国国家副会見を目論んだ、12月14日 の 記者会見で、「30日ルールって誰が作ったのか」「国事行為は内閣の・・・もの があった》と述べ、《「日中関係は政治的に極めて重要である」として強引に 会見を要求し実現してしたのは何処のどいつだ。

 言っては悪いが須賀官房長官はそこまでやっていない。それも官房長官と言う役職にあってもだ。それが小沢一郎は一介の党の幹事長だったではないか! よく言うわ!と言いたい・・・

松任谷由美に「死ね」と言う白井京都精華大講師を擁護する朝日新聞 産経新聞・阿比留瑠比氏の極言御免

 京都精華大専任講師・白井聡はとてツもないバカだよナァ・・・
 歌手の松任谷由美氏が安倍総理の辞任表明に、【会見(安倍総理辞任表明会見)見て「泣いちゃった。切なくて」】と発言した松任谷由実氏に対し、「早く死んだほうがいい」と発言したのだ。
 これはあくまでも一般国民の思いであり感情なのである。

 白井聡から言わせれば自分の意に反する者は全て「(自分の)敵」なのである。
 つまり白井は安倍支持している約40%の国民を「敵」にしたことになる。

 そこのところを産経新聞の阿比留瑠比氏が9/3付産経新聞「極言御免」で述べている。


朝日の安倍批判は自己紹介 
 朝日新聞では、こんなヘイトまみれの文章を載せることが許されるのか。朝日の言論サイトが8月30日に掲載した白井聡・京都精華大専任講師の論説「安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である」を読んでの感想である。それほど常軌を逸した内容だった。

 白井氏は、辞任を表明した安倍晋三首相の政権が憲政史上最長となったことを「恥辱と悲しみ」と書く。安倍政権を多くの日本人が支持してきたことについて「耐え難い苦痛」と記し、安倍政権の支持者に「嫌悪感」を持つと表明する。

 さらに、隣人たちが安倍政権を支持しているという事実は「己の知性と倫理の基準からして絶対に許容できない」と主張し、その事実に「不快感」を示す。

暴言学者を重用

 安倍政権憎しのあまり、攻撃対象は市井の日本人にまで及んでいる。

 紙面を汚したくないので詳述は避けるが、9月1日に朝日が掲載した論説の続きも合わせ、安倍政権に対する罵倒、呪詛(じゅそ)、偏見の吐露と論証なき決めつけ、陰謀論のオンパレードである。こんなものを、今では誰もそう信じてはいないものの、かつては公器といわれた新聞が掲載していいのか。朝日は、これを世に問うにふさわしい内容だと思っているのだろうか。

 白井氏8月29日には、安倍首相の辞任記者会見を見て切なくなったとニッポン放送のラジオ番組で発言した歌手、松任谷由美氏に対しても暴言を吐いている。白井氏は、自身のフェイスブックで松任谷氏の旧姓を挙げて揶揄した。
 「荒井由美のまま夭折すべきだったね、本当に醜態をさらすより、早く死んだ方が良いと思います」安倍首相に共感を表すことは醜態であり、死に値するというのである。朝日は白井氏がこんな中傷発言をした後も、白井氏の論説を掲載し続けているが、社会に通用する話だろうか。
 社会通念で云えば、日本維新の会前代表で元大阪府知事の橋下徹氏が、9月1日のツイッターで記したこのとおりの記事だろう。
 「こんな発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ」

執拗な攻撃の理由

 安倍政権の通算8年8カ月は、なぜか激高したアンチ安倍派の人たちの悪行雑言を聞かされ続ける日々だった。彼らはどうしてそこまで安倍政権が憎くて仕方がないのかと考え、ある仮設にたどり着いた。
 彼らは自らの内にある醜さ、汚さ、いじましさ、愚かさ、卑劣さ、弱さ、などを勝手に安倍首相に投影し、それに憤っているのだろう。安倍首相という鏡に映る己自信の姿が、ゆるせないのではないか・・・
 そういえば、朝日は安倍首相の辞任表明翌日の8月29日の社説「『安倍政治』の弊害 積算の時」で安倍政権について書いていた。
 「野党やその支持者など、考え方の異なるものを攻撃し、自らに近いものは優遇する『敵』『味方』の分断」

 また、9月1日の社説「安倍政権 首相が自ら招いた頓挫」でも記していた。
 
 「野党や批判勢力に必要以上の敵対姿勢をとる安倍氏の政治スタイル」
 むしろ、考え方の異なる相手を必要以上に攻撃してきたのは朝日自身であり、朝日が重用する白井氏であろう。辞めていく安倍首相をあくまで「敵」と位置づけ、執拗にたたき続ける朝日のスタイルは、朝日が安倍首相の弊害だと批判したやり方そのものである。
 つまるところ、積年にわたる朝日の安倍首相批判はただの自己紹介だった。
 (論説委員兼政治部編集委員)


 

裏切りの歴史を持つ石破茂がなぜ支持されるのだろか? 解せないネェ・・・

 自民党総裁選が喧しい。
 特にTVのバラエティ番組では「石破つぶし」だといって騒ぎ立てているのが現状だ。

 両院議員総会で決めるのは党員の声が反映されないから、石破茂に不利だというのだ。
 小生の考えも正規の手続きでやれば良いと思っている。やったからと言って菅官房長官の優位は変わらないと思うヨ。
 石破茂一人で党員票前票をとるとは思えないからだ。
 たとえそれが60✖40でも菅義偉氏有利に変わりはないからだ。
 なぜやらないか?

