テーマ:報道

マスコミは安藤美姫を美化し過ぎ・・子供が心配?

 連日フィギュアスケート選手安藤美姫の「ママでの五輪出場」として大賑わいだ。  特にTVは相当な時間を割いて報道しているのだが、一寸美化し過ぎではないのか?  母としての五輪出場として面白おかしく報道している。  言っては何だが、過去既婚者の母はいるが、未婚の母での五輪出場はあるのだろうか?  安藤選手は、自分の都合で父親の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スカイツリーEVまた停止」の表現は可笑しい!

 東京スカイツリー(東京都墨田区、地上634メートル)を運営する東武タワースカイツリーは28日、強風の影響で地上350メートルの「天望デッキ」と450メートルの「天望回廊」を結ぶエレベーター2基を約40分間にわたり自主的に停止させた。  当時、天望回廊には483人がいたが混乱はなかった。  22日の開業時にもあったので今回が2度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のマスメディアの偏見報道

 昨日報道されたTVのことであるが、前々から感じ腹立たしく思っているのでボヤいてみたい。  少し古い話しになるが、大阪府の橋本知事が、高校無償化問題で朝鮮学校を視察し、掲揚額(金日成・正日)を降ろさないと、支援を打ち切ると発言したことがあった。  これに対して北朝鮮のメディアは橋下知事を名指しで激しく反論したのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県裏金問題、怒りのパフォーマンス

 千葉県の裏金問題、何と30億円も存在したという事である。  これに激怒した森田健作知事、県民に申し訳ないと怒りの形相でまくし立て謝罪した。  この時期に表面に出たということは、それこそ裏があるのでは・・・と思うのだがどうであろうか。  裏金については過去からいろいろ言われ、各県が小出ししながら毎年どこかで裏金報道されている感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バンキシャ!」謝罪放送がなぜ「未明」

 岐阜県庁の裏金問題で裏づけをとらず報道して批判をうけた日本テレビが、24日未明放送の「ダイジェスト版の後半部分で社長以下が謝罪したと報じられた。  (毎日新聞の引用文)  番組内での謝罪は良い。  しかし、テレビ局の姿勢に疑問がある。  放送した時間が未明ということであるが、未明というのは人それぞれ受け止め方があるとは思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相変わらず「酒井法子」報道一辺倒のテレビ局

 昨日も民放テレビを見ていたところ朝から夕方まで、ニュース、報道番組は「酒井法子」の覚せい剤取締り法違反の関係一色である。  中には30分間に渡って、延々同じ内容を繰り返すテレビ局もある。  いい加減にして欲しいと思うのは小生だけであろうか?  視聴者の中には「酒井法子」関係の番組を食い入るように見ているのであろうか?  8…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

酒井法子報道に関する、テレビ局のえげつなさ

 連日「酒井法子」の報道でテレビ各社は大童である。  テレビ局としては視聴率を稼ぐ絶好のニュースであろうし、テレビ局のデスクとしては腹の中では「ほくそ笑んで」いることであろう。  しかし、いつもの事であるが有名人の不祥事となると、その事案のことでなく過去の生い立ち、生活まで穿(ほじく)り返し、報道しなくても良いことまで流してしま…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

可哀想な「酒井法子」~選んだ旦那が悪かったナ

 連日、テレビ各社は、覚せい剤取締り法違反で逮捕された「酒井法子」の話題でもち切りである。  ニュースの基が出来て喜んでいるのは各社のデスクであろう。  それは置いておいて、連日の「酒井法子」関係の報道を見るたびに思うのは、テレビがそれこそ微に入り細に渡り「酒井法子」を丸裸にしつつあることである。  そして事件の概要が除々に分…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

酒井法子「気が動転していた」の大嘘

 覚せい剤取締り法違反で逮捕された俳優の酒井法子、警視庁の取調べで行方をくらました理由で「夫の逮捕で気が動転した」と供述しているが大嘘であろう。  何故なら、気が動転していながら現金を引き出し、下着、化粧水等を購入し、子どもを知人に預ける等冷静に判断していることである。  つまり尿検査で使用の痕跡が残らない期間、逃げようとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりと言うべきか!酒井法子に逮捕状

 連日マスコミは覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状の出た、俳優「酒井法子」(38)の話題で大賑わいである。  特にテレビ局は話題性のあるニュースで心中さぞ喜んでいることだろう!  ということは横に置いて酒井法子のことである。    夫である高相祐一(41)が3日、覚せい剤取締法違反で逮捕された直後、酒井法子は行方知れずとなったもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺新党「みんなの党」前途多難

 渡辺喜美元行革担当相が新党「みんなの党」を立ち上げると報じられた。  元職5人が集まり、「政党」としての承認を得られるとの見通しから新党となったのであろうが、何かを実現させるためには、大きな党に入った方が良いのは分かりきったことであろう。  小党は、現在の小選挙区制度の基では不利であることは万人の思うことである。  小生は渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚せい剤等に手を出す者は馬鹿の何ものでもない

 またまた、またと言っていいぐらい芸能人が逮捕された。  押尾学(31)がMDMAで逮捕され、高相祐一(41)が覚せい剤で逮捕された。  毎度のことであるがそのたびにマスコミが大騒ぎをし、取材現場ては記者、カメラマンの怒声が飛び交う状況である。  手前たち(マスコミ)が静かに取材をすればあんな状況を見ることもないのに、本人達(逮捕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近年の刑事弁護士は可笑しい~福岡3児死亡

 平成18年、飲酒運転でRV車に追突し海に転落させ、幼児3人を死亡させた今林大被告に懲役20年の判決が出た。  一審の福岡地裁の懲役7年6月の判決を破棄したわけだ。  事件の内容については、テレビ新聞等で報道しているので省略するが、弁護士の手法に疑問があり、ひと言述べたいのである。  光市母子殺人事件、今回の事件といい、近年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草彅剛全裸事案でマスコミの異常振りに怒りを覚える

 草彅剛君の話題にはもう触れまいとしたが、マスコミの扱いがあまりにも異常であるため、あえて今回も取り上げることにした。   今日テレビの報道番組を見ていると、各局とも草彅剛君の事案である。  ここまでやるのかと言うぐらい必要に画面に流している。  あの公共放送のNHKまでが民放と一緒にはしゃいでいるようにしか見えないのである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草彅剛公然わいせつで現行犯逮捕されるの報に一言

 昨日からこの事件でマスコミは大騒ぎである。  ニュースができたと喜んでいることであろう。  しかし冷静な判断をし、報道して貰いたいと思うのである。  本当にここまで騒ぐ必要のある事案であろうか?     例え被疑者が有名タレントであるとはいっても過激すぎる扱いなのである。  小生は法律家ではないが、常識的に考えても警察、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民年金保険料の納付率を上げる対策

 厚生労働省が、国民年金保険料納付率を自分達に都合の良い数字を元にはじき出して発表していたことが明らかになった。  厚生労働省は、過去にも都合の悪いことは隠蔽し、発覚すれば渋々認めるということを幾度となくやってきた悪の枢軸である。  小泉、坂口コンビで年金改革を行い「これで100年は安心」と大見得を切って、たった1年で崩壊した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痴漢事件、防衛医大教授無罪は当然

 1、2審で1年10ケ月の実刑を受け最高裁で無罪となった教授、さぞ嬉しかったことであろう。  それから最高裁第三法廷でこの裁判を担当した判事にも「敬意」を表したい。    痴漢行為そのものは卑劣な犯罪行為であることは異論のないところであり、被害に遭った被害者にとって将来にわたって痛ましい記憶として残ることも否めない。  しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暴走族に追突」報道、今後も積極的な追突大賛成!!

 暴走族の28歳運転のオートバイに覆面パトカーが追突、男が軽傷を負ったと報道された。  内容は、次のような事案であるが 蛇行の騒音オートバイ5台、追跡覆面パトが1台に追突 読売新聞(03月21日11時39分)  20日午後10時35分頃、川崎市川崎区浮島町の国道で、神奈川県警第一交通機動隊の男性巡査長(30)の運転する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民新党記者会見一部記者締め出しに思う

 新聞各社は、この件については反省する必要があるのではないのか?  普段の新聞社は真実をありのままに報道するのが自分達の義務であると言っているが、国民に広く知らせるのも新聞社の義務ではないのか?  政党が公式の記者会見を開いて党の方針等を発表しているにも係わらず、それを一行も掲載しないのは、新聞社で世論を操作していると批判されても仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨場警察官良くやった「イノシシ射殺」

   男性にかみつく・体当たり…大暴れイノシシを警官が射殺 読売新聞(02月09日12時57分)  射殺されたイノシシを調べるさぬき署員(9日午前、香川県さぬき市津田町鶴羽)  9日午前8時55分頃、香川県さぬき市津田町鶴羽の田んぼで、近くの女性から「イノシシが人を襲っている」と110番があった。  さぬき署員2人が駆け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの報道に疑問符