 それはこのコロナ禍、政治的空白は極力抑えた方が良いからに他ならない。

 今の石破茂自民党議員として一端のことを言って騒ぎ立てているが一度自民党をおっぽり出たのを忘れたらしい。

 今から27年前の1993年 非自民の細川連立政権が成立したのを覚えているだろうか?
  自民党が野党に転落すると、 立て直しに四苦八苦している当時の森喜朗幹事長に 石破茂は「私はね、政権与党にいたいんです。自民党の歴史的使命は終わった」 と捨て台詞をはき離党届を出して逃げて行ったのを・・・

 1997年3月、自民党に復党するも誰も相手にされなかった石破茂。それを救ったのが伊吹文明氏なのだ。伊吹氏は「石破君は仕事のできる人だから」と情けをかけて伊吹派に入れてあげるも、その後に入閣すると「閣僚が派閥に属するものはいかがなものか、派閥は旧態然としていると思いますよ」の捨て台詞で伊吹派を離脱してしまったのだ。

 そうしていながら水月会なるものを立ち上げて現在19人で石破派を結成している。

 まことに恩を感じず、言っていることとやっていることがこれ程かけ離れた野郎にも呆れる。誠にもって禄でもないクソ野郎だ。

 自民党を出た後も裏切りの世界を泳ぎ回っている。
 自民名等を離党した後、小沢一郎を「真の改革者」と称賛して新進党結成に参加している。が、小沢一郎が党首に選ばれると、自分の考える政党と違うと総選挙前に離党してしまうのだ(笑)

 復党後も言うこととやることが違うことは多数あるがこの度は省略しておく。

 このように口で言うことと行動は伴わないのが石破茂なのだ。それなのに支持があるというのは完全に口先で誤魔化されているということだろうナァ・・・

自民党総裁選に難癖をつけるのは石破だけ

 安倍総理が辞任表明をしてポスト安倍が喧(やかま)しい。
 立候補するのは石破茂、菅義偉、岸田文雄、河野太郎等の名前が出てきている。

 それら立候補者はそれぞれが動いておりコメントを出しているが、その中で意欲を示し決意を述べているのは岸田、河野両氏、菅氏は立候補するのだろうがまだ決意めいたことは言っていない。

 その中で唯一批判めいたことを言っているのが石破茂だ。
 それも総裁選そのものについて難癖をつけているのだ。
 おそらく他の立候補者達は誰一人として総裁選そのものに難癖をつけるものはいないと思うナァ・・・石破を除いてネ
 
 石破を除いた立候補者は、党が決めた方法に粛々と立ち向かうと思うヨ・・・

 間違いなく菅義偉氏岸田文雄氏も河野太郎もそうだと思う。
 
 自民党総裁選のやり方は正規にやるもの、緊急時に行う方法とあるらしいが、今回は二階幹事長は党員を除いた「両院議員総会」でやると言っているから党員は除かれるものとみられる。
 その方法について石破は難癖をつけているわけだ。
 
 石破茂は党員が入っての総裁選はより国民の声を聴くことになると言っているが、どっちの方法だって国民の声を反映したことにはならないだろうと思うヨ。
 だって党員約107万人が投票したって大したことは無い。否、殆ど反映しないと言った方が早いだろう(笑)。
 石破はそれを影響がある気なことを言って自分を正当化して見せようとしているのだ。
 この言葉からすると石破は地方票を固めれば当選できると思っている?とも受け止められる。
 国会議員が法律を創るのであって、地方議員が法律を創るわけではない。ということは国会議員の賛同を得る必要があるのだが、石破は国会議員の協力者も少ないのだ。はっきり云えば嫌われているわけだ。
 推薦人も19人で1名足りない、マァ小泉進次郎の票を見据えているのかもしれないが小泉は河野が出馬すれば河野に投ずると言っている。
 河野が出馬断念ということになるとどうするか?となっても現職の環境大臣だから石破という訳にはいかないだろう、おそらく世話になった菅官房長官だろうナァ・・・
 
 でも国民は石破の言葉に騙されて世論調査では支持しているわけだ。
 表面だけしか見ていないバカな国民はまんまと石破の言葉のマジックに引っかかっている(笑)
 
 石破茂は、国会議員1人1票と47都道府県3票ずつの計535票の両院議員総会で総裁を選ぶ手法について「党員が投票できなくて、それがあるべき選挙か」と批判するのだ。
 自らの立候補について報道陣に問われ「無責任なことはできないということに変わりはない。まずは総裁選のルールをきちんとすべき」とまで話し執行部批判だ(笑)

 これじゃー嫌われるわナァ・・・