警官発砲、中2を威嚇 職務質問で暴行受け 愛知・豊橋 産経新聞(02月02日16時21分)  2日午前2時半ごろ、愛知県豊橋市中岩田の河川の岸辺で、パトロール中の豊橋署地域課の男性巡査長(26)が、同市立中学2年の男子生徒(14)に職務質問した際、暴行を受けてもみ合いになり、拳銃を奪われそうになったため、川の水面に向けて拳銃2発を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八戸市美人市議告発の後援会長

 美人すぎる八戸市議として、全国区になった藤川優里(28)嬢。  昨年11月ごろ、八戸市を観光PRするということで、DVDを発売した。  その時問題となったのが、海水浴場の遊泳禁止場所での撮影(水着姿)で、当時マスコミがこれを盛んに取り上げて報道し、その場所で撮影したのが「許せない」論調であった。  しかし、私は別に泳いでもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ司会者、解説者は何とかならないか?

 司会者(キャスターというのかな)小倉智昭が、朝青龍の話題で「星が買えれば良いのにね」と口を滑らしたばかりに、日本相撲協会から不謹慎として厳重抗議を受けたことが報道された。  これに対し小倉智昭は、過去十年もスポーツ擁護の姿勢で来たが、それが否定された。と反論し、それがいけないのであれば、いつでもこの番組を降板するとまで言い切ったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はどんな年になるのか?

 皆さん、あけましておめでとうございます。  平成20年は、波乱万丈の1年ではありましたが、今年は景気回復・年金問題・後期高齢者問題・医療問題等々をすべて良き方向に導いていただけるよう国会議員、官僚、大企業経営者の皆様方にお願いしたいと思います。  今年も「唯我独尊」であらゆる疑問を投げかけていきたいと考えています。  よろしくお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「田母神論文」批判のNHKに一言

 若干遅くなったきらいがあるが、NHKの放送態度に一言いたいのである。  12月9日に「クローズアップ現代」で「空幕僚長論文はこうして発表された」であるが疑問に思うところがあるので述べたい。    番組の中で、五百旗頭(いおきべ)防衛大学校長とタイの士官学校に留学していた経験のある防衛大学生と対話している場面があった。  その防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東金市の女児遺棄事件

 千葉県東金市の保育園児(5歳)が遺体で見つかった事件で、東金署が現場近くに住む無職勝木諒容疑者(21)を死体遺棄容疑で逮捕した。  勝木容疑者は平成17年、主に知的傷害のある生徒を受け入れる県立養護学校の高等部を卒業しており、事件直前まで布団製造会社に勤めていた。  警察は通常の社会生活を送っていたことから、刑事責任はあると見て実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不人気の大相撲

 新理事長になって期待していたが、九州場所の観客の入りが極端に落ち込んでおり、不人気であることが実感させられる。  原因は、悪役の朝青龍が休場したことも一因かもしれないが、ほかにもあるのではないかと推測する。  武蔵川理事長が内容の充実と謳って、立会いの改善で「手を着いて」立つことを強く指導したことである。  確かに両力士が両手を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「針小棒大のテレビ報道」について

「針小棒大のテレビ報道」について  2.26事件を例に出したのは、偉そうに司会をしている「みのもんた」なんですよ。  彼はすべての事柄を、さも知っているが如く装って、公共の電波をもって国民を扇動しているといわれても可笑しくない発言をしているのです。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

針小棒大のテレビ報道

 初めに、全て大げさに報道しているとは言わないが、事を大きく取り上げて視聴者の関心を得ようとしているのがテレビ報道であろう。  田母神前自衛隊航空幕僚長の懸賞論文問題では、大げさ報道し侵略国家日本を全面に出しての報道である。  「侵略国家日本」を否定した田母神氏をつるし上げたのである。  幕僚長としての立場から考えれば確かに田母神…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横綱朝青龍を即刻解雇させよ!

 横綱朝青龍が再々々の来日延長を申請し、結局協会も認めたのである。  当初、10月20日を27日に、さらに30日・31日に、それを11月5日に延長したのである。  理由は肘の故障を治すということであるが、低脳親方(元大関朝潮の高砂)はモンゴルで、真実、朝青龍が治療をしていると思っているのだろうか?小生の推測は、おそらくこの世界的不況…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more